移行後にクラウドでユーザーの利用を開始する


どんな移行においても、歓迎の気持ちを示し、ユーザーがクラウドを上手く利用できるようにすることが重要です。

ユーザーは生産性をより素早く向上し、移行の判断は適切なものだったと考えるでしょう。

ユーザーの準備をサポートするため、ユーザーを引き付けるための主な変更の一部を紹介するクイック ガイドを用意しました。ぜひ、関連性の高い項目をコピー アンド ペーストしたり、ページ全体を共有したりしてください。

Confluence と Jira の主な変更

変更 1: 新しい URL を通したサイトへのアクセス

移行後、ユーザーは、以下のような形式の新しい URL を通してサイトにアクセスします。

tip/resting Created with Sketch プロのヒント 1: Jira または Confluence でサイト全体のバナーを適用して、ユーザーを新しい URL にリダイレクトできます
tip/resting Created with Sketch.

ヒント 2: 管理者は、"サイトのホーム" (ユーザーが yourcloudsite.atlassian.net に移動したときに表示される製品) を設定できます。

たとえば、hello.atlassian.net は Confluence にリンクされていますが、デフォルトでは Jira にリンクされていました。

tip/resting Created with Sketch. ヒント 3: ユーザーに URL ブックマークの更新を依頼しましょう

変更 2: メール アドレスでのログイン

エンドユーザーにとってのログイン時の主な違いの 1 つが、サーバー製品とは異なり、ユーザー名ではなくメール アドレスでログインする点です。

  • クラウドで SSO を使用している場合、ユーザーは SSO を通してログインし、同じパスワードを使用します

  • SSO がない場合、「パスワードを忘れた場合」を選択し、新しいパスワードを入力する必要があります

  • メール アドレスは必須で、クラウド内で一意である必要があります。

  • 新しいアバターを追加する必要があります

クラウドとサーバーにおけるユーザー管理の違いの詳細

変更 3: 出先でアクセスするためのモバイル クラウド アプリのダウンロード

モバイル端末からのリアルタイムでの計画、追跡、コラボレーションをサポートするため Atlassian アプリをユーザーに紹介します。

If your team is already using the mobile apps, make sure they download the cloud versions after the migration. The server versions of the apps won't work.

Jira Cloud アプリについてさらに読む





Confluence の主な変更

変更 1: 新しいホーム ページによる、より素早いナビゲーション

新しい Confluence ホーム ページとナビゲーション機能は、ユーザーにとって最も重要な移動先、コンテンツ、アクティビティを 1 つにまとめてあるので便利です。ホームは、Confluence を開始し、新しい作業に移る前に新たに方向を定めるには最高の場です。

ホーム機能:

  • 最近のページに戻る: 最近、下書き、公開、アクセス、またはスター追加をしたページが分かります。

  • 最も頻繁にアクセスするスペースへの移動: スター付きや最近アクセスしたチーム、プロジェクト、およびナレッジ ベース ワークスペースに移動します。

  • アクティビティ フィードの把握: 個人およびチームサイトで発生したアクティビティのフィードを閲覧します (カスタマイズ関連フィード機能も後日追加予定)。


ホームのドキュメントおよび追加リソースで詳細をご覧ください


変更 2: よりすっきりしたページ編集エクスペリエンス

新しいページは、Confluence Cloud エディターを使用して作成されます。レガシー エディターを使用して作成されたページは、新しいエディターに変換されるまで、同じエクスペリエンスのままとなります。

tip/resting Created with Sketch. ヒント 1: 製品に対する変更を毎週お知らせする Atlassian ブログをご確認ください



Jira の主な変更

変更 1: 次世代プロジェクト

すべてのユーザーが、管理者ではなくても、次世代プロジェクトを作成できます。Jira 管理者がこれを制限するには、「次世代プロジェクトを作成」権限を削除する必要があります。グローバル権限の詳細については、グローバル権限の管理を参照してください。

変更 2: 新しい課題ビュー

ボード、バックログ、検索、プロジェクトの課題一覧など、Jira Cloud のさまざまな場所から課題を開くことができます。また、コミット メッセージで課題キーがメンションされている場合、Bitbucket からも開くことができます。課題ビューは 1 日に何度も見る可能性がある画面であり、効率向上に大きな役割を果たします。

Jira 課題ビューの詳細をご確認ください




最終更新日 2020 年 11 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.