抜粋マクロ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex
robotsnoindex
robotsnoindex

抜粋マクロは、ページの一部を再利用できるようしるしをつけるために使用します。抜粋を定義すると、しるしをつけたコンテンツを抜粋マクロブログ投稿マクロなど、他のマクロで表示することが可能になります。

抜粋は 1 ページにつき 1 つのみ定義できます。つまり、抜粋マクロはページに 1 回のみ追加できます。

抜粋マクロを使用する

ページに抜粋マクロを追加するには:

  1. Confluence のエディタで、 > [その他のマクロ] を選択します。
  2. 対象のマクロを見つけて、選択します。

オートコンプリートでマクロを素早く入力する方法

  • 新しいエディタ - 「/」と要素 (ツールや挿入メニューのアイテム) の先頭の文字を入力すると、提案の一覧が表示されます。
  • 従来のエディタ - 「{」とマクロ名の先頭を入力すると、マクロ候補の一覧が表示されます。

詳細については、「キーボード ショートカット、マークダウン、およびオートコンプリート」をご参照ください。


既存のマクロを編集する方法

マクロ プレースホルダーをクリックして、編集を選択します 。 マクロのパラメータが編集可能な場合、マクロのダイアログ ウィンドウが開きます。

マクロに再利用可能なコンテンツを追加するには:

  1. 抜粋マクロ プレースホルダー内にコンテンツを追加します。
  2. マクロプレースホルダーを選択し、オプションパネルを開きます。次に、オプション;新たに行を追加して表示またはインラインで表示を選択します。規定値では、行を追加してマクロのコンテンツを表示します。インラインを選択すると、マクロのコンテンツは前後のテキストと同一パラグラフの一部として表示されます。このオプションは抜粋マクロを含むページにのみ影響します。コンテンツを再利用したページには影響しません。

スクリーンショット:抜粋マクロプ レースホルダーとオプション パネル

  1. 新しい行
  2. inline

 

パラメーター

パラメーターは、マクロ出力の内容や形式を制御するために設定できるオプションです。Confluence の保存形式または wiki マークアップで使用されるパラメータ名がマクロ ブラウザで使用されるラベルと異なる場合、以下の一覧に括弧付きで表示されます (example)。

パラメーター

既定

説明

抜粋したコンテンツを非表示にする
(hidden

false

抜粋マクロプレースホルダーに含まれるページコンテンツをページに表示するか否か管理します。

このオプションは抜粋マクロを含むページにのみ影響します。コンテンツを再利用したページには影響しません。

Wiki マークアップの例

robotsnoindex
robotsnoindex

Wiki マークアップはエディタ外部でマクロを追加する必要がある場合 (スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなど) に便利です。

マクロ名: excerpt

マクロ本文: リッチ テキストの利用可

{excerpt:hidden=true|atlassian-macro-output-type=BLOCK}
This is the *text* I want to reuse in other pages. This text is inside an Excerpt macro.
{excerpt}

以下の付加パラメータは保存形式および Wiki マークアップで使用可能です。エディターのオプションパネルと同様に機能します。 

パラメーター名必須既定パラメーターの説明と指定可能な値
atlassian-macro-output-typeいいえBLOCK

抜粋マクロ本体に含まれるコンテンツを新たに行を追加して表示するか、インラインで表示するか決定します。

利用可能な値:

  • BLOCK – マクロのコンテンツを新しい行で表示します。
  • INLINE – マクロのコンテンツを前後のテキストと同じ段落の一部として表示します。

このオプションは抜粋マクロを含むページにのみ影響します。コンテンツを再利用したページには影響しません。

最終更新日 2020 年 4 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.