ラベル別コンテンツ マクロ

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex

ラベル別コンテンツマクロを利用して、特定のラベルが貼られたページ、ブログ投稿、添付ファイルのリストを表示します。関連ページを一緒にまとめたり、見る必要のないコンテンツにフィルターをかけて除外したりするのに大変便利です。

例えば、このマクロを使用すると、「機能-出荷済み」とラベルが貼られたすべてのページを表示する、「ブループリント」を含む、過去に記載した「ミーティング - ノート」をリストにするなどが可能になります。

マクロはページで以下のように表示されます。

マクロ ブラウザでのセットアップは次のようになります。

ラベル別コンテンツマクロを利用する

ラベル別コンテンツマクロをページに追加する方法

  1. Confluence のエディタで、 > [その他のマクロ] を選択します。
  2. 対象のマクロを見つけて、選択します。

オートコンプリートでマクロを素早く入力する方法

  • 新しいエディタ - 「/」と要素 (ツールや挿入メニューのアイテム) の先頭の文字を入力すると、提案の一覧が表示されます。
  • 従来のエディタ - 「{」とマクロ名の先頭を入力すると、マクロ候補の一覧が表示されます。

詳細については、「キーボード ショートカット、マークダウン、およびオートコンプリート」をご参照ください。


既存のマクロを編集する方法

マクロ プレースホルダーをクリックして、編集を選択します 。 マクロのパラメータが編集可能な場合、マクロのダイアログ ウィンドウが開きます。

CQL フィルター

robotsnoindex

CQL (Confluence クエリ言語) は Confluence 用に開発されたクエリ言語で、マクロの一部や Confluence 検索で使用できます。Confluence 検索と CQL を活用するマクロにより、検索クエリを構築するためのフィルターを追加でき、検索結果を絞り込むのに必要なだけフィルターを増やせます。クエリにフィルターを追加するには、[フィルターを追加] リンクを選択します。

以下の CQL フィルターを使用できます。

フィルター説明演算子

ラベル*


このラベルを持つページ、ブログ投稿、または添付ファイルを返します。

OR (同じフィルター内で複数の値)

AND (複数のラベル フィルタ)

先祖あり

ページ ツリーでこのページの子であるページを返します。

これによってマクロを 1 つのページ ツリーに限定できます。

OR (同じフィルター内で複数の値)
投稿者**

これらのユーザーが作成または編集したページまたはブログ投稿を返します。

OR (同じフィルター内で複数の値)
作成者

このユーザーが作成した項目を返します。

OR (同じフィルター内で複数の値)


ユーザーのメンションあり

これらのユーザーをメンションするページやブログ投稿を返します。

OR (同じフィルター内で複数の値)
親ありこのページの直下の子ページのみを返します (以降のサブページは含まない)。EQUALS (1 ページのみ)
スペース内**このスペースの項目を返します。OR (同じフィルター内で複数の値)
テキストを含む**このテキストを含む項目を返します。CONTAINS (1 つのワードまたはフレーズ)
タイトルありタイトルにこのテキストを持つ項目を返します。CONTAINS (1 つのワードまたはフレーズ)
同一タイプ**ページ、ブログ、添付ファイルのみを返します。OR (同じフィルター内で複数の値)

AND、OR、NOT 演算子

  • OR 検索の場合、1 つのフィールドに複数の値を指定します。
    "label-a" または "label-b"、またはそれらの両方を含むページを表示するには、1 つのラベル フィールドに "label-a" と "label-b" を以下のように指定します。
  • AND 検索の場合、1 つ以上のフィルターを追加し、それぞれに値を 1 つずつ指定します。
    label-a と label-b を含むページのみを表示するには、1 つのラベル フィールドに "label-a" を指定し、マクロに次のように 2 つ目のフィールドを追加して、そこに "label-b" を指定します。

    つまり、OR の値は同じフィルタに、AND の値は異なるフィルタに入力します。
    AND は一部のフィルタでのみサポートされます。AND 演算子がサポートされていないフィルタの場合、フィルタを追加することはできません。  
  • NOT 検索の場合は、マイナス記号 (-) をラベルの前に入力します。これにより、そのラベルを含むものはすべて除外されます。


* このフィールドは CQL で動作するマクロに必須です。

** CQL で動作するマクロにこれらのフィルターを追加できますが、検索を行う場合、これらは標準の検索フィルターの一部となっているため、[フィルターを追加] メニューには表示されません。

マクロの表示オプション

ページでのマクロの表示方法を次のオプションで制御します。

パラメーター既定説明
並び替え順序最終変更日

タイトル、作成日、または最終更新日で一覧を並び替えます。オプションを選択しない場合は、CQL の既定の並び替え順である関連性が使用されます。

逆順Falseリストを昇順ではなく降順で並べ替えます((Z - A、古いもの - 新しいもの)
最大ページ数15リストに含む項目数を制限します。最大 500 ページまでの値を設定できます。
リストタイトル空白マクロ用オプション ヘッダーを含めます
各ページのラベルを表示True各ページに適用されたラベルを表示/非表示します。
各ページのスペース名を表示True各ページのスペース名を表示/非表示します。
抜粋を表示False

リストの各ページの下に短い抜粋を含めることができます。次から選択:

  • なし - 抜粋は表示されません
  • シンプル - 返された任意のページの抜粋マクロに含まれる、テキストの最初の文字を表示します。ページに抜粋マクロがない場合は、何も表示されません。
  • リッチ コンテキスト - 抜粋マクロ以外のコンテンツを表示します。ページに抜粋マクロがない場合、ページのコンテンツの最初の部分 (画像、および一部のマクロを含む) が書式設定されたテキストとして表示されます。



最終更新日 2020 年 4 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.