課題とサブタスクを作成する

すべてのプロジェクトの構成要素は課題です。課題は、作業の完了に至るまでの間、プロジェクト内のそれぞれのワークフローにしたがって移動する作業パケットとして機能します。

課題は、個別に割り当ておよび追跡可能なサブタスクを持つことができます。また、課題レベルのセキュリティを制御して、課題をチームの選択されたメンバーに制限することもできます。このページでは、課題とサブタスクの作成や変換、課題レベルのセキュリティの設定について詳しく説明します。CSV ファイルを使用して複数の課題 (およびサブタスク) をインポートしようとしている場合、こちらでインポート処理の詳細な説明を参照できます。

はじめる前に

課題が関連するプロジェクトの課題の作成プロジェクト権限が必要です。

tip/resting Created with Sketch.

Jira 全体で外観を統一し、1 つの画面で表示と編集が可能な新しい課題ビューをロールアウトしています。外観が少し変更され、一部の手順が変更されています。「新しい課題ビューでの課題への変更」で変更点をご確認ください現在、Jira Software および Jira Core で新しい課題ビューのオン / オフを切り替えるには[プロファイルと設定] () > [設定] に進み、[新しい Jira 課題ビュー] のスイッチを切り替えます。

新しい課題ビューは、すべてのビジネス ボードおよび次世代ソフトウェア プロジェクトで常に有効化されています。

課題の作成

To create an issue anywhere in Jira:

  1. [作成] () をクリックします。
  2. 課題の概要を入力します。
  3. すべての必須フィールドと必要なその他のフィールドを入力します。
    1. オプション: 課題を作成するときに表示されるフィールドを変更するには、[フィールドの設定]をクリックし、必要なフィールドを選択および選択解除します。課題を次に作成するときには、ここで選択したフィールドが表示されます。
    2. オプション: 同じプロジェクトおよび課題タイプで他の課題を作成するには、もう1つ作成チェックボックスを選択します。設定と課題作成履歴に応じて、同じフィールドが事前に入力済になっている場合があります。新しい課題を作成する前にこれらを確認します。
  4. 完了したら、[作成] をクリックします。 

When you create an issue using the global navigation bar as above, you can select the roles to which you want to restrict the issue. Learn more about restricting access to an issue.

tip/resting Created with Sketch.
  • 以下の状況を除き、作成した課題はバックログの一番上に表示されます:
    • バックログですでに選択した課題がある場合、課題はその課題のすぐ下に作成されます。
    • 課題の作成時にスプリントを指定した場合、課題はスプリントの一番下に作成されます。
  • You can quickly create issues using the inline issue create in the Backlog (for Scrum boards, backlog and future sprints only). Just click + Create issue.

    Note, if your board's filter specifies more than one project, you will still need to complete the full 'Create issue' dialog.

When you use the inline issue create to create issues, your issues won’t be restricted to certain roles in the project. These issues can be accessed by anyone who can see your project. To restrict issues, you can create them using the global navigation bar. Learn more about restricting access to an issue.

  • エピックを使用している場合、フィールドの設定をクリックしてエピックリンク フィールドを画面に追加する必要が生じることがあります。これにより、作成した課題をエピックに追加できます。

    特定のエピックに所属する課題を自動的に作成することもできます。エピックの作業を行うをご覧ください。 

課題を複製する

課題を複製すると、同じプロジェクト内の課題の複製を素早く作成できます。複製された課題は、元の課題とほとんど同じ情報 (概要、影響バージョン、コンポーネントなど) を保持します。ただし、一部の詳細 (例: 作業ログ、コメント、履歴、Confluence ページへのリンクなど) は複製されません。課題ステータスも対応するワークフローの最初のステップに戻り、解決状況はクリアされます。複製された課題を元の課題にリンクすることも可能です。

課題を複製するには:

  1. 課題を開きます。
  2. [その他のアクション] (•••) > [複製] を選択します。
  3. 複製した課題の [概要] を任意で編集します。
  4. 複製している課題に適用可能な場合、次のオプションも選択できます。
    • サブタスクを複製して既存のサブタスクをコピーする
    • 添付ファイルを複製して既存の添付ファイルを追加する
    • リンクを複製して既存のリンクされた課題を追加する
    • スプリント値を複製して課題の現在のスプリント値とクローズ済みのスプリント値全体をコピーする
  5. [作成]をクリックします。


課題の分割

課題の分割は、課題がとても大きく、2 つ以上に分割して管理しやすくしたいときに便利です。アクティブ スプリントやカンバン ボードではなく、スクラム バックログカンバン バックログ (有効化されている場合) からのみ課題を分割できます。

  1. スクラムまたはカンバン ソフトウェア開発プロジェクトのバックログに移動します。
  2. 次のいずれかを行います。
    1. スクラム プロジェクトの [バックログ] または [スプリント] (将来のスプリントおよびアクティブなスプリント) セクションで課題を右クリックして [課題の分割] を選択します。
      スクリーンショット: スクラム バックログ (1 件の課題が選択された状態)
    2. カンバン プロジェクトの [バックログ] または [開発用に選択] セクションで課題を右クリックして、[課題を分割] を選択します。

      上記のスクリーンショットの例では、[開発用に選択] セクションはカンバン ボードの 1 列目に対応しています。この名前は、ご利用のカンバン ボードの列名に応じて異なる場合があります。詳細は、「カンバン バックログの使用」を参照してください。


課題を分割するとどうなりますか?

スクラム バックログで

  • バックログで課題を分割すると、新しい課題はバックログ セクションに送られます。
  • スプリント (将来またはアクティブ) の 1 つで課題を分割する場合、新しい課題をバックログ、将来のスプリント、またはアクティブ スプリントに送信できます。

カンバン バックログで

課題を分割した後は、新しい課題はバックログ セクションに送られます。これはカンバン ボードの列の設定にもよりますが、基本的にはワークフローの最初のステータスにマッピングされている列のセクションです。

課題の詳細には何がありますか?
  • 新しい課題は、元の課題と同じタイプになります。例えば、ストーリーを 2 つ以上の課題に分割した場合、新たな課題もストーリーになります。
  • 新しい課題は、元の課題の内容と同じ内容のほとんどを含みます。 (優先度、コンポーネンツ、ラベル等)
  • 作業ログ、コメント、履歴、課題リンクなど 元の課題は、新しい課題にリンクされているが、 コピーされない課題の詳細
  • 新しい課題には、 課題を分割する際に入力した要約を含みます。
  • 元の課題は、見積もりを持っている場合、新しいい課題でも見積の入力をすることができます。また、必要に応じて、元の課題の見積に更新することができます。
  • 課題ステータスも対応するワークフローの最初のステップに戻り、解決状況はクリアされます。

サブタスクを作成する

課題のサブタスクを作成することによって、課題を小さなチャンクに分割したり、課題のさまざまな作業を別々の人に割り当てたりすることができます。サブタスクが課題の解決を遅らせているとことがわかった場合、サブタスクを課題に変換して、作業を独立して行うことができます。ある課題が実質的に大きな課題のサブタスクであることがわかった場合、課題をサブタスクに変換することもできます。

サブタスクは、管理者がサブタスクを有効にし、プロジェクトの課題タイプ スキームにサブタスクの課題タイプを追加している場合にのみ作成できます。

  1. 親課題にする課題を開きます。
  2. 課題の概要の下にある [サブタスクの作成] () をクリックします。
  3. 課題の概要を追加し、[作成] をクリックします。

サブタスクを作成する場合、以下の値は親タスクから継承されます。

  • プロジェクト
  • 課題セキュリティ レベル
  • (ある場合は) スプリント値

tip/resting Created with Sketch.

[サブタスクの作成] 画面をカスタマイズして、最もよく使用するフィールドを表示できます。これを行うには、ダイアログの右上隅にある [フィールドの設定] をクリックし、[すべて] または [カスタム] リンクを使用して既定の画面とカスタム設定画面を切り替えます。変更内容は保存され、以降も使用されます。


課題タイプで作業する

新しい課題ビューで課題タイプを変更する

課題を作成したあとで課題のタイプを変更し、必要な作業をより良く表すようにすることができます。たとえば、タスクとして起票した課題をバグに変更できます。

  1. 作業している課題を開きます。
  2. 左上の、課題キーの横にある課題タイプ アイコンをクリックします。
  3. 新しい課題タイプを選択します。

新しい課題タイプに別のフィールドがある場合や、別のワークフローがある場合、変更を完了するための [課題の移動] 画面が開かれます。

サブタスクを課題に変換する

現在、新しい課題ビューでこの操作を実行することはできません。このプロセスを完了するには、課題キーをクリックしてフルページ ビューに移動 (まだ移動していない場合) し、右上のメニューをクリックして古い課題ビューを開きます。

  1. 変換するサブタスク課題に移動します。
  2. その他 (•••) > [課題に変換] を選択します。
  3. [ステップ1. 課題タイプの選択] 画面で新しい課題タイプ (標準課題タイプ) を選択し、[次へ] を選択します。
  4. サブタスクの現在のステータスが新しい課題タイプで許可されていない場合、[ステップ 2 新しい課題の選択] 画面が表示されます。新しいステータスを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ステップ 3. フィールドの更新] 画面で、必要に応じて、追加フィールドに入力するよう求められます。それ以外の場合は、"すべてのフィールドは自動的に更新されます" というメッセージが表示されます。[次へ] をクリックします。
  6. [ステップ 4. 確認] 画面が表示されます。課題の新しい詳細情報に問題がなければ、[完了] をクリックします。
  7. 課題が表示されます。親課題の課題キーが画面の上部に表示されなくなり、サブタスクではなくなったことがわかります。

課題をサブタスクに変換する

  1. 課題を開き、課題の左上にある課題タイプのアイコンをクリックします。
  2. 利用可能な課題タイプの一覧から [サブタスク] を選択します。
  3. 新しいサブタスクの親課題を選択します。

課題にサブタスクがある場合、その課題をサブタスクに変換することはできません。まず、課題のサブタスクを独立した課題に変換する必要があります。それから必要に応じて、その課題を別の課題のサブタスクに変換できます。サブタスクを1つの課題から別の課題へ直接移動することはできません。独立した課題に変換してから、新しい親課題のサブタスクに変換する必要があります。

課題へのアクセスを制限する

While we recommend working openly, there are times where you may want to restrict who can view a particular piece of work. For example, you may want to restrict who can view tasks related to sensitive financial information, hiring or other personal employment information, or security-related software engineering work.

You can restrict who can view an issue in both classic and next-gen projects, but the procedure is different in each.

Jira Software または Jira Core の Free プランではプロジェクトの権限またはロールを編集することはできません。また、すべての Free プラン (Jira Service Desk を含む) で課題レベルのセキュリティを構成することはできません。Free プランでのプロジェクト権限の仕組みについてご確認ください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能を利用するには、プランをアップグレードします

Restrict access to an issue in a classic project

In classic projects, you can restrict access by setting the issue’s security level.

To set the issue security level on issues in classic projects:

  1. Choose the lock icon at the top-right of the issue. This icon only appears if the project has a security scheme configured.

  2. Select the desired security level.

鍵アイコンをクリックし、[セキュリティ レベルの削除] を選択することで、課題のセキュリティ レベルを削除することもできます。

Jira admins can add, edit, or remove security levels (and their membership) through issue security schemes. Learn more about issue security schemes.

Restrict access to an issue in a next-gen software project

In next-gen projects software projects, you can restrict access to specific roles in your project.

To restrict access, you must have a role with the Restrict any issue permission in the project. Learn more about roles and permissions in next-gen projects.

To restrict access when creating an issue:

  1. Select + Create from the navigation bar.

  2. Complete any required fields for the issue.

  3. Select the Restrict to field in the issue’s list of fields.

  4. Select the roles you want to allow to see the issue from the dropdown.

  5. [作成] を選択します。

To restrict an issue to certain roles, you’ll have to create the issue using the above steps. If you create an issue using any other method, the issue won’t be restricted.

If you create a sub-task of an issue that has issue restrictions, then the sub-task will inherit the restrictions from the parent issue. You won’t be able to change the issue restrictions of the sub-task individually. To set issue restrictions to sub-tasks, you will have to update the restrictions for the parent issue.


To restrict access after an issue’s created:

  1. Choose the lock icon at the top-right of the issue.

  2. Select the roles you want to allow to see the issue from the dropdown.

  3. Select Restrict.

You can also remove roles by clicking the X next to the role’s name in the menu.

Next-gen project admins can add, edit, or remove roles and their membership in the Access page. Go to Project settings > Access. Learn more about roles and permissions in next-gen projects.

While bulk moving issues from a classic project to a next-gen, your issues will get moved without any restrictions and these become open.

Deleting a custom role that has associated issue restrictions will make the issues unaccessible to the role. For instance, if there is a custom role Developer, and the issues are only restricted to this role, then the issues become unaccessible when the role is deleted. If the issues are restricted to a set of roles which includes Developer, then the issues can be accessed by other roles when Developer role is deleted.

最終更新日: 2020 年 10 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.