開発作業で課題を参照する

Jira Software を Bitbucket Cloud などの開発ツールに接続することで、課題やコードのシームレスな統合環境を実現できます。

Bitbucket Cloud では、Jira Software と似た方法で課題を表示したり、操作したりすることができます。編集、コメント、添付ファイルの追加、トランジション、ウォッチなども同様に行えます。

Safari ユーザー

Safari でクロスサイト トラッキング防止を有効にしている場合、同じタブまたはウィンドウで Jira 課題を開くことはできません。課題を表示するには、それを別のタブまたはウィンドウで開きます。

はじめる前に

以下を実行していることを確認します。

開発者ツールで Jira 課題を参照する方法

開発者は次の表に記載されているように、コミット、ブランチ、プル リクエストなどで Jira 課題キーを参照します。

いずれの場合も、課題キーは既定の Jira キーの書式に従っている必要があります。つまり、2 つ以上の大文字 ([A-Z][A-Z]+) にハイフンと課題番号が続きます。例: ABC-123


ツール
手順説明
変更を確認できる「コミット」

Bitbucket、

GitHub、
GitHub Enterprise、
Fisheye 

コミットメッセージに課題キーを含めます。

たとえば、"TIS-1 最初のコミット" のようなコミットメッセージは、TIS-1 課題を「作業前」から「進行中」に自動的に移行します 。

ブランチ Bitbucket、
GitHub、
GitHub Enterprise、
FishEye

ブランチを作成する際に、課題キーをブランチ名に含めます。

Jira 課題の開発パネルからブランチを作成すると、課題キーが自動的に追加されます。

たとえば、ブランチに「TIS-2_feature」と名前をつけると、Jira の TIS-2 課題は「作業前」から「進行中」に自動的にトランジションします(Git ではブランチ名にスペースが許可されていないことに注意してください)。

プルリクエスト Bitbucket、
GitHub、
GitHub Enterprise

少なくとも、次のいずれかの操作を行います:

  • コミット メッセージに課題キーがあるプルリクエストにコミットを含めます。コミットはマージコミットにならないことにご注意ください。
  • プルリクエストのタイトルに課題キーを含めます。
  • ソースブランチ名に課題キーが含まれていることを確認します。

Jira 課題の開発パネルからプル リクエストを作成すると、課題キーが自動的に追加されます。

たとえば、タイトルが「TIS-3」のプル リクエストを作成すると、TIS-3 課題は「進行中」から「レビュー中」に自動的にトランジションします。プル リクエストを再オープン、却下、またはマージすると、それに応じて「TIS-3」課題はトランジションします。

レビュー Crucible

レビューを作成するときに、課題キーをレビュータイトルに含めます。

たとえば、レビューに「TIS-4New story」という名前をつけてレビューを開始すると、TIS-4 課題は「進行中」から「レビュー中」に自動的にトランジションします。レビューを拒否、放棄、またはクローズすると、それに応じて TIS-4 課題はトランジションします。

ビルド

Bamboo

Bitbucket Pipelines

Bamboo の場合、ビルドのいずれかのコミットでコミット メッセージに Jira 課題キーが含まれている場合、そのビルドは Jira 課題に自動的にリンクされます。この機能を有効にするには、コミットに課題キーが含まれている必要があります。

Pipelines の場合、ブランチ名に課題キーを含めます。


デプロイメント

Bamboo、

Bitbucket Pipelines

本番環境やテスト環境などの環境へのデプロイは、デプロイに関連付けられたコミットのコミット メッセージに課題キーが含まれている場合にリンクされます。この機能を有効にするには、コミットに課題キーが含まれている必要があります。

最終更新日 2019 年 4 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.