Setting properties and options on startup for Atlassian applications

このページでは、Jira の起動時に Java プロパティとオプションを設定する方法について説明します。

このページの内容:

Linux

Linux インストールでシステム プロパティを設定する方法

  1. <jira-install>/bin から、setenv.sh を開きます。
  2. JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS= セクションを探します。
  3. 以下のパラメータ一覧を参照してください。

(info) 引用内部では、各パラメーターをスペース区切りのリスト形式で追加します。

Windows (.batファイルから起動)

Windowsインストールで .bat ファイルから起動する際にシステム プロパティを設定する方法

  1. <jira-install>/bin から、setenv.bat を開きます。
  2. set JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS= セクションを探します。
  3. 以下のパラメータ一覧を参照してください。

(info) 引用内部では、各パラメーターをスペース区切りのリスト形式で追加します。

Windows サービス

Windows サービスとして JIRA を起動している状態でシステムプロパティを設定するには、コマンドラインで変更する方法とWindows レジストリで変更する方法の2つがあります。

Windows サービスのプロパティをコマンド ラインから設定する

Windows サービスのプロパティをコマンド ラインから設定する

  1. Identify the name of the service that JIRA is installed as in Windows ( Control Panel > Administrative Tools > Services ):

    (info) In the above example, the SERVICENAME is: JIRA231112155942
  2. 「ファイルを指定して実行」で'cmd' を入力してエンターキーを押し、コマンド ウィンドウを開きます。
  3. cd to the bin directory of your JIRA application installation directory.
  4. 次のコマンドを実行します。

    tomcat7w //ES//%SERVICENAME%
    

    (info) 上記の例では、tomcat7w //ES//JIRA231112155942 となります。

  5. Java タブをクリックして、現在の起動オプションの一覧を表示します。
  6. 新しいオプションを追加する場合は、既存の Java オプションの最後に新しい行として追加します。下記のパラメーター一覧を参照してください。

 

Windows サービスのプロパティを Windows レジストリで設定する

Windows の一部のバージョンには、Java 変数をサービスに追加するオプションがありません。この場合、レジストリ内のオプション一覧を表示してプロパティを追加する必要があります。

Windows サービスのプロパティを Windows レジストリで設定する方法

  1. Start >> Run に移動し、"regedit32.exe" を実行します。
  2. サービス エントリを見つけます:
    32 ビット: HKEY_LOCAL_MACHINE >> SOFTWARE >> Apache Software Foundation >> Procrun 2.0 >> JIRA
    64 ビット: HKEY_LOCAL_MACHINE >> SOFTWARE >> Wow6432Node >> Apache Software Foundation >> Procrun 2.0 >> JIRA
  3. 既存のプロパティを変更する (特に Xmx メモリを増やす) には、適切な値をダブルクリックします。
  4. 追加のプロパティを変更するには、オプションをダブルクリックします。
  5. 下記のパラメーター一覧を参照してください。 1 行に 1 つずつ入力します。

設定を確認する

設定した内容を確認するには、<jira-home>/logs/atlassian-jira.log または catalina.out ファイルを確認します。起動部分のセクションは次のようになっています。

JVM Input Arguments : -Djava.util.logging.config.file=/usr/local/jira/conf/logging.properties -XX:MaxPermSize=256m -Xms256m -Xmx384m -Djava.awt.headless=true -Datlassian.standalone=JIRA -Dorg.apache.jasper.runtime.BodyContentImpl.LIMIT_BUFFER=true -Dmail.mime.decodeparameters=true -Djava.util.logging.manager=org.apache.juli.ClassLoaderLogManager -Djava.endorsed.dirs=/usr/local/jira/endorsed -Dcatalina.base=/usr/local/jira -Dcatalina.home=/usr/local/jira -Djava.io.tmpdir=/usr/local/jira/temp

これは、システム情報を表示することでも確認できます。

Error rendering macro 'excerpt-include' : No link could be created for 'Recognized system properties for JIRA applications'.

最終更新日 2016 年 8 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.