Set a context path for Atlassian applications

This document outlines the steps if you wish that your Atlassian application to be accessed on a context path, such as http://ourcompany.com/<contextpath>.

1. アトラシアン アプリケーションを停止する

クリックして停止方法についての情報を表示...
Jira アプリケーション

次のコマンドを Jira のインストール ディレクトリで実行します。

  • bin/start-jira.sh
  • bin/stop-jira.sh

Windows の場合、次のコマンドを実行します。

  • bin\start-jira.bat
  • bin\stop-jira.bat

Jira アプリケーションの起動および終了スクリプト」もご参照ください。

Confluence

次のコマンドを Confluence のインストール ディレクトリで実行します。

  • bin/start-confluence.sh
  • bin/stop-confluence.sh

Windows の場合、次のコマンドを実行します。

  • bin\start-confluence.bat
  • bin\stop-confluence.bat

システム起動時に Confluence を自動的に開始する 」もご参照ください。

Bamboo Server

次のコマンドを Bamboo のインストール ディレクトリで実行します。

  • bin/start-bamboo.sh
  • bin/stop-bamboo.sh

Windows の場合、次のコマンドを実行します。

  • bin\start-bamboo.bat
  • bin\stop-bamboo.bat

Bamboo をサービスとして実行する」もご参照ください。

Bitbucket Server

You should stop the service that is running Bitbucket. If you used the installer, the following should do it:

  • From a Linux environment
# service atlbitbucket status
# service atlbitbucket stop
# service atlbitbucket start
  • From a Windows environment
    Just stop the service that is running Bitbucket server.

Alternatively, you can use these commands from the Bitbucket installation directory to manually stop the process:

On Linux, use:

  • bin/start-bitbucket.sh
  • bin/stop-bitbucket.sh

Windows の場合、次のコマンドを実行します。

  • bin\start-bitbucket.bat
  • bin\stop-bitbucket.bat

詳細については、Bitbucket Server を起動および停止するを参照してください。

Fisheye

次のコマンドを Fisheye のインストール ディレクトリで実行します。

  • bin/start.sh
  • bin/stop.sh

Windows の場合、次のコマンドを実行します。

  • bin\start.bat
  • bin\stop.bat

Fisheye を Windows サービスとして実行する」もご参照ください。

Crucible

次のコマンドを Crucible のインストール ディレクトリで実行します。

  • bin/start.sh
  • bin/stop.sh

Windows の場合、次のコマンドを実行します。

  • bin\start.bat
  • bin\stop.bat

Crucible を Windows サービスとして実行する」もご参照ください。

Crowd

次のコマンドを Crowd のインストール ディレクトリで実行します。

  • /start_crowd.sh
  • /stop_crowd.sh

Windows の場合、次のコマンドを実行します。

  • \start-crowd.bat
  • \stop-crowd.bat

Crowd を Windows サービスとしてインストールする」もご参照ください。

2. コンテキスト パスを設定する

Fisheye および Crucible

FishEye または Crucible をプロキシする場合、管理領域から Jetty の Web コンテキスト パスを設定します。「Fisheye の web サーバーを設定する」を参照してください。

Jira アプリケーション、Confluence、Bitbucket Server、Bamboo

これらのアトラシアンのサーバー アプリケーションのいずれかをプロキシする場合、Tomcat の server.xml ファイルでコンテキスト パスを次のように設定します。

クリックして server.xml の場所を確認する...

The location of your server.xml file depends on your application, operating system, and installation location. 

アトラシアン アプリケーションで共通の既定のインストール先は、次のとおりです。

  • Linux: /opt/atlassian/<application-name>
  • Windows: C:\Program Files\Atlassian\<application-name>
  • Windows: C:\Atlassian\<application-name>

The default locations of server.xml files for Atlassian applications are:

アプリケーション server.xml の場所
Jira アプリケーション <install-path>/conf/server.xml
Confluence <install-path>/conf/server.xml
Bamboo <install-path>/conf/server.xml
Bitbucket 5.0 and later

N/A, replaced by <Bitbucket home directory>/shared/bitbucket.properties

server.xml のカスタマイズを bitbucket.properties に移行する方法」をご参照ください。

Bitbucket Server 4.0 – 4.14

<Bitbucket home directory> /shared/server.xml

Stash 3.8 〜 3.11

<Stash home directory>/shared/server.xml

Stash 3.7 以前 <install-path>/conf/server.xml
Fisheye The Fisheye configuration file is config.xml, but see Configuring the Fisheye web server.
Crucible Fisheye と同様
Crowd

<install-path>/apache-tomcat/conf/server.xml

Note that crowd is predefined as the context path. Updating this requires several steps outlined by Removing the 'crowd' Context from the Application URL.

 

<install-path>  refers to where the application was installed on your system.


Tomcat の server.xml 設定ファイルには、次のような Context ディレクティブがあります (Crowd を除く)。

<Context path="" docBase="${catalina.home}/atlassian-<atlassianapp>" reloadable="false" useHttpOnly="true">

ディレクティブを変更して、新しいコンテキスト パスを追加します。

<Context path="/<contextpath>" docBase="${catalina.home}/atlassian-<atlassianapp>" reloadable="false" useHttpOnly="true">

<contextpath> には独自の値を使用します。一般に、各アプリケーションで異なるコンテキスト パスを使用します。

path の値の先頭では path="<contextpath>" ではなく path="/<contextpath>" のように、スラッシュ (/) が必要です。

Use these instructions to Removing the 'crowd' Context from the Application URL.

Note: You can't use /resources as your context path for Confluence, as this is used by Confluence, and will cause problems later on. 

最終更新日 2018 年 7 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.