JSON インポート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このインポート タイプでは、インポートするデータを保持する JSON ファイルによってオブジェクトを Insight にインポートします。インポートの詳細についてご確認ください。

インポートを作成、設定、有効化するには、オブジェクト スキーマの Insight マネージャーである必要があります。

インポート フィールド

インポート タイプを選択したら、その詳細を入力する必要があります。Insight に表示されるフィールドについて、次で説明します。

一般フィールド

次は、すべてのインポート タイプに共通する一般的なフィールドです。

名前

説明

名前インポートの名前。
説明参考用の説明。
連結子

既定の連結子を指定できます。複数のデータ ロケーターを 1 つの Insight 属性に結合する際は、これが既定の連結子になります。たとえば、"姓" と "名" のような 2 つの列を 1 つの属性に結合できます。したがって、"Mathias" (名) と "Edblom" (姓) は、連結子として \s によって "Mathias Edblom" として連結されます。

スペースの連結には \s を入力してください。連結文字を含めるには、その値を二重引用符で囲みます ("\s")。

空の値データ ロケーターが空の際の処理を定義します。インポート時に属性値を削除するか、無視して現在の値をそのままに保持します。
Insight では、データ ロケーターが不明な場合の処理を定義します。これは、"Status" や "Select" などの属性タイプで発生する可能性があります。この値は、オプションとして追加も無視もできます。

インポート ソースの日付フィールドを Insight の日付に変換する際の形式。空のままにすると、Insight で正しい形式が自動で検索されます。
この形式は、Java の SimpleDateFormat のガイドラインに従って指定する必要があります。

インポート ソースの日付/時刻フィールドを Insight の日付に変換する際の形式。空のままにすると、Insight で正しい形式が自動で検索されます。
この形式は、Java の SimpleDateFormat のガイドラインに従って指定する必要があります。

モジュール フィールド

これらのフィールドはインポート タイプ (モジュール) に固有です。

設定

説明

インポート元ファイルまたは URL を選択します。
  • URL

外部 JSON ファイルを検索する場所のプロトコル、ホスト名、ポート。例: http(s)://example.com/rest/api/service または file:///opt/csv/example.json

  • ファイル

アップロードするファイルを選択します。

ユーザ名

基本認証のオプション ユーザー名。

パスワード

基本認証で使用するオプションのパスワード。

エンコードファイルで使用されているエンコーディング。

スケジュール フィールド

スケジュール フィールドは、データの同期を維持する役割を果たします。

名前説明
同期アカウントデータを Insight に同期する際に使用する Jira ユーザー
cron 式自動同期の間隔。
自動同期インポートを自動で同期するようにスケジュールするかどうか。

事前定義済みの構造と設定

必須フィールドに入力した後に、次のステップで Insight から定義済みの構造 (オブジェクト タイプ マッピング) と設定 (属性マッピング) を作成するかどうかを尋ねられます。この詳細はインポート タイプによって異なります。

Jira ユーザーのインポートの詳細について説明します。

  • 定義済みの構造と設定は、設定に存在する JSON ファイル/URL に基づいて作成されます。 

作成されたインポート設定

これでインポート設定を表示できるようになりましたが、まだ準備が完了していません。引き続き、オブジェクト タイプと属性のマッピングを作成または確認して、インポート設定に問題がないことを確実にする必要があります。

準備できたら「2. オブジェクト タイプと属性マッピングを作成する」に進みます。

最後に一言

次のステップでは、オブジェクト タイプと属性マッピングを作成します。JSON インポート タイプに固有の設定をいくつか紹介します。

オブジェクト タイプ マッピングの設定

名前

説明

セレクター

JSON インポートのセレクター。 

[Attribute.*[Attribute]] を使用する

例:

  • 「items」
  • "items.item"
  • "json.data.systems"

JSON 配列のみがセレクターとして有効です。

属性マッピングの設定

Data locator:

名前

説明

attribute1[*].attribite2[*]..

指定されるデータ ロケーターは、JSON と設定されているセレクターによって異なります。

最終更新日 2021 年 9 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.