管理キーを使用してページにアクセスする

この機能は Confluence Cloud Premium で提供されます。

管理者として、自身が表示権限を与えられていないコンテンツにアクセスする必要がある場合があります。非アクティブなユーザーによって作成された制限付きページまたはスペースのロックの解除や、コンテンツへのアクセスの問題を診断する必要がある場合などがあります。管理キーを使用すると、サイト管理者はこれらのニーズを解決するために制限付きコンテンツにアクセスできます。

管理キーを使用して制限付きページにアクセスする

管理キーを使用するには、アクセスが必要なページに移動し、管理キー パネルで [今すぐ表示] を選択します。

これにより管理キーが有効化され、ページへの完全なアクセス権が提供されます。管理キーを使用してページにアクセスすると、サイトの監査ログに記録され、ページ所有者に通知が送られます。また、ここで行った変更は、監査ログやページ履歴に記録されます。

管理キーを有効化すると、サイト上の他の制限付きコンテンツを表示およびナビゲートできるようになります。ページが制限されている場合、ページ ツリーでページ名の横に赤いロック アイコンが表示されます。

管理キーの使用を完了したら、画面一番上のバナーから [管理キーの使用を停止する] を選択します。セキュリティ上の理由により、非アクティブ状態が数分間続くと、制限付きページヘのアクセスは失われます。

監査ログとメール通知の内容

管理キーを使用してページにアクセスすると、監査ログに以下の情報が記録されます。

  • ユーザー名
  • ユーザーが管理キーを使用した日時
  • ユーザーが管理キーを使用してログインおよびログアウトしたこと
  • ユーザーがアクセスしたページの名前と、ページの表示または編集の有無
  • ユーザーが変更した権限 (権限が変更された場合)

また、ページ所有者にメール通知が送信されます。メール通知には、以下の情報が含まれています。

  • ユーザー名
  • ユーザーがアクセスしたページの名前
  • 管理者が管理キーを使用する一般的な理由の説明

また、監査ログやページ履歴に変更が記録されたことも、ページ所有者に通知されます。

最終更新日: 2019 年 12 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.