Confluence Cloud サイトを既存の Cloud サイトに移行する

tip/resting Created with Sketch.

Confluence Cloud サイトへの Confluence Server サイトの移行には、Cloud Migration Assistant for Confluence を使用することをおすすめします。

移行する前に、Atlassian Server から Cloud への移行の計画や実行を成功させるための出発点となる「Cloud 移行センター」をご確認ください。

Confluence Cloud サイトを既存の Cloud サイトに移動する場合は、下記の手順に従います。

サイトのエクスポートおよびインポート プロセスを使用すると、Confluence Cloud サイトのすべてのコンテンツおよびユーザーが置き換えられます。これには次のものも含まれます。

  • 他のサイトからエクスポートされたすべてのスペースのコンテンツ。
  • 他のサイトからエクスポートされたユーザー、すべての管理者と一般ユーザー。
  • 他のサイトからエクスポートされたグループ、グループのユーザーメンバー。

このページでは、「元の Confluence サイト」もしくは「元のサイト」という単語は情報のコピー元の Confluence インストレーション(サーバ)を意味するものとして利用します。「コピー先サイト」は、情報をコピーする先の Confluence クラウドインスタンスです。

ステップ 1: 移行先の Confluence Cloud サイトのバックアップを作成する

インポートにより、移行先サイトのすべてのデータ (コンテンツ、ユーザー、グループを含む) が削除されます。移行先サイトのバックアップ コピーを作成し、そのバックアップ ファイルをローカルのファイル システムに保存することを強くお勧めします。移行元の Confluence サイトのコンテンツをエクスポートするには、「サイトのバックアップを作成する」で説明されている手順に従ってください。

サイトをバックアップする前に、すべてのユーザー アカウントに対して一意のメール アドレスが関連付けられていることを確認してください。これを行わない場合、インポートに失敗する場合があります。インポート操作を開始し、すべてのデータのインポートが完了したあとに失敗した場合、これが原因である可能性があります。

ステップ 2: 元の Confluence サイトからサイト コンテンツをエクスポートする

移行元の Confluence サイトのコンテンツをエクスポートするには、「サイトのバックアップを作成する」で説明されている手順に従ってください。

バックアップに添付ファイルを含めるようにします。また、すべてのユーザー アカウントに対して一意のメール アドレスが関連付けられていることを確認します。 

ステップ 3: サイズの上限を確認する

Confluence Cloud でのサイトのインポートでは、バックアップ zip ファイル内の非圧縮 XML ファイルが最大 200 MB に制限されています。これは、バックアップの "データサイズ" です。添付ファイルのサイズや数に制限はありません。

インポートを行おうとする際、バックアップデータが大きすぎる場合は Confluence は通知します。

バックアップのデータサイズを手動で確認するには :

  1. バックアップファイルを解凍します。
  2. zip ファイルのルート ディレクトリにある XML ファイルのサイズを合計します (entities.xml という名前のファイルに加え、プラグインによって追加された XML ファイルが含まれている場合があります)。

データサイズに問題がない場合

サイトのバックアップ ファイルのデータ サイズが制限内である場合、コピー先の Confluence クラウド インスタンスにサイトのバックアップを直接インポートします。下記を参照してください。

サイズの上限を超えていたらどうするか?

サイトのバックアップ ファイルのサイズが大きすぎる場合、コンテンツをスペース単位で移行し、ユーザー データもインポートする必要があります。これには、各スペースの個別のエクスポートが含まれます。これは Cloud サイトで行うか、Confluence Server を使用して行うことができます。 

Confluence Server を使用したスペース単位のエクスポート...

移行元のサイトが Confluence Cloud インスタンスの場合は、Confluence Server 5.10 以降を実行している一時的なサイトにデータをコピーして、スペース エクスポートを作成することができます。

  1. Confluence のダウンロード ページにアクセスし、ご利用の OS 用の最新版の Confluence Server リリースを入手します。
  2. Confluence インストール ガイドの説明に従って Confluence をインストールします。
  3. バックアップ ファイルのデータ (XML エクスポート) を、新たにインストールした Confluence にインポートします。Confluence Server ドキュメントの「サイトの復元」を参照してください。
  4. 次のアカウント情報を使用して、新しい一時的な Confluence インスタンスにログインします:
    • ユーザー名: sysadmin
    • パスワード: sysadmin
  5. ログイン後、直ちにパスワードを変更します。
  6. 一時サイトからスペースをエクスポートします。Confluence Server ドキュメントの「コンテンツを Word、PDF、HTML、XML にエクスポートする」を参照してください。
  7. スペースを 1 つずつ宛先 Confluence Cloud インスタンスにインポートするConfluence スペースをインポートするを参照してください。
  8. ユーザーをインポートします。「G Suite との統合」を参照してください。

ステップ 4: 移行先の Confluence Cloud サイトにサイト コンテンツをインポートする

サイトのバックアップ ファイルのデータ サイズが上記で説明した制限以内であれば、そのサイト バックアップを移行先の Confluence Cloud インスタンスに直接インポートします。

  1. 移行先の Confluence Cloud サイトで、Confluence サイドバーの [設定] を選択します。
  2. [サイト インポート] を選択します。
  3. [参照] ボタンを使用してファイルを指定します。
  4. インポートを選択します。

アプリ

データの移行後、Questions for Confluence や Team Calendars for Confluence などの互換性を持つアプリを再インストールする必要があります。

ご利用のアプリが Confluence Server、Cloud、またはそれらの両方で利用できるかどうかは、Atlassian Marketplace で確認できます。

最終更新日: 2018 年 12 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.