サイトのバックアップ作成

If you're migrating a Confluence Server instance to a Cloud site, you can now use the Cloud Migration Assistant for Confluence.


このページでは、バックアップマネージャを利用して Confluence クラウドインスタンスの全コンテンツのコピーの取得の方法を説明します。

サイト全体ではなく、個々のページまたはスペースをエクスポートしたい場合は、Word、PDF、HTMLやXMLにコンテンツをエクスポートする を参照してください。

以下に説明するように、バックアップマネージャを介してデータをエクスポートした後、他のConfluenceクラウドインスタンスにデータをインポートすることができます。

また予備のオフラインバックアップを取得する1つの方法として、バックアップファイルを保存することができます。

Cloud サービスでは、アプリケーションのリカバリの目的のため、毎24時間ごとにインスタンスのバックアップを取得します。(アプリケーションデータのロールバック目的ではありません)詳細は、あなたのデータについて を参照してください。

Confluence インスタンスのバックアップ(エクスポート)

このページの内容:

注意: 一度に一つのバックアップファイルのみが保存できます。既存のバックアップは新しいものに上書きされます。

Confluenceインスタンスの全データをバックアップするには:

  1. 次のいずれかを行います :
    • If your site has multiple Cloud applications, choose the cog icon  at the top right, then choose Confluence Admin. Choose Backup Manager in the left-hand navigation panel.
    • あなたのサイトが Confluence のみの場合、ヘッダーにある Confluence サイドバーの 設定を選択し、バックアップ マネージャを選択します。
  2. 添付ファイルを含めたい場合は、添付ファイルのバックアップを選択します。
  3. バックアップの作成を選択します。

バックアップが完了した後、バックアップファイルへのリンクが表示されます。リンクを辿って、バックアップファイルがダウンロード可能です。


バックアップされるデータ

バックアップは、以下のデータが含まれています。

  • ページ
  • ユーザーとユーザーグループ設定
  • 添付ファイル (選択した場合)

Confluence サーバーにバックアップデータをインポートする

バックアップデータはConfluence Server 6.0 以降にインポート可能です。これはサイトのすべてのデータを上書きします。Confluence クラウドからサーバーへの移行 (Confluence ドキュメント) をご覧ください。

Confluence クラウドにバックアップデータをインポートする

他の Confluence クラウドにバックアップデータをインポートすることが可能ですが、そのサイトのすべてのコンテンツを上書きします。手順については Confluence サイトをインポートするをご覧ください。

注意

元のサイトで Confluence 以外のアプリケーションも利用している場合、そのサイトの相互のアプリケーションリンク、例えば元のファイルページへのリンクや JIRA 課題へのリンクは、インポートの後に同じ場所に貼り直されます。

最終更新日: 2019 年 2 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.