Java 環境のタイムゾーンを設定する方法

アトラシアン ナレッジベース

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プラットフォームについて: Server と Data Center のみ - この記事は、サーバーおよびデータセンター プラットフォームのアトラシアン製品にのみ適用されます。

目的

アトラシアン アプリケーションの機能が、Java 環境用に構成されたタイムゾーンに依存する場合があります。タイムゾーンの値はデフォルトではオペレーティング システムから取得されますが、Java Virtual Machine (JVM) に追加のパラメーターを渡すことでこのデフォルトを迂回することができます。

タイムゾーンは、Java を実行しているサーバーの時計を変更するか、次の説明のようにプロパティを変更することで変更できます。

ソリューション

タイムゾーンの値は次の JVM 引数で調整できます。これは「起動時のプロパティおよびオプションの設定」ドキュメントに従って設定されます。以降の例では、America/Chicago に設定する方法をお見せしています。

-Duser.timezone=America/Chicago

Wikipedia にある List of TZ Database Time Zones ドキュメントで、設定可能なさまざまなタイムゾーンの詳細を確認できます。


タイムゾーンの例

タイムゾーンコー​​ド
シドニーAustralia/Sydney
ロサンゼルスAmerica/Los_Angeles
ニューヨークAmerica/New_York
パリEurope/Paris
ローマEurope/Rome
UTCUTC
マドリードEurope/Madrid
説明Functionality within Atlassian applications may be reliant upon the timezone that is configured for the Java environment. The timezone value will be picked up by default from the operating system, however, it is possible to alter this default by passing an additional parameter to the Java Virtual Machine (JVM).
製品Jira, Confluence, Bamboo, Fisheye, Bitbucket
プラットフォームサーバー
最終更新日: 2018 年 10 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.