ランク付けの有効化

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ランク付けを有効にすると、スクラムボード上の課題をドラッグアンドドロップして課題をランク付けしたり、スプリントを作成することができます。また、Jira Software でサブタスクを親課題の下にグループ化することが可能になります。

はじめる前に

ボードおよびその設定を設定できるユーザー:

  • ボードの場所のプロジェクト管理者
  • ボード自体のボード管理者

詳細は、「権限の概要」を参照してください。

ランク付けの有効化

  1. 対象のボードに移動し、[その他] (•••) > [ボード設定] を選択します。


    注意: ボード管理者 (または Jira 管理者のグローバル権限保有者) のみがボードを設定できます。
  2. [ランクを追加] ボタンをクリックします。これによって、既定の設定である ORDER BY Rank ASC がフィルタ クエリに追加されます。

    ORDER BY Rank ASC

    priority issuetype などの異なる課題プロパティで課題をランク付けすることもできます。

    ORDER BY priority DESC
    ORDER BY issuetype DESC

メモ:

  • Jira Software は、グローバルランクタイプのランク というカスタムフィールドを自動で作成します。Jira インスタンスには、ランクというカスタムフィールドが1つしかなく、そのランクフィールドはグローバル コンテキストに割り当てられている (すなわち、特定の課題やプロジェクトには割り当てられていない) ことを確認してください。
  • スクラム プロジェクトでランク付けを有効化すると、以下のことが可能です。
    • スクラム バックログ から関連するスプリント セクションへの課題の移動
    • 現在アクティブなスプリントおよび計画されたスプリント内での課題のランク付け
  • カンバン プロジェクトでランク付けを有効化すると、以下のことが可能です。 
    • カンバン バックログ から進行中セクションへの課題の移動
    • カンバン ボード内、およびカンバン バックログの進行中セクション内での課題のランク付け
  • ORDER BY Rank ASC 以外のランキング設定を使用していて、バックログから関連するセクションに課題を移動させる場合、課題はボードのフィルタ クエリに基づいて自動的にランク付けされます。

次のステップ

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2018 年 7 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.