プロジェクトを設定する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

課題トラッカーは開発プロジェクトのハブになります。適切に設定すれば、Jira Software を利用して、作業をよりよく優先付け、体系化し、課題について揉めるのではなく、ソフトウェアの開発にもっと時間を割くことができるようになります。

プロジェクトは、単なる課題(ストーリー、バグ、タスクなど)のコレクションです。通常、プロジェクトとは、JIRA プラットフォームで行う製品の開発作業を意味します。

スクラム、カンバン、バグ トラッキングの違い 

  •  スクラムはイテレーションを基準にした手法で、一般的にはチームでの製品開発プロジェクトに向いています。具体的にはチームが新しいバージョンを定期的にリリースする場合は、スクラムがフィットするでしょう。 
  • かんばんは継続的作業フローに効果的です。(サービス重視のチームなど) 制限に基づいた手法をすることで、チームが過負荷にならずに作業を進めていくことができます。
  • バグ トラッキングは、新機能やバグを追跡するための基本的なワークフローを提供します。

次世代ソフトウェア プロジェクト

次世代のスクラム / カンバン プロジェクトは、アジャイル形式の開発を初めて行うチーム向けです。シンプルなボードビュー形式のプロジェクト テンプレートを使用することで、チームの作業をすばやく開始できます。合理的かつ簡単な方法でセットアップを行い、必要に応じてあとから機能を追加できます。このプロジェクトは誰でも作成できますが、クラシック プロジェクトは管理者のみが作成できます。

はじめる前に

Jira Software で新しいプロジェクトをセットアップする場合、Jira 管理者 (Jira の管理グローバル権限を持っているユーザー) である必要があります。なお、次世代プロジェクトを作成できる権限スキームが Jira 管理者によって管理者に制限されている場合を除き、次世代プロジェクト テンプレートはすべてのユーザーが利用できます。プロジェクトの作成や、ワークフローの修正などの関連するタスクの多くは、Jira 管理者のみが実行できます。詳細情報については、「権限の概要」を参照してください。

ここでは、プロジェクトを設定するときに必要となるアクティビティについて説明します。


プロジェクトの作成

まず、ソフトウェア プロジェクト を作成します。それから、開発チームのニーズと要件に合わせてプロジェクトの詳細を設定します。プロジェクトを作成するには、Jira 管理者である必要があります (次世代プロジェクトを作成できる権限スキームが Jira 管理者によって管理者に制限されている場合を除き、次世代プロジェクト テンプレートはすべてのユーザーが利用できます)。ただし、プロジェクト詳細のほとんどは、プロジェクト管理者であれば設定できます。

さらに詳しく:プロジェクトの設定

プロジェクト ボードの設定

ボードはスクラムやカンバン開発プロジェクトの課題に取り組みための中心的なツールです。プロジェクトを作成する際、スクラムボードかカンバンボードを選択できます。必要であればそれぞれのボードをプロジェクトに追加することもできます。

さらに詳しく:ボードを設定する

プロジェクト権限の設定

権限スキームを設定することで、プロジェクトへのアクセスを管理できます。権限スキームでは、ユーザー、ユーザーグループ、ロールなど、プロジェクト機能(課題のアサインなど)をマッピングします。新しく作成したプロジェクトには、既定の権限スキームが事前に設定されています。

さらに詳しく :  プロジェクトロールのメンバーシップを管理する

課題タイプ、ワークフロー、画面、フィールドの微調整 

プロジェクトの課題タイプ、ワークフロー、画面、フィールドは事前に設定されています。これらの設定は、開発プロセスに合わせて変更することが可能です。例えば、課題タイプに「設計」を作成したり、ワークフローに「QA レビュー」を追加したりできます。

さらに詳しく: 課題タイプ フィールド値の定義ワークフロー画面の定義Jira カスタム フィールド

コンポーネントの作成

コンポーネンツを使用すると、プロジェクトでグルーピングされたチケットを作成することが可能です。しかし、アジャイルプロジェクトの場合は、コンポーネンツの代わりにエピックやストーリーを使用することも考えれます。エピックで作業すると、ボードの列設定やレポート機能など、より多くのサポート機能が使えます。

さらに詳しく : コンポーネントを管理する



最終更新日: 2018 年 9 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.