サンプルプロジェクトを探索する

Jira Service Desk は、主要な機能の使い方を学習するためのサンプルデータが付属しています。 

サンプルプロジェクトを作成すると、新しいチームメンバーは、実際の作業に影響を与えることを心配することなく、キュー、SLAのような概念について学び、以下のようなレポートを生成する課題のデータが作成されます。

あなたが Jira Service Desk の管理者である場合、新しいチームメンバーを助けるためにサンプルプロジェクトを作成することをおすすめします。

サンプルプロジェクトの作成

Jira Service Desk 管理者である必要があります。

  1. サイドバーから、[作成] ()  > [プロジェクト] を選択します
  2. プロジェクト作成画面で、サンプルデータを作成をクリックします。
  3. サンプル データを使用したプロジェクトの作成画面で IT サービスデスクを選択し、次へをクリックします。
  4. サンプルプロジェクトの名前を入力します。 
  5.  送信をクリックします。

主要な機能について学ぶ

ここには、試してほしいいくつかのタスクがあります

  • カスタマーポータルを見てみる - あなたの顧客が利用するものを見てみます。
  • 課題を作成する(そして自分にアサインする)
  • キューを表示し、課題の説明を編集したり、ラベルを追加する
  • 課題にコメントをつける
  • メールチャンネルを試してみる
  • レポートを使用する

 

サンプルプロジェクトは使用済みですか?

サンプルプロジェクトが不要になったら、プロジェクトディレクトリから削除します。これを実行するには、Jira Service Desk 管理者である必要があります。 


最終更新日 2017 年 9 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

Powered by Confluence and Scroll Viewport.