チームのキューを作成する

robots noindex
robots noindex

ここまでのチュートリアルの手順を実行している場合は、キューに「テスト Wi-Fi リクエスト」と表示されます。エージェントにはこのように着信リクエストが表示され、いつ作業すればよいかがわかります。

チームは、あなたが設定したキューへの取り組みに多くの時間を費やします。エージェントは新しいキューを追加したり、既存のキューを設定する権限を持ちません。ただし、Jira Service Desk キューでは、自動的にトリアージし、課題の優先順位を付けることができます。たとえば、来週までに完了が必要なリクエストにチームが集中したい場合は、その週内が期限のものを含む一連のキューだけをセットアップできます

サイトにはキューが事前に設定されていますが (例: 「未割当の課題」)、先へ進んでチームのキューを作成し、Wi-Fi アクセス リクエストを見てみましょう。 

  1. サービスデスクプロジェクトのサイドバーからキューを選択します。 
  2. 新規キューを選択し、最初のキューに「Wi-fi アクセス リクエスト」と名前をつけます。
  3. 表示する課題メニューで次の条件を選択し、このキューに表示させる課題を定義します。
    1. 解決状況ドロップダウンで、未解決を選択します。
    2. 詳細 リンクを選択します。解決状況のクエリが表示されます。これは JQL と呼ばれ、すべての Jira 製品で何が必要かを正確に見つけることができる非常に強力な方法です。
    3. ここでは、JQL を使用して、サービス デスクで「ゲスト Wi-Fi アクセスの取得」リクエストを探します。フィールドに次の内容を入力します。

      resolution = Unresolved AND "Request Type"="Get guest wi-fi access (MFSD)"

      お気づきのように、可能な場合には JIRA によってオートコンプリートが行われます。緑色のチェック マーク (tick) は、クエリが有効であることを示します。赤色の (error) 印は、何かが正しくフォーマットされていないことを示します。

フィールドの下に、作成しているキューに入るリクエストのライブ プレビューが表示されます。すべて正しく設定されている場合は、そのリストに「テスト Wi-Fi リクエスト」と表示されているはずです。

保存を選択してキューを保存し、表示します。


これで、Wi-Fi リクエストのキューができました。次は、サイトにエージェントを追加し、チームが Jira Service Desk を運用する方法を学びます。 

最終更新日 2019 年 7 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.