Jira Data Center documentation

Data Center は、エンタープライズ組織の固有で複雑な要件をサポートするために設計されたデプロイメント オプションです。現在、Jira Software (7.0+) および Jira Service Desk (3.0+) で利用可能です。このページでは、Data Center が提供する機能の概要と、その仕組みの概要について説明します。





Jira Service Desk

インストール ガイド




tip/resting Created with Sketch.

Jira Data Center について質問がありますか?

アトラシアン エキスパートがよくいただいている最新の質問を集めました。疑問を素早く解決したい場合、まず「Jira Data Center FAQ」ページをご確認いただくことをおすすめします。

Data Center について

Data Center は Jira Software や Jira Service Desk の強力な機能すべてを備え、それらを以下でサポートします。

  • 高可用性 - アクティブ クラスタリングは、ユーザーがクリティカルなアプリケーションに中断することなくアクセスできるようにします。Data Center ユーザーは業界標準のロード バランシング、データベース クラスタリング、および共有ファイル システムを使用して、ハードウェアに予期せぬ障害が発生した際、ユーザーのダウンタイムを最小限に抑えます。
  • 大規模環境でのパフォーマンス - Data Center クラスタにノードを追加すると、許容される同時ユーザー接続数が増え、ユーザーのアクティビティが増えた場合の応答時間が改善されます。

Interested in learning more about what Jira Data Center provides? Click here for an overview.

アーキテクチャの概要

Data Center は次のように接続された、専用マシンのクラスタで構成されます。



ロードバランサー

ロード バランサは、クラスタ ノードに対するユーザーからのリクエストを分散します。あるクラスタ ノードがダウンした場合、ロード バランサはすぐに故障を検出し、数秒以内に他のノードにリクエストを自動的に振り向けます。セッション アフィニティをサポートする任意のロード バランサを使用できます。

アプリケーション ノード

Data Center ノードのクラスタは、着信するリクエストの負荷を共有します。1 つのクラスタノードで障害が起きても、リクエストはすぐに他のノードに振り向けられるため、ユーザーが可用性を失うことは事実上ありません。

共有データベースとストレージ

Data Center は Jira Software のサポート対象と同じデータベースをサポートします。また、ファイルのインポートおよびエクスポート、プラグイン、Logos ディレクトリ、および共有キャッシュを保存する共有ファイル システムと、attachments、avatars、および icons を含む任意の data ディレクトリをサポートします。

tip/resting Created with Sketch.

AWS と Azure

このアーキテクチャを AWS および Azure で迅速にデプロイする方法については、次のガイドをご確認ください。

Data Center に関するその他の考慮事項

(info) Jira Data Center インスタンスが Bitbucket Cloud に接続されていて、Jira Software 8.2 以前を使用している場合は、Jira DVCS コネクタ プラグインをアップグレードする必要がある場合があります。詳細情報

長期サポート リリース

長期サポート リリースは、2 年間のサポート期間中を通じて、バックポートされた重大なセキュリティ更新プログラムと重大なバグ修正プログラムを利用できる機能リリースです。年に 1 度だけアップグレードできる場合、長期サポート リリースへのアップグレードをご検討ください。詳細情報

長期サポート リリースは従来はエンタープライズ リリースと呼ばれていました。

Data Center を使い始める

準備はよろしいですか? 

お問い合わせ窓口 を通じてアトラシアン担当者とご相談いただくか、またはすぐにData Center の導入 に取りかかってください。

最終更新日: 2020 年 10 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.