Jira の事業継続計画

問題の大小にかかわらず、問題が発生した際に事業継続性を保証することはあらゆる事業にとって重要です。適切に計画とシステムを整備することが、ユーザーがオフラインとなる期間が数分か数時間か(さらには数日か)を分けることになります。

Jira の事業継続性を計画する場合、高可用性とディザスタ リカバリの両方について戦略を検討する必要があります。

高可用性

高可用性とは、データ センターで問題がある場合にユーザーがオンラインであることを維持することです。Jira がクラッシュしたり、Jira を実行している信頼できる古いサーバーが寿命を迎える可能性があります。

高可用性戦略は、顧客へのサービスを中断せずに自動的にフェイルオーバーできる必要があります。以下のガイドでは、Jira Data Center 6.4 を高可用性の実現に役立てる方法を説明しています。

詳細については、「Jira の高可用性ガイド」を参照してください。

ディザスタ リカバリ

ディザスタ リカバリ計画は、データ センター全体が利用できなくなるケースを防ぐように設計されます。これらは一般的ではない事象ですが、もしそのような事態が起きた場合、事業に致命的な影響を与える可能性があります。

Jira をオンラインに維持するには、別の場所のスタンバイ サーバーにフェイルオーバーできるように計画とシステムを整備する必要があります。以下のガイドでは、Jira の「コールド スタンバイ」フェイルオーバー サイトをセットアップおよび管理し、Jira Data Center 6.4 でこれを実現する方法を説明しています。

詳細は、「Jira 向けディザスタ リカバリ ガイド」をご覧ください


 

最終更新日 2018 年 1 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.