Jira Data Center のインストール

These instructions are applicable for installing Jira Software Data Center or Jira Service Desk Data Center on your own hardware. 

Other ways to install Jira Data Center

  • AWS - hassle-free deployment in AWS using our Quick Start
  • Azure - reference templates for Microsoft Azure deployment

はじめる前に

Things you should know about when setting up your Data Center:

サポート対象プラットフォーム

See our Supported platforms page for information on the database, Java, and operating systems you'll be able to use. These requirements are the same for Server and Data Center deployments.

要件

To use Jira Data Center, you must:

To run Jira in a cluster, you must also:

  • Use a load balancer with session affinity and WebSockets support in front of the Jira cluster. Load balancer examples

  • 同じパスですべてのクラスタ ノードにアクセス可能な共有ディレクトリ (共有ホーム ディレクトリになります) が存在する。ローカル ホームまたはインストール ディレクトリ内ではない、別のディレクトリである必要があります。

用語

このガイドでは以下の用語について説明します:

  • Installation directory: The directory where you installed Jira.

  • Local home directory: The home or data directory stored locally on each cluster node (if Jira is not running in a cluster, this is simply known as the home directory).

  • Shared home directory: The directory you created that is accessible to all nodes in the cluster via the same path.

Install Jira Data Center on a single node

If your organization doesn't need high availability or disaster recovery capabilities right now, you can install Jira Data Center without setting up a cluster.

To install Jira Data Center, without setting up a cluster, follow the instructions for Jira Server: 

The process is almost identical to an ordinary Jira Server installation, just be sure to enter your Data Center license.

Install Jira Data Center in a cluster

1. Jira インスタンスのインストールまたはアップグレード

Jira Data Center は Jira 7.0 以降で使用できます。これよりも前のバージョンを使用している場合、Jira インスタンスをインストールまたはアップグレードしてください。 

Jira インストールおよびアップグレード ガイド

2. 共有ディレクトリのセットアップ

クラスター内のすべてのノードで読み取り/書き込み可能なリモート ディレクトリを作成する必要があります。これを行うには複数の方法がありますが、もっとも簡単な方法は、NFS 共有を使用することです。

  1. クラスタ内のすべてのノードがアクセス可能なリモート ディレクトリを作成し、名前を設定します (例: sharedhome
  2. Jira インスタンスを停止します。
  3. Copy the following directories from the Jira local home directory to the new sharedhome directory (some of them may be empty).

    • data
    • plugins
    • logos
    • import
    • export
    • caches

3. Jira インスタンスをクラスタ内で動作するように設定する

  1. In the Jira local home directory, create a cluster.properties file, with contents as follows: 

    cluster.properties ファイルの例:

    # この ID はクラスタ間で一意である必要があります
    jira.node.id = node1
    # すべての Jira ノードの共有ホーム ディレクトリの場所
    jira.shared.home = /data/jira/sharedhome

    For more information and some additional parameters, see Cluster.properties file parameters.

  2. For Linux installations: We recommend that you increase the maximum number of open files. To do that, add the following line to <jira-install>/bin/setenv.sh:

    ulimit -n 16384


  3. インスタンスを起動して、Data Center ライセンスを適用します。


4. 最初のノードをロード バランサに追加する

ロード バランサはノード間のトラフィックを分散させます。ノードが動作を停止すると、残りのノードがワークロードを引き継ぐため、ユーザーは気付くこともありません。

  1. 最初のノードをロード バランサに追加します。 
  2. ノードを再起動し、Jira で別のページを開きます。ロード バランサが正常に動作している場合、Jira に問題なくアクセスできます。 

5. 残りのノードをクラスターに追加します。

  1. Copy the Jira installation directory and the local home directory from the first node to this new node.

  2. 新しいノードが共有ホーム ディレクトリにアクセス (読み取りおよび書き込み) できることを確認します。

  3. cluster.properties ファイルを編集し、ノード ID を変更します。すべてのノード ID は、ノード間で一意でなければなりません。

  4. Jira を起動します。共有ホーム ディレクトリから設定が読み取られ、追加手順なしで開始されます。

  5. 新しい Jira インスタンスで、課題の作成、検索、ファイル添付、およびカスタマイズが期待どおりに動作することを確認します。

  6. すべて問題なければ、新しいノードへのトラフィックのルーティングを開始するようにロード バランサを構成できます。この構成を行ったら、1 つの Jira インスタンスで複数の変更を行い、ほかのインスタンスに反映されることを確認します。

While adding your nodes to the cluster, you can check their status by going to  > System > System info. Your nodes will be listed in the Cluster nodes section.

Cluster.properties ファイルのパラメーター

必須パラメーターに加えて、cluster.properties ファイルで一部の追加オプション (ほとんどは EhCache に関するもの) を設定できます。

詳細を読む...
パラメータ必須説明/値
jira.node.id はいこの固有 ID は、Apache 構成のユーザー名および BalancerMember エントリと一致する必要があります。
jira.shared.homeはいすべての Jira ノードの共有ホーム ディレクトリの場所。
ehcache.peer.discoveryいいえ

ノードがお互いを見つける方法を示します。

defaultJira will automatically discover nodes (recommended)
automaticJira will use the EhCache's multicast discovery. This is the historical method used by EhCache, but it can be difficult to configure, and is not recommended by Atlassian.

自動を選択した場合...

ehcache.peer.discovery = automatic を設定する場合、次のパラメーターを設定する必要があります。

  • ehcache.multicast.address

  • ehcache.multicast.port

  • ehcache.multicast.timeToLive

  • ehcache.multicast.hostName

これらのパラメーターの詳細については、Ehcache ドキュメントを参照してください。

ehcache.listener.hostNameいいえ

The hostname of the current node for cache communication. Jira Data Center will resolve this this internally if the parameter isn't set.
If you have problems resolving the hostname of the network you can set this parameter.

ehcache.listener.portいいえ

ノードがリッスンすることになるポート (既定 = 40001)。

複数のノードが同じホスト上にあるか、このポートが利用できない場合、手動でこれを設定することが必要な場合もあります。

ehcache.object.portいいえ

レジストリでバインドされているリモート オブジェクトが呼び出しを受信するポート (既定は 40011)。このポートはファイアウォールでも開放する必要があります。

複数のノードが同じホスト上にあるか、このポートが利用できない場合、手動でこれを設定することが必要な場合もあります。

ehcache.listener.socketTimeoutMillisいいえ既定では、これは Ehcache の既定に設定されます。

Data Center の稼働状態を監視する

これで Data Center を設定して稼働しました。最初から稼働状態を監視し続けることをお勧めします。これにより、問題がより大きく、作業が複雑になるのを防ぎ、クラスターで何が発生しているかを常に把握するのに役立ちます。 

Jira Data Center には一連のヘルス チェック ツールが搭載されており、クラスタ全体や各ノード、すべての重要な設定を監視できます。ヘルス チェックにアクセスするには > [システム] > [サポート ツール] に移動します。すべてのヘルス チェックが [インスタンス ヘルス] タブに一覧表示されます。 

最終更新日: 2020 年 2 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.