Jira Data Center のインストール

このページの手順は、Jira Software Data Center または Jira Service Desk Data Center を独自のハードウェアにインストールする際に利用できます。 

Jira Data Center のその他のインストール方法

  • AWS - アトラシアンのクイック スタートを使用して AWS で簡単にデプロイ
  • Azure - Microsoft Azure デプロイメントのリファレンス テンプレート

はじめる前に

Data Center をセットアップするにあたり、次の情報をご確認ください。

サポート対象プラットフォーム

使用可能なデータベース、Java、およびオペレーティング システムの詳細については、「サポート対象のプラットフォーム」を参照してください。Server と Data Center デプロイメントで要件は同じです。

要件

Jira Data Center を使用するには、次の条件を満たしている必要があります。

Jira をクラスタで実行するには、次の条件も満たす必要があります。

  • Jira クラスタの手前に、セッション アフィニティと WebSocket サポートを提供するロード バランサを使用する。ロード バランサの例

  • 同じパスですべてのクラスタ ノードにアクセス可能な共有ディレクトリ (共有ホーム ディレクトリになります) が存在する。ローカル ホームまたはインストール ディレクトリ内ではない、別のディレクトリである必要があります。

用語

このガイドでは以下の用語について説明します:

  • インストール ディレクトリ: Jira をインストールしたディレクトリ。

  • ローカルのホーム ディレクトリ: 各クラスタ ノードにローカルで保存されるホームまたはデータ ディレクトリ (Jira がクラスタで実行されていない場合は単に "ホーム ディレクトリ")。

  • 共有ホーム ディレクトリ: 同一パスを経由してクラスタのすべてのノードにアクセス可能な、ユーザーが作成したディレクトリ。

単一ノードに Jira Data Center をインストールする

組織が高可用性またはディザスタ リカバリ機能をすぐには必要としていない場合、クラスタをセットアップせずに Jira Data Center をインストールできます。

クラスタをセットアップせずに Jira Data Center をインストールするには、Jira Server の指示に従います。 

プロセスは通常の Jira Server インストールとほぼ同じですが、Data Center ライセンスを入力するようにします。

Jira Data Center のクラスタへのインストール

1. Jira インスタンスのインストールまたはアップグレード

Jira Data Center は Jira 7.0 以降で使用できます。これよりも前のバージョンを使用している場合、Jira インスタンスをインストールまたはアップグレードしてください。 

Jira インストールおよびアップグレード ガイド

2. 共有ディレクトリのセットアップ

クラスター内のすべてのノードで読み取り/書き込み可能なリモート ディレクトリを作成する必要があります。これを行うには複数の方法がありますが、もっとも簡単な方法は、NFS 共有を使用することです。

  1. クラスタ内のすべてのノードがアクセス可能なリモート ディレクトリを作成し、名前を設定します (例: sharedhome
  2. Jira インスタンスを停止します。
  3. 次のディレクトリを Jira のローカル ホーム ディレクトリから新しい sharedhome ディレクトリにコピーします (一部は空の場合があります)。

    • data
    • plugins
    • logos
    • import
    • export
    • caches

3. Jira インスタンスをクラスタ内で動作するように設定する

  1. Jira のローカル ホーム ディレクトリで、次のコンテンツを含む cluster.properties ファイルを作成します。 

    cluster.properties ファイルの例:

    # この ID はクラスタ間で一意である必要があります
    jira.node.id = node1
    # すべての Jira ノードの共有ホーム ディレクトリの場所
    jira.shared.home = /data/jira/sharedhome

    詳細や追加パラメーターについては、「Cluster.properties ファイルのパラメーター」を参照してください。

  2. Linux 接続の場合: オープンなファイルの最大数を増やすことをおすすめします。これを行うには、次の行を <jira-install>/bin/setenv.sh に追加します。

    ulimit -n 16384


  3. インスタンスを起動して、Data Center ライセンスを適用します。


4. 最初のノードをロード バランサに追加する

ロード バランサはノード間のトラフィックを分散させます。ノードが動作を停止すると、残りのノードがワークロードを引き継ぐため、ユーザーは気付くこともありません。

  1. 最初のノードをロード バランサに追加します。 
  2. ノードを再起動し、Jira で別のページを開きます。ロード バランサが正常に動作している場合、Jira に問題なくアクセスできます。 

5. 残りのノードをクラスターに追加します。

  1. この新しいノードに、1 つ目のノードからインストール ディレクトリローカル ホーム ディレクトリをコピーします。

  2. 新しいノードが共有ホーム ディレクトリにアクセス (読み取りおよび書き込み) できることを確認します。

  3. cluster.properties ファイルを編集し、ノード ID を変更します。すべてのノード ID は、ノード間で一意でなければなりません。

  4. Jira を起動します。共有ホーム ディレクトリから設定が読み取られ、追加手順なしで開始されます。

  5. 新しい Jira インスタンスで、課題の作成、検索、ファイル添付、およびカスタマイズが期待どおりに動作することを確認します。

  6. すべて問題なければ、新しいノードへのトラフィックのルーティングを開始するようにロード バランサを構成できます。この構成を行ったら、1 つの Jira インスタンスで複数の変更を行い、ほかのインスタンスに反映されることを確認します。

ノードをクラスタに追加する際は、[管理] () > [システム] > [システム情報] でノードのステータスを確認できます。ノードは [クラスター ノード] セクションに一覧表示されます。

Cluster.properties ファイルのパラメーター

必須パラメーターに加えて、cluster.properties ファイルで一部の追加オプション (ほとんどは EhCache に関するもの) を設定できます。

詳細を読む...
パラメーター必須説明/値
jira.node.id はいこの固有 ID は、Apache 構成のユーザー名および BalancerMember エントリと一致する必要があります。
jira.shared.homeはいすべての Jira ノードの共有ホーム ディレクトリの場所。
ehcache.peer.discoveryいいえ

ノードがお互いを見つける方法を示します。

default - Jira は自動的にノードを検出します (推奨)。
automatic - Jira は EhCache のマルチキャスト検出を使用します。これは EhCache が使用する従来の方法ですが、設定が難しい場合があるため、アトラシアンでは推奨していません。

自動を選択した場合...

ehcache.peer.discovery = automatic を設定する場合、次のパラメーターを設定する必要があります。

  • ehcache.multicast.address

  • ehcache.multicast.port

  • ehcache.multicast.timeToLive

  • ehcache.multicast.hostName

これらのパラメーターの詳細については、Ehcache ドキュメントを参照してください。

ehcache.listener.hostNameいいえ

キャッシュ通信のための現行ノードのホスト名。パラメーターが設定されていない場合、Jira Data Center はこれを内部的に解決します。
ネットワークのホスト名の解決に問題がある場合、このパラメータを設定できます。

ehcache.listener.portいいえ

ノードがリッスンすることになるポート (既定 = 40001)。

複数のノードが同じホスト上にあるか、このポートが利用できない場合、手動でこれを設定することが必要な場合もあります。

ehcache.object.portいいえ

レジストリでバインドされているリモート オブジェクトが呼び出しを受信するポート (既定は 40011)。このポートはファイアウォールでも開放する必要があります。

複数のノードが同じホスト上にあるか、このポートが利用できない場合、手動でこれを設定することが必要な場合もあります。

ehcache.listener.socketTimeoutMillisいいえ既定では、これは Ehcache の既定に設定されます。

Data Center の稼働状態を監視する

これで Data Center を設定して稼働しました。最初から稼働状態を監視し続けることをお勧めします。これにより、問題がより大きく、作業が複雑になるのを防ぎ、クラスターで何が発生しているかを常に把握するのに役立ちます。 

Jira Data Center には一連のヘルス チェック ツールが搭載されており、クラスタ全体や各ノード、すべての重要な設定を監視できます。ヘルス チェックにアクセスするには [管理] () > [システム] > [サポート ツール] に移動します。すべてのヘルス チェックが [インスタンス ヘルス] タブに一覧表示されます。 

さらに、リモート キャッシュの健全性も監視できます。「キャッシュ レプリケーションの監視」をご覧ください。リモート キャッシュの詳細については、「Jira Data Center のキャッシュ レプリケーション」をご参照ください。 

Jira Data Center 8.6 以降のバージョンでは、Data Center クラスタを監視できます。[Jira 管理] > [システム] > [クラスタリング] の順に選択して、クラスタの状態を表示します。クラスタ監視の詳細については、「Jira クラスタの監視」をご覧ください。

最終更新日 2020 年 6 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.