Jira Data Center のフェイルオーバー

組織内において、Jira がミッション クリティカルなリソースとなると、アプリケーションのアップタイムを最大化することが重視されます。クラスタ化テクノロジーを介して大規模な高可用性とパフォーマンスを実現するには、Data Center が適しています。

Data Center はマルチノード クラス経由で高可用性を実現します。そのため、すべてのノードがアクティブになり、パッシブ ノードはありません。たとえば、3 つのノード クラスタがすべてリクエストを処理する場合、1 つのノードが失敗すると、残りの 2 つノードがすべてのリクエストを処理します。これにより、管理者は、エンドユーザーに影響を与えることなく、ダウンしたノードを修理することができます。ダウンしたノード上のユーザーは次のリクエストで残りのノードのいずれかに自動的にリダイレクトされ、新しいノードに再度ログインする必要があります。

ノードがダウンした場合に素早くログインできるよう、ログイン時に "このアカウントを記憶する" チェックボックスをオンにすることをお勧めします。タスク中にノードがダウンした場合、「一括編集」などのセッション ベースのタスクの再起動が必要となることに注意してください。 

Data Center の基本的なアーキテクチャ図を以下に示します。

 

 

停電時のフェイルオーバーは、上記の系統図で表されるロードバランサによって処理されます。Data Center アプリケーションはロードバランサに依存していなため、cookie ベースのセッション アフィニティを使用して構成されていれば、ハードウェア/ソフトウェア ベースのどのロードバランサでも機能します。 他のアプリケーションと同じようにロードバランサを管理して、ラウンドロビン方式や、同時実行負荷に基づいて、組織に最適な方法でトラフィックを導くことができます。さらに、ロードバランサは、特定の種類のトラフィックを特定のノードに向けるために使用することもできます。

また、Data Center は、システム全体で停電が発生した場合でもディザスタ リカバリ フェイルオーバーを提供します。オフサイトのディザスタ リカバリ システムを「ディザスタ リカバリ モード」で展開することができます。Jira アプリケーションは実稼働環境からこのディザスタ リカバリサイトへアプリケーション インデックスを共有し、システム全体で停電が発生した際に、ディザスタ リカバリ システムがより短時間でオフラインになれるようにします。ディザスタ リカバリ システムをアクティブ化するには、最初にシステムの電源を入れてから、トラフィックが実稼働環境から離れ、ディザスタ リカバリ システムへ向かう必要があります。これは一般的に、DNS ルールを通じて実行されます。実稼働環境から DR サイトへデータベースや共有ファイル システムが定期的にバックアップされていれば、災害時でもダウンタイムが大幅に削減されます。

ロードバランサの構成の詳細については、「Data Center のロードバランサの例」を参照してください。

準備はよろしいですか? 

今すぐ Data Center を使い始めましょう。

最終更新日 2018 年 1 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.