Atlassian Data Center のアーキテクチャとインフラストラクチャのオプション

本ガイドでは、Jira Software、Jira Service Desk、Confluence、Bitbucket Data Center のデプロイ時に使用可能なアーキテクチャおよびインフラストラクチャ オプションの概要を示します。

アーキテクチャ オプション

以下の 2 つの方法で Data Center をデプロイできます。

オプション説明推奨ユース ケース
非クラスタ (単一ノード)

アプリケーション (Jira、Confluence、または Bitbucket) を単一のサーバーまたはノードで実行します。

  • クラスタ固有の機能 (高可用性など) がすぐには必要とされない場合。
  • 適切な設定で構成済みの既存の Server インストールを持っていて、Data Center にアップグレードする際に同じインフラストラクチャを使用したい場合。
クラスタ化

アプリケーション (Jira、Confluence、または Bitbucket) を、クラスタ内に構成された複数のアプリケーション ノードで実行します。このアーキテクチャには、ロード バランサなどの特別なコンポーネントが必要です。

  • 高可用性や、クラスタ化によって提供される Data Center 機能へのアクセスが必要な場合。


短期間に XLarge 規模まで成長することが見込まれる場合、クラスタ化されたアーキテクチャが最適な場合があります。

サイズ プロファイルの詳細

自身のインスタンスのパフォーマンスを調査する場合、データのサイズと使用量を知っておくことが重要です。

参考として、各製品の参照用プロファイル ("Small"、"Medium"、"Large"、および "XLarge") を用意しました。このリファレンスは、収集する必要があるメトリックと、メトリックの値に対応するインスタンスのサイズの一覧です。

Server 製品は、非クラスター アーキテクチャしかサポートしていません。Data Center は、非クラスター オプションとクラスター オプション両方をサポートしています。

アーキテクチャ要件は、組織が必要とする機能に大きく依存します。当社の機能ガイドでは、提供される機能について詳述しています。

非クラスタ (単一ノード)

このセットアップでは、Data Center アプリケーションがサーバー インストールと同様に単一のサーバー上で動作します。

図: 非クラスタ Data Center アーキテクチャの例

アトラシアン Data Center 製品の非クラスタ インストールの図

ご覧の通り、単一ノード上にデプロイされた Data Center ノードは、サーバー インストールと同様であり、以下の要素で構成されます。

  • 単一ノードで実行される Jira、Confluence、または Bitbucket
  • Jira、Confluence、または Bitbucket が読み取りおよび書き込みを行うデータベース

メリット

既存の Server インストールがある場合は、Data Center にアップグレードする際にそのインフラストラクチャを引き続き使用できます。Data Center 専用の多くの機能 (SAML シングル サインオンレート制限によるシステムの保護CDN サポートなど) では、クラスタ インフラストラクチャは不要です。Server インストールのライセンスをアップグレードするだけで、Data Center のこれらの機能の使用を開始できます。

Data Center 製品で新しいインフラストラクチャをデプロイしている場合、サーバー インストールと同じアーキテクチャを使用できます。

非クラスタ アーキテクチャが適していない場合

一般に以下の場合は、非クラスタ Data Center デプロイを検討することをおすすめしています。

  • クラスタ化によって提供される Data Center 機能以外の機能が必要な場合
  • 現在のインフラストラクチャに満足しており、新しいインフラストラクチャをプロビジョニングすることなく Data Center に移行したい
  • 高可用性が厳密な要件ではない場合
  • クラスタ アーキテクチャのパフォーマンスおよび拡張性のメリットがすぐには必要ではない場合

考慮事項

非クラスタ Data Center のセットアップは非常に簡単ですが、いくつかの制限事項があります。Server のインストールと同様に、アプリケーション サーバーが引き続き単一障害点になるので、高可用性やディザスタ リカバリ戦略はサポートできません。

一部のデプロイメントでは、サイズ プロファイルが "Large" または "XLarge" になるとパフォーマンスや安定性に問題が生じるようになります。ほとんどのクラスタ化されたデプロイメントには、インフラストラクチャを拡張して高負荷に対処する (さらに、低負荷時には縮小してコストを削減する) 柔軟性があります。AWS や Azure では、異常な動作を示すノードを新しいものに置き換えることで、安定性に関するほとんどの問題に迅速に対処することもできます。

tip/resting Created with Sketch.

必要に応じてクラスタ構造に切り替え

非クラスター Data Center を選択した場合、後でアーキテクチャを変更できます。同じライセンスでいつでもクラスターを設定できます。再インストールは不要です。

クラスタ化 

Data Center では、クラスタで複数のノードを使用してアプリケーションを実行し、ロード バランサでトラフィックを転送できます。これは、すべてのチームの生産性を確保するために高可用性と大規模なパフォーマンスが必須である組織に重要です。


図 クラスタ化された Data Center アーキテクチャの例

クラスタ化されたセットアップには以下が含まれます。

  • 複数の同一のアプリケーション ノード
  • トラフィックをすべてのアプリケーション ノードに分散するロード バランサ
  • 共有ファイル システム
  • すべてのノードが読み取りと書き込みを行う共有データベース
  • Bitbucket では、すべてのノードが読み取りと書き込みを行う ElasticSearch の専用ノードも必要となります。

メリット

クラスタ化には多数のメリットがあります。

  • 高可用性とフェイルオーバー : アプリケーション クラスタのいずれかのノードがダウンした場合、他のノードが負荷を引き受け、ユーザーは中断されることなくアプリケーションにアクセスできます。
  • 大規模環境でのパフォーマンス : クラスタにノードを追加すると、許容される同時ユーザー接続数が増え、ユーザーのアクティビティが増えた場合の応答時間が改善されます。特定の機能の専用ノードをデプロイすることもできます。
  • 即時に拡張可能: ダウンタイムや追加のライセンス料金なしでクラスタに新しいノードを追加できます。インデックスとアプリは自動的に同期されます。
  • ディザスタ リカバリ : オフサイトでのディザスタ リカバリ システムをデプロイして、完全なシステム停止の場合にもビジネス継続性を実現します。共有アプリケーション インデックスにより、素早く元の状態に戻って製品を実行することができます。

考慮事項

非クラスタ Data Center と比較すると、クラスタ化には追加のインフラストラクチャと、より複雑なデプロイ トポロジが必要となり、多くの時間と管理対象リソースが必要となる可能性があります。AWS (Amazon Web Services) や Azure などのパブリック クラウド インフラストラクチャでデプロイすることにより、この複雑さの緩和に役立てることができます。 


インフラストラクチャ オプション

アトラシアンの Data Center アプリケーションを任意のインフラストラクチャにデプロイすることもできます。

  • 独自の物理ハードウェア (オンプレミス) または仮想マシン
  • AWS (Amazon Web Services) や Azure などのパブリック クラウド プロバイダ。これは、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) とも呼ばれます。

ご利用の環境に最適なインフラストラクチャ オプション

アトラシアンでは、お客様の組織の要件や既存の投資に最適なインフラストラクチャ オプションの選定は、お客様の判断にお任せしています。

AWS のようなクラウド プロバイダを利用してアトラシアン Data Center 製品をデプロイすることを選ぶお客様が増えています。これは、物理ハードウェアよりも費用対効果と柔軟性が高くなりうるためです。

パブリック クラウド プロバイダを利用した迅速なデプロイ

Data Center インフラストラクチャを短時間で設計およびデプロイできるようにするため、アトラシアンでは以下のものを提供しています。

  • AWS クイック スタート
  • Azure Resource Manager (ARM) テンプレート

これらのツールは、お客様のさまざまなデプロイメントを考慮したデフォルト設定および設定を使用しています。また、アトラシアンのインフラストラクチャの多数の推奨事項も自動的に適用されます。クラスタ対応アーキテクチャのデプロイのために設計され、単一ノードから開始して必要に応じて拡張できるようになっています。

各オプションの必要事項については、製品ガイドをご覧ください。


AWS

AWS クイック スタートで公開およびホストされているこれらのリソースは、AWS のベスト プラクティスに従い、AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS 上に Atlassian Data Center アプリケーションをデプロイします。


Azure Marketplace

Azure Marketplace で公開およびホストされているこれらのリソースは、Microsoft Azure Resource Manager テンプレートを使用して Azure 上に Atlassian Data Center アプリケーションをデプロイします。

パブリック クラウドでの高度にカスタマイズされたデプロイメント

また、AWS Quick Starts または Azure Marketplace Templates で使用されるテンプレートを直接カスタマイズすることも可能です。これらのテンプレートによって、パブリック クラウド インフラストラクチャで組織の Data Center をデプロイできます。まず、以下の Bitbucket リポジトリ (アトラシアンが公開、サポートしています) の内いずれかをクローンします。

AWS CloudFormation テンプレート

atlassian/atlassian-aws-deployment

Azure Resource Manager テンプレート

atlassian/atlassian-azure-deployment


Atlassian が提供するサービス

アトラシアンでは、御社に適したソリューションを選択および実装できるように設計された幅広いサービスとプログラムをご用意しています。Data Center ライセンスに含まれるサービスや有料サービスの詳細については、「エンタープライズ サービス」ページをご覧ください。

最終更新日 2020 年 9 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.