Atlassian Data Center のディザスタ リカバリ

ディザスタ リカバリ戦略は、事業継続計画の重要な部分です。これは、災害発生時に確実に事業を復旧して業務を継続するために従う必要があるプロセスの概要を説明します。次のリソースは、各製品での仕組みについて説明しています。


高可用性、ディザスタ リカバリ、およびフェイルオーバー

「高可用性」、「ディザスタ リカバリ」、および「フェイルオーバー」という単語は混同されがちです。これらの言葉を次のように定義します。

高可用性

特定レベルの可用性を提供する戦略。Confluence の場合は、アプリケーションへのアクセスと許容応答時間です。自動修正と (同じ場所内での) フェイルオーバーは通常、高可用性計画の一部です。例については、「Jira の高可用性ガイド」をご覧ください。

ディザスタ リカバリ (災害などで) メインのデータ センターが利用できなくなる場合に、(通常、別の地域にある) 別のデータ センターで運用を再開する戦略。(別の場所への) フェイルオーバーはディザスタ リカバリの基本的な部分です。
フェイルオーバー あるマシンが故障した際に、別のマシンが引き継ぐことを指します。これは同じデータ センター内またはデータ センター間で行われます。フェイルオーバーは通常、高可用性およびディザスタ リカバリ計画の両方の一部です。例:
最終更新日 2019 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.