Atlassian Data Center のディザスタ リカバリ

A disaster recovery strategy is a key part of any business continuity plan. It outlines the processes to follow in the event of a disaster, to ensure that the business can recover and keep operating. The following resources describe how it works for each product:


高可用性、ディザスタ リカバリ、およびフェイルオーバー

「高可用性」、「ディザスタ リカバリ」、および「フェイルオーバー」という単語は混同されがちです。これらの言葉を次のように定義します。

高可用性

A strategy to provide a specific level of availability. In Confluence's case, access to the application and an acceptable response time. Automated correction and failover (within the same location) are usually part of high-availability planning. See High Availability Guide for JIRA for an example.

ディザスタ リカバリ (災害などで) メインのデータ センターが利用できなくなる場合に、(通常、別の地域にある) 別のデータ センターで運用を再開する戦略。(別の場所への) フェイルオーバーはディザスタ リカバリの基本的な部分です。
フェイルオーバー An event of one machine taking over from another machine, when the aforementioned machines fails. This could be within the same data center or from one data center to another. Failover is usually part of both high availability and disaster recovery planning. For example:
最終更新日 2019 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.