製品内診断の管理とサポート

製品内診断 (IPD) は、アトラシアンの Data Center 製品である Jira、Confluence、Bitbucket に組み込まれているツールです。IPD はパフォーマンス統計を収集し、基本的な監視簡単なパフォーマンス テストを実施し、お客様の環境に関連するプロアクティブなアラートを提供します。出力は、アトラシアン サポート エンジニアだけでなく Jira 管理者 (およびサードパーティ ツール) もインスタンスの動作を監視および分析するために使用できます

On this page:

問題

Jira インスタンスが健全かどうかを理解するのに苦労したことはありますか。管理者と話していると、同じような悩みを耳にします。Jira、Confluence、または Bibucket Data Center のいずれの Jira インスタンスでもかまいません。

当社の管理者とサポート チームは、適切なデータを適切なタイミングで取得するのに苦労することがよくあります。それにより、サポート チームが問題の根本原因を突き止めるために実施する調査に遅延が生じます。

解決策

当社は製品内診断をゼロから構築し、Jira、Confluence、Bibucket Data Center と一緒に既定でリリースしました。また、管理者がその情報を当社のサポート チームに非常に簡単に伝えることができるようにしました。生成されるすべてのサポート zip には、既定でそのような情報が含まれています。

管理者にとってのメリット

(tick) 既定で有効になっており、常に実行されている

(tick) システムのヘルス ステータスを監視できる

(tick) システム内の問題を特定し、解決できる可能性がある

管理者にとっての IPD のメリット

アトラシアン カスタマー サポートにとってのメリット

(tick)診断データがサポート zip に自動的に追加される

(tick) 解決時間を短縮し、根本原因の分析をより効率的に実施できる

(tick) 管理者とアトラシアン サポート チーム間のやり取りが減る

サポートにとっての IPD のメリット

当社が構築したツールは、次の 2 つの側面に焦点を当てています。

  • パフォーマンス: 業界標準となった Oracle 製の強力なツールJava Flight Recorder (JFR) を使用しました。JFR は既定でリリースされ、簡単かつシームレスに設定できます。

  • ヘルス モニター: 製品内で計測するヘルス モニター指標の中で、最も一般的で便利なものを選択しました。これは、アトラシアンのお客様とサポート チーム両方からのフィードバックに基づいています。

次のスクリーンショットは、このデータを内部の可視化ツールに読み込んだ場合にどのように表示されるかを示しています。すべてのヘルス モニター指標は JMX から入手できます。

Java Flight Recorder を有効化する

Jira、Confluence、Bitbucket では、Java Flight Recorder が既定で有効化されています。設定を見つけるには、[管理] に移動し、[システム] を選択して、[トラブルシューティングとサポート ツール] に移動します。

Jira では Java Flight Recorder が既定で有効になっています

JFR の詳細については、「ヘルス チェック: JFR(Java Flight Recorder)」をご覧ください。

JMX(データベース統計情報)を可視化する

JMX モニタリングと製品内診断のための製品間指標は、Data Center 製品(Jira、Confluence、Bitbucket)全体で使用されます。

実際のメトリックは次の形式で利用できます。

  • 新しい JMX MBeans として

  • 新しい IPD ログ ファイル(atlassian-jira-ipd-monitoring.log)内の JMX 値のスナップショットの履歴

ログ ファイルは、すべての既存のログ ファイルを確認できる {jira_home}\log フォルダにあります。

スクリーンショット: データベース接続プールのチェック

データベース接続プール

スクリーンショット: データベース・レイテンシーのチェック

データベース・レイテンシー

製品内診断指標の詳細については、「製品内診断のために製品間指標を解釈する」を参照してください。

JMX(ノード間統計)を可視化する

インスタンス インフラストラクチャの健全性とパフォーマンスを監視するための指標をいくつか追加しました。

  • ノード間接続ステータス

ノード接続ステータス

  • ノード間レイテンシー

ノード間レイテンシー

製品内診断指標の詳細については、「製品内診断のために製品間指標を解釈する」を参照してください。

製品固有の詳細

Jira、Confluence、Bitbucket Data Center の製品内診断に関する製品固有の情報を確認してください。


JiraConfluenceBitbucket
可用性
  • JFR: Jira 9.1 以降
  • 健全性指標: Jira 9.3 以降
  • JFR: Confluence 7.20 以降
  • 健全性指標: Confluence 8.3 以降
  • JFR: Bitbucket 8.3 以降
  • 健全性指標: Bitbucket 8.3 以降
ハイライト
  • インフラストラクチャ指標(CPUメモリなど)

  • データベース接続メトリック

  • HTTP 接続メトリック

  • メール キュー メトリック

  • インデックス作成メトリック

  • インフラストラクチャ指標(CPU、メモリなど)
  • データベース接続メトリック
  • HTTP 接続メトリック
  • メール キュー メトリック
  • インデックス作成メトリック
  • SSH connection metrics

  • Ticket metrics

  • Storage metrics

関連ドキュメント

Enabling JMX counters for performance monitoring

最終更新日: 2024 年 2 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.