Bitbucket Data Center のインストール

このガイドでは、Linux 環境で、クラスタ化ソリューションである Bitbucket Data Center のインストールを実行します。 

このガイドでは、既存のデータのない初回インストールや、Bitbucket Server の本番環境インスタンスがある場合のインストール、および Bitbucket Data Center インスタンスへの移行を考えている場合のインストールについて説明します。 


Bitbucket Data Center のその他のインストール方法

クラスタ化の要件および専門用語

Bitbucket をクラスタで実行するには、Bitbucket Data Center ライセンスを所有しているか、評価ライセンスを取得する必要があります。

このページの内容:




このガイドでは以下の用語について説明します:

  • インストール ディレクトリ - <Bitbucket インストール ディレクトリ> は、Bitbucket を単体ノードにインストールした場合のディレクトリです。
  • 共有ホームディレクトリ – <Bitbucket 共有ホーム> は、同一パス経由でクラスタのすべてのノードにアクセス可能なディレクトリです。


Bitbucket Data Center コンポーネントの要件

Bitbucket Data Center の要件」ページおよび「サポートされているプラットフォーム」ページで、一般的な Bitbucket Data Center インスタンスのコンポーネント図や、各コンポーネントの詳細な要件をご確認ください。

Bitbucket Data Center インスタンスは、それぞれ専用マシンで実行されるコンポーネントのクラスタで構成されています。

  • すべて同じバージョンの Bitbucket Data Center Web アプリケーションを実行している Bitbucket アプリケーション ノードのクラスタ。これらは仮想マシンまたは物理マシンとすることができ、クロックが同期されており (例: NTP を使用)、同一のタイムゾーンで構成され、Bitbucket クラスタ ノードの Hazelcast ポートへの接続が許可されています (デフォルト ポートは 5701)。
  • HTTP モード (Web トラフィック用) TCP モード (SSH トラフィック用) の両方をサポートし、セッション アフィニティ ("スティッキー セッション") をサポートするロード バランサ
  • すべてのクラスタ ノードで共有され、利用可能なサポート対象の外部データベース
  • 同じデータ センターに物理的に存在し、すべてのクラスタ ノードで利用可能で、シングル マウント ポイントとして NFS でアクセス可能な共有ファイル システム
  • A remote Elasticsearch instance with only one remote connection to Bitbucket. The instance may be a standalone Elasticsearch installation or a clustered installation behind a load balancer. For help installing and configuring a remote Elasticsearch instance see our how to guide


本番環境にデプロイする前に、Bitbucket Data Center のインストールを入念にテストするようにします。

使用するインストール プロセスにかかわらず、各ステップで Bitbucket Data Center インスタンスをスモーク テストするようにします。次の内容を実行します。

  • 本番環境にデプロイする前に、ステージング環境で Bitbucket Data Center をセットアップしてテストします。
  • Test Bitbucket Data Center with identical data (repositories, users, apps) to your production instance. 


Bitbucket Data Center インストールへのアクセス

インストール プロセスの最後に、Bitbucket Data Center インスタンスの URL はロード バランサの URL となるため、このマシンには DNS で Bitbucket Data Center インスタンスの名前を割り当てる必要があります。残りのマシン (Bitbucket クラスタ ノード、共有データベース、および共有ファイル システム) はユーザーがパブリックにアクセスできる必要はありません。 

はじめる前に

Before installing Bitbucket Data Center, answer the following question:

Have you familiarized yourself with the requirements of Bitbucket Data Center?

You can read all about it on Bitbucket Data Center requirements.

すでに Bitbucket Server の本番インスタンスを実行していますか?

はい、既存の Bitbucket Server の本番インスタンスを実行しています...

Bitbucket Server を最新バージョンにアップグレードする必要があります。これは以下の理由のために必要です。

  • Bitbucket Server のデータベースおよびホーム ディレクトリのレイアウトは、Bitbucket Server のリリースごとに頻繁に変更されます。最初にアップグレードすることで、本番環境の Bitbucket Server インスタンスと Bitbucket Data Center インスタンスで同一のデータ フォーマットが共有され、それらを自在に切り替えることができます。 
  • Any apps in your production instance can be verified as compatible with the latest release of Bitbucket Server (or updated if not). 
  • 単一ノードの Bitbucket Server と複数ノードの Bitbucket Data Center 間のパフォーマンスやその他の比較の信頼性が増します。 


Bitbucket Data Center のインストールを開始する方法

  1. Bitbucket Server アップグレード ガイド」の手順に従って、Bitbucket Server インスタンスを最新リリースにアップグレードします。
  2. Bitbucket Data Center ライセンスを適用します。
    1. > [ライセンス] > [ライセンスの編集] に移動して、Bitbucket Data Center ライセンスを貼り付けます。
  3. Bitbucket Server の最新バージョンにアップグレードしたら、Bitbucket を停止して、アップグレードされたインスタンスのデータベースとホーム ディレクトリをバックアップする必要があります。


本番環境の Bitbucket Server インスタンスのデータベースとホーム ディレクトリのバックアップを取得します。このために、以下を実行できます。

  • 独自の DIY バックアップ ソリューションを使用する、または
  • Bitbucket Server を停止し、データベースを手動でダンプして、ホーム ディレクトリを zip ファイルに圧縮 

これらのバックアップは、Bitbucket Data Center の共有ファイル システムおよび共有データベースのプロビジョニングに使用されます。 

最初のアプリケーション ノードへの Bitbucket Data Center のインストール

First, you'll need to install Bitbucket Data Center one node:

  1. 最新のインストーラーをダウンロードします: www.atlassian.com/software/bitbucket/download

  2. インストーラーを実行可能にします。

    手順について

    インストーラーをダウンロードしたディレクトリに移動し、次のコマンドを実行します。

    chmod +x atlassian-bitbucket-x.x.x-x64.bin

    Where x.x.x is the version you downloaded.

  3. Run the installer – we recommend using sudo to run the installer as this will create a dedicated account to run Bitbucket and allow you to run Bitbucket as a service.

    手順について

    インストーラーを実行するために sudo を使用するには、次のコマンドを実行します。 

    $ sudo ./atlassian-bitbucket-x.x.x-x64.bin

    Where x.x.x is the version you downloaded.

    root ユーザー権限でインストーラーを実行することもできます。

  4. プロンプトに従ってBitbucket をインストールします。次の情報を提供します。
    1. Type of Bitbucket instance - インストールのタイプ。この手順では [Data Center] を選択します。
    2. Installation directory - Bitbucket のインストール先。
    3. Home directory - Bitbucket のアプリケーション データの保存先。
    4. TCP ports - the HTTP connector port and control port Bitbucket will run on.

共有データベース、ファイル システム、Elasticsearch ノードのプロビジョニング

最初の Bitbucket アプリケーション ノードをインストールしたら、Bitbucket Data Center で使用する共有データベースと共有ファイル システムのプロビジョニングが必要になります。 

Step 1. Provision your shared database

共有データベース サーバーをセットアップします。 

Ensure your database is configured to allow enough concurrent connections. Bitbucket Server by default uses up to 80 connections per cluster node, which can exceed the default connection limit of some databases. For example, in PostgreSQL the default limit is usually 100 connections. If you use PostgreSQL, you may need to edit your postgresql.conf file, to increase the value of max_connections, and restart Postgres.

詳細については、「Bitbucket Server を外部データベースに接続する」を参照してください。クラスタ化されたデータベースはサポートされていないことに注意してください。

Bitbucket Data Center で MySQL を使用することはできません...

このデータベース エンジンで高負荷時に発生する可能性がある固有のデッドロックのため、現時点で、Bitbucket Data Center では MySQL をサポートしていません。現在 MySQL を使用している場合、Bitbucket Server インスタンスを Bitbucket Data Center にアップグレードする前に、データを別のサポート対象データベース (PostgreSQL など) に移行する必要があります。Bitbucket Server の管理ページのデータベースの移行機能を使用して、(スタンドアロン Bitbucket Server インスタンスで) データベースを移行できます

Step 2. Provision your shared file system

A properly resourced and configured NFS server can perform well even under very heavy load. We’ve created some recommendations for setting up and configuring your file server for optimal performance.

File server requirements

Bitbucket Data Center requires a high performance shared file system, such as a storage area network (SAN), network-attached storage (NAS), RAID server, or high-performance file server optimized for input/output.

The file system must:

  • run on a dedicated machine; avoid hosting other services on your NFS server

  • be in the same physical data center

  • be available to all Bitbucket nodes via a high-speed LAN (such as 10GB ethernet or Fibre Channel)

  • be accessible via NFS as a single mount point

  • have the NFS lock service enabled

tip/resting Created with Sketch.

For reference, our AWS Quick Start for Bitbucket Data Center deploys NFS and the Bitbucket cluster nodes on the same VPC, availability zone, and subnet.

File server user account requirements

You need to create a user account named bitbucket on the shared file system server. This user account should have read/write permissions to the shared subdirectory of the Bitbucket Server home directory.

To ensure this:

  • set bitbucket to own all files and folders in the shared subdirectory

  • create bitbucket with the user umask 0027

  • assign the same UID to bitbucket on all NFS Server and Bitbucket cluster nodes

SCM Cache plugin recommendations

Where possible, enable the SCM Cache plugin (already bundled in Bitbucket Data Center) with as much disk or SSD space on your cluster nodes as you can.

An effective SCM Cache can greatly reduce load on your shared file server. Note that the drive or partition used by the SCM Cache is local to each cluster node, not NFS mounted.

See Scaling Bitbucket Server for Continuous Integration performance for more information.

File server node recommendations

On your file server, ensure that NFS is configured with enough server processes. For example, some versions of Red Hat Enterprise Linux and CentOS have a default of 8 server processes. If you use either distribution, you may need to edit your /etc/sysconfig/nfs file, increase the value of RPCNFSDCOUNT, and restart the nfs service.

For the file server and cluster nodes, avoid kernel and NFS version combinations that are unstable or have known NFS bugs. We recommend avoiding Linux kernel versions 3.2 to 3.8.

Recommended mount options

When you provision your application cluster nodes later, we recommend using the following NFS mount options:

rw,nfsvers=3,lookupcache=pos,noatime,intr,rsize=32768,wsize=32768,_netdev

Step 4. Migrating from an existing Bitbucket Server instance (optional)

The shared subdirectory of the Bitbucket Server home directory contains all the GIT repositories, configuration data, and other important files. When migrating from an existing Bitbucket Server instance, back up shared and restore it on the new Bitbucket Data Center’s NFS file system.

The remaining subdirectories (bin, caches, export, lib, log, plugins, and tmp) contain only caches and temporary files. You don’t need to restore them.


Step 5. Provision your Elasticsearch node

Elasticsearch サーバーをセットアップするには、以下を実行します。

  1. リモート マシンに Elasticsearch をインストールします。
  2. Configure Elasticsearch's elasticsearch.yml file to work with Bitbucket Data Center.
  3. Bitbucket が Elasticsearch へのアクセスに使用するユーザー名とパスワードを使用して、Elasticsearch を保護します。最低限の HTTP 制限付きアクセスを使用します。
  4. Elasticsearch を Bitbucket に接続します。

There are detailed instructions on the page How to Install and configure a remote Elasticsearch instance to help you provision your remote Elasticsearch installation.


アプリケーション クラスタ ノードのプロビジョニング

クラスタ ノード インフラストラクチャをプロビジョニングします。Chef、Puppet、または Vagrant などの構成管理ツールを使用したり、同一の仮想マシン スナップショットをスピンアップしたりすることで、これを自動化できます。 

Step 1. Configure file share mounts

On each cluster node, mount the shared home directory as ${BITBUCKET_HOME}/shared. Note that only the ${BITBUCKET_HOME}/shared directory should be shared between cluster nodes.  All other directories, including ${BITBUCKET_HOME}, should be node-local (that is, private to each node).  

For example, suppose your Bitbucket home directory is /var/atlassian/application-data/bitbucket , and your shared home directory is available as an NFS export called bitbucket-san:/bitbucket-shared. To configure the mount on each cluster node:

  1. Add the following line to /etc/fstab on each cluster node.

    /etc/fstab
    bitbucket-san:/bitbucket-shared /var/atlassian/application-data/bitbucket/shared nfs rw,nfsvers=3,lookupcache=pos,noatime,intr,rsize=32768,wsize=32768,_netdev 0 0
  2. Mount the share on each node:

    mkdir -p /var/atlassian/application-data/bitbucket/shared
    sudo mount -a


Step 2. Synchronize system clocks

Ensure all your cluster nodes have synchronized clocks and identical timezone configuration. Here are some examples for how to do this:


RedHat Enterprise Linux または CentOS の場合:
sudo yum install ntp
sudo service ntpd start
sudo tzselect


Ubuntu Linux の場合:
sudo apt-get install ntp
sudo service ntp start
sudo dpkg-reconfigure tzdata

Step 3. Install Bitbucket Data Center on each node

On each cluster node, perform the same steps from Install Bitbucket Data Center on the first application node section.


Step 4. Start the first cluster node

Edit the file ${BITBUCKET_HOME}/shared/bitbucket.properties and add the following lines:

# Use multicast to discover cluster nodes (recommended).
hazelcast.network.multicast=true

# If your network does not support multicast, you may uncomment the following lines and substitute
# the IP addresses of some or all of your cluster nodes. (Not all of the cluster nodes have to be
# listed here but at least one of them has to be active when a new node joins.) 
#hazelcast.network.tcpip=true
#hazelcast.network.tcpip.members=192.168.0.1:5701,192.168.0.2:5701,192.168.0.3:5701

# The following should uniquely identify your cluster on the LAN. 
hazelcast.group.name=your-bitbucket-cluster
hazelcast.group.password=your-bitbucket-cluster
IPv6 環境にインストールしている場合

IPv6 環境に Bitbucket Server をインストールする場合、Hazelcast では動作に追加のシステム プロパティが必要です。

このプロパティは、ノードが IPv6 を使用して互いに通信する場合にのみ必要です。

ファイル ${BITBUCKET_INSTALL}/bin/_start-webapp.sh を編集し、以下のように JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARG 行を編集します。

JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS="-Dhazelcast.prefer.ipv4.stack=false"

行はコメント化されているため、先頭の # を削除して行を有効化します。


Using multicast to discover cluster nodes (hazelcast.network.multicast=true) is recommended, but requires all your cluster nodes to be accessible to each other via a multicast-enabled network. If your network does not support multicast then you can set  hazelcast.network.multicast=false hazelcast.network.tcpip=true, and hazelcast.network.tcpip.members to a comma-separated list of cluster nodes instead. Only enable one of hazelcast.network.tcpip or hazelcast.network.multicast, not both.

Choose a name for hazelcast.group.name and hazelcast.group.password that uniquely identifies the cluster on your LAN. If you have more than one cluster on the same LAN (for example, other Bitbucket Data Center instances or other products based on similar technology such as Confluence Data Center) then you must assign each cluster a distinct name, to prevent them from attempting to join together into a "super cluster". 

Bitbucket Server を起動します。「Bitbucket Server の開始および終了」をご参照ください。

Then go to http://<bitbucket>:7990/admin/license, and install your Bitbucket Data Center license. Restart Bitbucket Server for the change to take effect. If you need a Bitbucket Data Center license, you can purchase one that fits your needs, or, get an evaluation license.


ロード バランサのインストールと構成

You can use the load balancer of your choice, either hardware or software. Bitbucket Data Center does not bundle a load balancer. 

Step 1. Configure protocols and health checks on your load balancer

ロード バランサは 3 つのプロトコルをプロキシする必要があります。

プロトコル ロード バランサの一般的なポート Bitbucket クラスタ ノードの一般的なポート 注意
http 80 7990 HTTP mode. Session affinity ("sticky sessions") should be enabled using the 52-character BITBUCKETSESSIONID cookie.
HTTPS 443 7990 HTTP モード。ロード バランサで SSL を終了し、Bitbucket クラスタ ノードに対してプレーン HTTP を実行することを強くおすすめします。
ssh 7999 7999 TCP モード。

Your load balancer must support session affinity ("sticky sessions") using the BITBUCKETSESSIONID cookie. Bitbucket Data Center assumes that your load balancer always directs each user's requests to the same cluster node. If it does not, users may be unexpectedly logged out or lose other information that may be stored in their HTTP session.

ロード バランサを選択する場合、それは HTTP、HTTPS、TCP プロトコルをサポートしている必要があります。注意:

  • Apache では、TCP モードの負荷分散がサポートされていません
  • 1.5.0 より古い HAProxy バージョンでは、HTTPS がサポートされていません

If your load balancer supports health checks of the cluster nodes, configure it to perform a periodic HTTP GET of http:// <bitbucket>:7990/status, where <bitbucket> is the cluster node's name or IP address. This returns one of two HTTP status codes:

  • 200 OK
  • 500 Internal Server Error

クラスタ ノードが合理的な時間内に 200 OK を返さない場合、ロード バランサはそのクラスタ ノードにトラフィックを転送するべきではありません。 

You should then be able to navigate to http://<load-balancer>/, where <load-balancer> is your load balancer's name or IP address. This should take you to your Bitbucket Server front page. 

例: HAProxy ロード バランサ

使用するロード バランサが決まっていなかったり、ロード バランサに対するポリシーがなかったりする場合、人気のオープン ソースおソフトウェア ロード バランサである HAProxy を使用できます。

HAProxy を選択する場合、バージョン 1.5.0 以上を使用する必要があります。それ以前のバージョンの HAProxy では HTTPS がサポートされません。

使用している HAProxy のバージョンを確認するには、以下のコマンドを実行します。

haproxy --version

Here is an example haproxy.cfg configuration file (typically found in the location /etc/haproxy/haproxy.cfg).  This assumes:

  • Bitbucket クラスタ ノードのアドレスは 192.168.0.1 であり、デフォルト ポート 7990 (HTTP) および 7999 (SSH) でリッスンしている。 
  • You have a valid SSL certificate at /etc/cert.pem.
haproxy.cfg
global
    pidfile     /var/run/haproxy.pid
    maxconn     4000
    user        haproxy
    group       haproxy
    daemon
    tune.ssl.default-dh-param 1024
defaults
    log                     global
    option                  dontlognull
    option                  redispatch
    retries                 3
    timeout http-request    10s
    timeout queue           1m
    timeout connect         10s
    timeout client          1m
    timeout server          1m
    timeout http-keep-alive 10s
    timeout check           10s
    maxconn                 3000
    errorfile               408 /dev/null	# Workaround for Chrome 35-36 bug.  See http://blog.haproxy.com/2014/05/26/haproxy-and-http-errors-408-in-chrome/

frontend bitbucket_http_frontend
    bind *:80
    bind *:443 ssl crt /etc/cert.pem ciphers RC4-SHA:AES128-SHA:AES256-SHA
    default_backend bitbucket_http_backend

backend bitbucket_http_backend
    mode http
    option httplog
    option httpchk GET /status
    option forwardfor
    option http-server-close
    appsession BITBUCKETSESSIONID len 52 timeout 1h
    balance roundrobin
    cookie BITBUCKETSESSIONID prefix
    stick-table type string len 52 size 5M expire 30m
    stick store-response set-cookie(BITBUCKETSESSIONID)
    stick on cookie(BITBUCKETSESSIONID)
    server bitbucket01 192.168.0.1:7990 check inter 10000 rise 2 fall 5
    #server bitbucket02 192.168.0.2:7990 check inter 10000 rise 2 fall 5
    # The following "backup" servers are just here to show the startup page when all nodes are starting up
    server backup01 192.168.0.1:7990 backup
    #server backup02 192.168.0.2:7990 backup

frontend bitbucket_ssh_frontend
    bind *:7999
    default_backend bitbucket_ssh_backend
    timeout client 15m
    maxconn 50

backend bitbucket_ssh_backend
    mode tcp
    balance roundrobin
    server bitbucket01 192.168.0.1:7999 check port 7999
    #server bitbucket02 192.168.0.2:7999 check port 7999
    timeout server 15m

listen admin
    mode http
    bind *:8090
    stats enable
    stats uri /

Review the contents of the haproxy.cfg file carefully, and customize it for your environment. See http://www.haproxy.org/ for more information about installing and configuring haproxy.

Once you have configured the haproxy.cfg file, start the haproxy service.

sudo service haproxy start

You can also monitor the health of your cluster by navigating to HAProxy's statistics page at http://<load-balancer>:8090/. You should see a page similar to this:

Step 2. Configure Bitbucket for HAProxy

Bitbucket を、HAProxy と連携するように設定する必要があります。例:

<Bitbucket ホーム ディレクトリ>/shared/bitbucket.properties
server.proxy-name=bitbucket.company.com
server.proxy-port=443
server.secure=true
server.require-ssl=true


詳細については、「SSL を使用した HAProxy の背後にある Bitbucket の保護」を参照してください。

Step 3. Add a new Bitbucket application node to the cluster

新しいクラスタ ノードに移動し、Bitbucket Server を起動します。「Bitbucket Server の開始および終了」をご参照ください。

Once Bitbucket Server has started, go to https://<load-balancer>/admin/clustering. You should see a page similar to this:


Verify that the new node you have started up has successfully joined the cluster. If it does not, please check your network configuration and the ${BITBUCKET_HOME}/log/atlassian-bitbucket.log files on all nodes. If you are unable to find a reason for the node failing to join successfully, please contact Atlassian Support .


Step 4. Connect the new Bitbucket cluster node to the load balancer

独自のハードウェアまたはソフトウェア ロード バランサを使用している場合、新しい Bitbucket クラスタ ノードをロード バランサに追加する方法については、ベンダーのドキュメントを参照してください。

HAProxy を使用している場合、次の行のコメント化を解除します。

server bitbucket02 192.168.0.2:7990 check inter 10000 rise 2 fall 5
server bitbucket02 192.168.0.2:7999 check port 7999

in your haproxy.cfg file and restart haproxy:

sudo service haproxy restart

新しいノードがクラスター内にあり、リクエストを受信することを検証します。これを行うには、各ノードでログを調べ、いずれもトラフィックを受信していることを確認し、さらに、一方のノードで実行された更新をもう一方のノードで表示できるかどうかも調べます。 


おめでとうございます!

これで完了です。Bitbucket Data Center には、http://<load_balancer_IP_address>:<port> のような URL からアクセスできます。

次のステップ

本番環境に Bitbucket をセットアップする場合、次に、以下の部分を設定することをおすすめします。


大規模な組織を対象とした Bitbucket Server のセットアップの詳細については、「大規模な組織で Bitbucket Server を使用する」を参照してください。

最終更新日 2019 年 11 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.