マージされていないブランチを管理する

Bitbucket Cloud はマージされていないブランチをフィーチャー ブランチ ビューで追跡します。ユーザーはこのビューを使用して以下のいずれかを実行することで開発プロセスを管理できます。

このページの例では commitpractice リポジトリを使用しています。commitpractice を自身のアカウントにフォークして記載内容を試していただけます。

フィーチャー ブランチの一覧表示

ブランチをフィーチャー ブランチとして表示させるには、ブランチを Bitbucket のリモート リポジトリにプッシュする必要があります。フィーチャー ブランチは、マージされていないブランチのみを一覧表示します。フィーチャー ブランチを一覧表示するには、Bitbucket にログインして以下を実行します。

  1. リポジトリに移動します。
  2. ナビゲーション バーで [コミット] コンテキストを選択します。
  3. [すべて表示] をクリックします。
    メインラインにマージされていないすべてのブランチが一覧表示されます。

    日付の横のタグには、ブランチに関する情報が含まれます。上の画像では、new-feature ブランチが一覧に表示されていることがわかります。master ブランチに最近マージされた別のブランチ fix-issue-1 があることもわかります。したがって、この new-feature ブランチは 1 コミット遅れています。

フィーチャー ブランチをメイン ラインと比較する

比較機能を使用して、コード行同士の違いを確認できます。この機能では、個々のファイルと、それらのファイル内での変更を確認できます。今すぐお試しください。

  1. 公開の commitpractice リポジトリに移動します。
  2. グローバル サイドバーで + をクリックしてから、[作業を開始する] の下の [ブランチまたはタグを比較] を選択します。
  3. marysfeature ブランチを探します。
  4. このブランチで [比較] をクリックします。必要に応じて比較フィールドを変更します。Bitbucket では次のように表示されます。

    既定では、Bitbucket はブランチをメインラインの先頭と比較します。ブランチでのソースに存在しない変更が表示されます。ブランチ上にない master の変更を確認するには、[宛先の変更] および [ソースの変更] をクリックしてブランチを切り替えることができます。

ブランチをメインラインに同期する

フィーチャー ブランチが現在のブランチよりも遅れている場合は、ブランチをメインラインに同期 (マージ) できます。ブランチの同期は、ブランチにメインラインのすべての最新の変更を適用する場合などに行えます。commitpractice フォークを使用して同期を試します。

  1. サイドバーから [ブランチ] を選択します。
  2. meritOrder-feature ブランチを見つけます。
  3. [コミット] タブから、[今すぐ同期] をクリックします。
    Bitbucket は自動的にマージを試みますが、基本的なマージのみを実行します。競合が検出された場合、これらの競合をローカルで手動解決するよう求められます。Bitbucket は、競合があることを伝えます。  
  4. [ブランチの同期] ダイアログで [閉じる] をクリックします。
  5. 競合を表示するには、[差分] タブをクリックします。
  6. [マージ] ボタンをクリックします。
    Bitbucket に、ブランチをローカルでマージおよび同期する際に使用できるコマンドが表示されます。

    これらはローカル マシンで実行する際に必要な最低限のコマンドです。ファイルをマージする際には、これ以外のコマンドが必要となる場合があります。   
  7. ローカル マシンでファイルをマージします。
    この例では、フォークをローカル マシンにクローンし、次のコマンドを実行しました。

    コマンド説明
    hg checkout meritOrder-feature
    ブランチをチェックアウトする。
    hg branch
    自身が meritOrder-feature ブランチにいることを確認します。
    hg update meritOrder-feature
    変更のマージ ダイアログの推奨事項に従う。
    hg merge 6f2745a5694a 
    変更のマージ ダイアログの推奨事項に従う。ローカルのマージ ツール "Kdiff" を起動してマージを実行。
    hg commit -m "syncing to master"
    変更をコミットする。
    hg push 
    Bitbucket にプッシュする。
  8. [閉じる] をクリックします。
  9. マージされた meritOrder-feature を Bitbucket にプッシュして戻します。
    新しいフィーチャー ブランチが先頭の "手前" に表示されなくなったことがわかります。
     

ブランチをクローズまたは削除する

ブランチをクローズまたは削除すると、そのブランチにあるマージされていない変更はすべて失われます。また、そのブランチは、[ブランチ] の [ソース] 一覧に表示されなくなります。実験的に作成して不要になった、マージを行っていないブランチは、クローズすることができます。ブランチをクローズするには、次の操作を行います。

  1. サイドバーから [ブランチ] を選択します。
  2. meritOrder-feature ブランチを見つけます。
  3. 右上の [詳細] ボタンをクリックします。
  4. [ブランチの削除] を選択します。
    Bitbucket に確認ダイアログが表示されます。 
  5. [確定] を押します。
    Bitbucket はブランチをクローズし、リモート リポジトリにも表示されなくなります。
最終更新日 2018 年 7 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.