リポジトリのクローン

リポジトリをクローンすると、リポジトリがローカル マシンに同期されます。クローン後、ファイルを追加/編集してから、更新をプッシュ/プルできます。 

この記事はコマンド ラインについて説明します。コマンド ライン操作に馴染みが薄い場合、お使いのオペレーティング システムのビデオ チュートリアルをご確認ください。

Git リポジトリのクローン

Sourcetree、コマンド ラインの Git、または任意のクライアントを使用して Git リポジトリをクローンできます。以下は、ターミナルから Git を使用してリポジトリをクローンする方法の手順です。
  1. リポジトリのグローバル サイドバーで + をクリックして、[作業に取りかかりましょう] の下の [このリポジトリをクローン] を選択します
  2. clone コマンドをコピーします (SSH または HTTPS 形式)。SSH プロトコルを使用している場合、公開キーが Bitbucket に追加されていて、クローンを行うローカル システムに読み込まれていることを確認します。
  3. ターミナル ウィンドウで、リポジトリをクローンするローカル ディレクトリに移動します。
  4. Bitbucket からコピーしたコマンドを貼り付けます。以下に例を示します。

    HTTPS 経由でのクローン:
     $ git clone https://username@bitbucket.org/teamsinspace/documentation-tests.git
    SSH 経由でのクローン:
    $ git clone ssh://git@bitbucket.org:teamsinspace/documentation-tests.git

クローンが成功すると、リポジトリをクローンしたディレクトリのローカル ドライブに新しいサブディレクトリが表示されます。このディレクトリは、クローンした Bitbucket リポジトリと同じ名前になります。クローンには、ソース ファイルに加えた変更を保持するために Git が必要とする、ファイルとメタデータが含まれます。

Mercurial リポジトリのクローン

Unable to render {include} The included page could not be found.

コマンドラインから Sourcetree、TortoiseHg、Mercurial、または任意のクライアントを使用して Mercurial リポジトリをクローンできます。以下は、ターミナルで Mercurial を使用してリポジトリをクローンする方法の手順です。
  1. リポジトリのグローバル サイドバーで + をクリックして、[作業に取りかかりましょう] の下の [このリポジトリをクローン] を選択します
  2. clone コマンドをコピーします (SSH または HTTPS 形式)。SSH プロトコルを使用している場合、公開キーが Bitbucket に追加されていて、クローンを行うローカル システムに読み込まれていることを確認します。
  3. ターミナル ウィンドウで、リポジトリをクローンするローカル ディレクトリに移動します。
  4. Bitbucket からコピーしたコマンドを貼り付けます。以下に例を示します。

    HTTPS 経由でのクローン:
     $ hg clone https://username@bitbucket.org/teamsinspace/hg-documentation-tests
    SSH 経由でのクローン:
    $ hg clone ssh://hg@bitbucket.org/teamsinspace/hg-documentation-tests

クローンが成功すると、ローカル ドライブにある、リポジトリをクローンしたディレクトリに、新しいサブディレクトリが表示されます。このディレクトリは、クローンした Bitbucket リポジトリと同じ名前になります。クローンには、ソース ファイルへの変更を保持するために Mercurial が必要とする、ファイルとメタデータが含まれます。

Sourcetree を使用してリポジトリをクローンする

Git または Mercurial のどちらを使用していても、Sourcetree を使用してリポジトリをクローンできます。Sourcetree は、コマンド ラインの代わりとなる Atlassian 製のクライアントです。次の指示に従ってリポジトリをクローンします。Sourcetree をお持ちでない場合、最初にアプリケーションをダウンロードしてください

  1. リポジトリから、[Sourcetree でクローン] アイコン、ボタンの順にクリックします。
    Sourcetree が起動し、[新規クローン] ダイアログが表示されます。
  2. [クローン] ボタンをクリックします。
  3. 必要に応じて、[宛先パス] または [ブックマーク名] を更新します。
    [宛先パス] は、クローンがローカル システムに保存するフォルダです。[ブックマーク名] は、そのフォルダの名前です。
    この時点で、ダイアログは次のようになります。
  4. [クローン] をクリックします。
    Sourcetree によって、ローカル システムにフォルダが作成されます。Sourcetree を使用してリポジトリを操作できます。
    1. ブランチ リスト: Mercurial および Git ブランチの一覧です。
    2. ファイル リスト: リポジトリ内のすべてのファイルが含まれます。
    3. 操作ボタン: リポジトリを操作できます。
    4. コミット リスト: リポジトリへのコミットの一覧と各コミットの詳細が含まれます。
    5. 選択したファイル: 選択されたファイルの差分を示します。
最終更新日 2019 年 8 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.