スニペット

スニペットを使用することで、ユーザー内、チーム内、または全世界と、コード セグメントやファイルを共有できます。これは、ソフトウェアのプロフェッショナル チームのコード コラボレーションを強化する方法の 1 つです。

スニペットについて:

  • チームのコラボレーションや個人間での共有のためにビルドされます。
  • シンタックスを検出し、ドラッグ アンド ドロップを簡単に行えます。
  • Git または Mercurial 上に構築されるため、履歴を追跡したり、クローンおよびプッシュしたりできます。 
  • 複数行をサポートします。1 つのスニペットに複数のファイルを含めることができるため、1 つのスニペットだけを共有してもコンテキストが失われることはありません。
  • API サポートが提供されているため、アプリやプロセスにスニペットを組み込むことができます。

このページの内容

関連ページ

スニペットの概要

スニペットは次のように簡単に利用できます。

  1. グローバル サイドバーで +  をクリックして、[新規作成] から [スニペット] を選択します。
  2. ページにコードをペーストするか、ファイルをドラッグします。
  3. [作成先] メニューでスニペットの所有者を選択します。

    一度スニペットを保存すると、スニペットを所有するチームまたはユーザーを変更することはできません。

    スニペットの編集をほかのユーザーにも許可したい場合、所有者をチームにする必要があります。 

  4. 権限を公開または非公開に設定します。

  5. [スニペットを作成] をクリックします。

スニペットの権限

スニペットの権限は次のようになります。

スニペットの所有者設定表示できるメンバー編集できるメンバー
チームパブリックすべてのメンバーがスニペットを表示できます。

チームのすべてのメンバーがスニペットを編集できます。

スニペットの編集権限を新しいメンバーに与える場合、そのユーザーをチームに追加します。

非公開チームのメンバーのみがスニペットを表示できます。
個人アカウントパブリックすべてのメンバーがスニペットを表示できます。個々のスニペットの所有者のみがスニペットを編集できます。
非公開自身のみがスニペットを表示できます。

スニペットのクローン

スニペットをクローンしてローカルで作業し、Bitbucket Cloud にプッシュして戻すことができます。 

  1. 左側のナビゲーション メニューから [スニペット] を選択します。
  2. クローンしたい "スニペット" のタイトルを選択します。 
  3. スニペットのページの右上の [クローン] をクリックします
  4. 次の例のように cd (ディレクトリの変更) コマンドを使い、スニペットをクローンしたいディレクトリに移動します。

    cd path/to/directory
  5. クローンのリンクをターミナルにペーストします。

  6. スニペットで作業を開始します。 

スニペットのブランチをプッシュすることはできません。クローンをローカル システムにプッシュしたあとにローカルでブランチを使用することはできますが、変更をプッシュする前にマスターにマージする必要があります。マスターではなくブランチをプッシュしようとした場合、コマンドは失敗します。

最終更新日 2018 年 11 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.