課題データをエクスポートまたはインポートする

リポジトリ管理者は、Bitbucket Cloud の課題トラッカーから課題をエクスポートしたり、課題トラッカーに課題をインポートしたりすることができます。この機能は、2 つのリポジトリ間で課題を移動させる際に便利です。1 つのリポジトリから課題をエクスポートして、別のリポジトリに含めることができます。課題をインポートすると、トラッカー内の既存の課題は破棄されます。

インポートを「元に戻す」ことはできません。このため、インポートの前にエクスポート機能を利用して課題トラッカーのバックアップを作成することをお勧めします。

インポート機能は ZIP ファイルが正しい形式であることを前提としています。Bitbucket リポジトリ間で課題を移動させる場合、エクスポート機能によって正しい形式が自動生成されます。 

他の課題トラッカーからデータをインポートするようにユーティリティを記述できます。エクスポートされた Bitbucket 課題を他社の課題トラッカーへのインポート用に変換するユーティリティを記述することもできます。いずれのユーティリティを記述する場合も、「課題のインポート/エクスポート データ形式」を理解しておく必要があります。 

インポート方法 

リポジトリへの管理者アクセス権限を持つアカウントを使用して、Bitbucket Cloud にあらゆる ZIP ファイル ログをインポートできます。次に、以下の操作を実行します。

  1. リポジトリから、[設定] をクリックします。
  2. 左側のナビゲーションで [インポートとエクスポート] を選択します。
  3. アップロードするアーカイブ ファイルを選択します。
  4. [インポートの開始] を押します。
    システムに、インポートの進捗状況が表示されます。 

    一部の Mac OS やその他の UNIX ベースのシステムでは、インポートを成功させるために以下が必要となります

     db-1.0.json ファイルがアーカイブのルートにあり、サブフォルダがある場合はそれらもルートに含まれていることを確認します。一般的に、これは次のように実行されます。

    cd /path/containing/db-1.0.json
    zip -r archive-name .

     

     

エクスポート方法 

リポジトリへの管理者アクセス権限を持つアカウントを使用して Bitbucket Cloud へログインします。次に、以下の操作を実行します。

  1. リポジトリで [設定] をクリックします。
  2. 左側のナビゲーションで [インポートとエクスポート] を選択します。
  3. [エクスポートの開始] を押します。
    システムに、エクスポートの進捗状況が表示されます。エクスポートが完了すると、ダウンロード リンクを示すダイアログが表示されます。 
  4. 完成した zip ファイルをダウンロードします。
    システムは、ダウンロード ファイルへのリンクを含むメール通知も送信します。 
最終更新日 2017 年 6 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.