課題インポート/エクスポートでの日付の形式について

課題データをエクスポートまたはインポートする

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

リポジトリ管理者は課題データを Bitbucket にインポートしたり、Bitbucket からエクスポートしたりすることができます。Bitbucket は ZIP パッケージを使用してデータをエクスポート (およびインポート) します。インポートの場合、このパッケージには単一の db-2.0.json ファイルが含まれている必要があり、課題に添付ファイルがある場合はオプションの attachments ディレクトリも含んでいる必要があります。パッケージを解凍するには、zip コマンドまたは 7-zip などの GUI ユーティリティを使用します。  

$ zip -Tv bitbucket-issues.zip 
Archive: bitbucket-issues.zip
 testing: attachments/cow_small.png OK
 testing: db-2.0.json                  OK

課題トラッカーのインポート / エクスポート機能を使用して課題を Bitbucket リポジトリ同士で移動しても、課題 ID は保持されます。ただし、コメント ID は変更され、このために固定リンクも変更されます。コメント ID が変更されるのは、コメント ID は課題 ID とは異なり、リポジトリに対してローカルではないためです。 

コメントなどの一部のオブジェクトは外部キーに依存しています。インポートの間、Bitbucket は暗黙的に NULL を使用して、解決できないすべての外部キー (Bitbucket 上に存在しないコメントなど) を置き換えます。

データをエクスポートする際、Bitbucket はスパム フラグが設定された課題はエクスポートしません。サードパーティの拡張機能で作成された ZIP ファイルからデータをインポートしようとすると、Bitbucket の標準のスパム チェックが適用されます。  

db-2.0.json ファイルの例

db-2.0.json ファイルは次のオブジェクトを指定します。

以下は、db-2.0.json ファイルの一例です。

db-2.0.json
{
    "issues": [
        {
            "assignee": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
            }
            "component": null, 
            "content": "Some **issue**.", 
            "content_updated_on": "2013-03-21T03:44:04.660869+00:00", 
            "created_on": "2013-01-22T15:55:13.573339+00:00", 
            "edited_on": null, 
            "id": 1, 
            "kind": "bug", 
            "milestone": "M2", 
            "priority": "major", 
            "reporter": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
            }, 
            "status": "resolved", 
            "title": "Test", 
            "updated_on": "2013-03-21T04:26:26.733922+00:00", 
            "version": null, 
            "watchers": [
                {
                "display_name": "Dylan Etkin",
                "account_id": "<Dylan's Atlassian account id>"
                }
                {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
                }
            ],
 			"voters": [
                {
                "display_name": "Ben Nguyen",
                "account_id": "<Ben's Atlassian account id>"
                }, 
                {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
                }
            ]
        }
    ], 
    "comments": [
        {
            "content": null, 
            "created_on": "2013-01-26T01:00:55.994000+00:00", 
            "id": 388, 
            "issue": 1, 
            "updated_on": null, 
            "user": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
            }
        }, 
        {
            "content": "This is now fixed with unicode: Erik van Z\u0133st", 
            "created_on": "2013-03-21T04:26:26.749032+00:00", 
            "id": 396, 
            "issue": 1, 
            "updated_on": null, 
            "user": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
            }
        }
    ], 
    "attachments": [
        {
            "filename": "cow_small.png", 
            "issue": 1, 
            "path": "attachments/cow_small.png", 
            "user": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
            }
        }
    ], 
    "logs": [
        {
            "changed_from": "/evzijst/bitbucket/issue-attachment/1/evzijst/bitbucket/1359162055.6/1/cow_small.png", 
            "changed_to": "cow_small.png", 
            "comment": 388, 
            "created_on": "2013-01-26T01:00:55.993900+00:00", 
            "field": "attachment", 
            "issue": 1, 
            "user": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
            }
        }, 
        {
            "changed_from": "new", 
            "changed_to": "resolved", 
            "comment": 396, 
            "created_on": "2013-03-21T04:26:26.814711+00:00", 
            "field": "status", 
            "issue": 1, 
            "user": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
            }
        }
    ], 
    "meta": {
        "default_assignee": {
                "display_name": "Erik Van Zijst",
                "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
        }, 
        "default_component": "ui", 
        "default_kind": "bug", 
        "default_milestone": null, 
        "default_version": null
    }, 
    "components": [
        {
            "name": "api"
        }, 
        {
            "name": "ui"
        }
    ], 
    "milestones": [
        {
            "name": "M1"
        }, 
        {
            "name": "M2"
        }, 
        {
            "name": "M3"
        }
    ], 
    "versions": [
        {
            "name": "0.9"
        }, 
        {
            "name": "1.0"
        }
    ]
}


issues

db-2.0.json ファイルには、1 つの issues 配列が含まれます。配列には 1 つ以上の issue オブジェクトが含まれ、それぞれのオブジェクトには次のフィールドがあります。

フィールド 必須 / 非 null 最大長 説明
assignee

Bitbucket の表示名とユーザーの Atlassian account_id を含むオブジェクト値 - 例:

{
  "display_name": "Erik Van Zijst",
  "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
}

この値は null に設定できます。

component
128 コンポーネント名を含む文字列値。この値は components セクションで宣言する必要があります (例: "api")。この値は null に設定できます。
content

A string value containing the issue's description. This value can be null.

コンテンツは、課題の作成 / 編集に入力された内容と同様に、Markdown 構文で作成されていることを想定されています。ただし、 までは Bitbucket で Creole マークアップが使用されていたため、content_updated_on の日付がその日よりも前の場合、content では Creole 構文が想定されます。

content_updated_on (tick)
課題の説明の最新の変更のタイムスタンプ。ISO 8601 datetime 形式の非 null 文字列 (例: "2013-03-21T03:44:04.660869+00:00")。
created_on (tick)
ISO 8601 datetime 形式の非 null 文字列 (例: "2013-01-22T15:55:13.573339+00:00")。
edited_on

課題の説明に加えられた最新の変更のタイムスタンプ (廃止予定)。ISO 8601 datetime 形式の文字列 (例: "2013-01-22T15:55:13.573339+00:00")。この値は null に設定できます。
id (tick)
課題の識別子を表す、非 null で一意の正の整数。
kind (tick) 16

次の値のいずれかを含む非 null 文字列。

"bug""enhancement""proposal""task"
milestone
128 マイルストーン名を含む文字列値。この値は milestones セクションで宣言する必要があります (例: "M2")。この値は null に設定できます。
priority (tick) 16

次の値のいずれかを含む非 null 文字列。

"trivial"
"minor"
"major"
"critical"
"blocker"

reporter

Bitbucket の表示名とユーザーの Atlassian account_id を含むオブジェクト値 - 例:

{
  "display_name": "Erik Van Zijst",
  "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
}

この値は null に設定できます。

status (tick) 16

次の値のいずれかを含む非 null 文字列。

"new"
"open"
"resolved"
"on hold"
"invalid"
"duplicate"
"wontfix"

title (tick) 255 課題のタイトルを表す非 null 文字列。この文字列には、255 文字の制限があります。
updated_on (tick)
課題のステータスに加えられた最新の変更のタイムスタンプ。この変更には担当者からステータスまでのあらゆるものが含まれます。ISO 8601 datetime 形式の文字列 (例: "2013-04-21T03:12:04.660869+00:00")。この文字列を null に設定することはできません。
version
128 バージョン名を含む文字列値。この値は versions セクションで宣言する必要があります (例: "1.0")。この値は null に設定できます。
watchers

表示名とアカウント ID を含むオブジェクトのリスト。例えば以下のようなものがあります。

[ 
  {
    "display_name": "Erik Van Zijst",
    "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
  },
  {
    "display_name": "Rani Jaiswal",
    "account_id": "<Rani's Atlassian account id>"
  }
]

このリストは空にすることができます。

voters

表示名とアカウント ID を含むオブジェクトのリスト。例えば以下のようなものがあります。

[ 
  {
    "display_name": "Brandon Pearson",
    "account_id": "<Brandon's Atlassian account id>"
  },
  {
    "display_name": "Rani Jaiswal",
    "account_id": "<Rani's Atlassian account id>"
  }
]

このリストは空にすることができます。

コメント

db-2.0.json ファイルには、1 つの comments 配列が含まれます。配列には 1 つ以上の comment オブジェクトが含まれ、それぞれのオブジェクトには次のフィールドがあります。

フィールド 必須 / 非 null 最大長 説明
content

コメントのコンテンツを含む文字列値。この値は null に設定できます。

コンテンツは、コメントの作成時に入力された内容と同様に、Markdown 構文で作成されていることを想定されています。ただし、 までは Bitbucket で Creole マークアップが使用されていたため、content の日付がその日よりも前の場合、Creole 構文が想定されます。

created_on (tick)
ISO 8601 datetime 形式の非 null 文字列 (例: "2013-01-26T01:00:55.994000+00:00")。
id (tick)
comments 配列で一意である、非 null 整数。
issue (tick)
issues 配列内の既存の issue.id に対する外部キーを表す、非 null 整数。
updated_on

ISO 8601 datetime 形式の文字列 (例: "2013-04-21T03:12:04.660869+00:00")。この文字列は null に設定できます。
user

Bitbucket の表示名およびユーザーの Atlassian アカウント ID を含むオブジェクト値 - 例:

{
  "display_name": "Erik Van Zijst",
  "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
}

この値は null に設定できます。

attachments

db-2.0.json ファイルには、1 つの attachments 配列が含まれます。配列には 1 つ以上の attachment オブジェクトが含まれ、それぞれのオブジェクトには次のフィールドがあります。

フィールド 必須 / 非 null 最大長 説明
filename (tick) 255 課題トラッカーに表示される添付ファイルの名前である非 null 文字列 (例: ""cow_small.png"")。
issue (tick)
issues 配列内の既存の issue.id に対する外部キーを表す、非 null 整数。
path (tick)
ZIP 内のファイルの場所を含む非 null 文字列。
user

Bitbucket の表示名とユーザーの Atlassian account_id を含むオブジェクト値 - 例:

{
  "display_name": "Erik Van Zijst",
  "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
}

この値は null に設定できます。

コンポーネント

db-2.0.json ファイルには、1 つの components 配列が含まれます。配列には 1 つ以上の component オブジェクトが含まれ、それぞれのオブジェクトには 1 つの name フィールドがあります。name は一意で、非 null の文字列 (最大 128 文字) である必要があります (例: api)。

milestones

db-2.0.json ファイルには、1 つの milestones 配列が含まれます。配列には 1 つ以上の milestone オブジェクトが含まれ、それぞれのオブジェクトには 1 つの name フィールドがあります。name は一意で、非 null の文字列 (最大 128 文字) である必要があります (例: M2)。

バージョン

db-2.0.json ファイルには、1 つの versions 配列が含まれます。配列には 1 つ以上の version オブジェクトが含まれ、それぞれのオブジェクトには 1 つの name フィールドがあります。name は一意で、非 null の文字列 (最大 128 文字) である必要があります (例: 1.0)。

meta

meta オブジェクトには次のフィールドがあります。

フィールド 必須 / 非 null 最大長 説明
default_assignee

Bitbucket の表示名とユーザーの Atlassian account_id を含むオブジェクト値 - 例:

{
  "display_name": "Erik Van Zijst",
  "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
}

この値は null に設定できます。

default_component
128 コンポーネント名を含む文字列値。この値は components セクションで宣言する必要があります (例: "api")。この値は null に設定できます。
default_kind (tick) 16

次の値のいずれかを含む非 null 文字列。

"bug""enhancement""proposal""task"
default_milestone
128 マイルストーン名を含む文字列値。この値は milestones セクションで宣言する必要があります (例: "M2")。この値は null に設定できます。
default_version
128 バージョン値を含む文字列値。この値は versions セクションで宣言する必要があります (例: "1.0")。この値は null に設定できます。

logs

db-2.0.jsondb-2.0.json ファイルには、1 つの logs 配列が含まれます。配列には 1 つ以上の log オブジェクトが含まれ、それぞれのオブジェクトには次のフィールドがあります。

フィールド 必須 / 非 null 最大長 説明
changed_from
255 元の値を含む 255 文字以下の文字列 (例: "/evzijst/bitbucket/issue-attachment/1/evzijst/bitbucket/1359162055.6/1/cow_small.png")。この値は null に設定できます。
changed_to (tick) 255 新しい値を含む 255 文字以下の文字列 (例: "cow_small.png")。この値は null に設定できません。フィールドに値がないことを示す場合は空文字列を使用します。
comment (tick)
comments セクション内の comment.id に対する外部キーである、非 null 整数。
created_on (tick)
ISO 8601 datetime 形式の非 null 文字列 (例: "2013-01-22T15:55:13.573339+00:00")。
field (tick) 32 変更されたフィールドの名前を表す非 null 文字列 (例: "attachment")。この値は 32 文字を超えないようにします。
issue (tick)
issues 配列内の既存の issue.id に対する外部キーを表す、非 null 整数。
user

Bitbucket の表示名とユーザーの Atlassian account_id を含むオブジェクト値 - 例:

{
  "display_name": "Erik Van Zijst",
  "account_id": "<Erik's Atlassian account id>"
}

この値は null に設定できます。

最終更新日 2018 年 11 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.