シンタックス ハイライトと課題のマークアップについて

課題トラッカーでは、Bitbucket Cloud のコメントと同じようにシンタックス ハイライトおよびマークダウン構文を利用できます。

マークダウンのチート シート

以下の表には、最も一般的なマークダウン構文の例が含まれます。コメントの書式設定バーを使用してテキストを書式設定したり、マークダウンを直接入力したりすることができます。構文を確認したい場合、以下の例でいずれかをコピーし、Bitbucket のコメントまたは課題に貼り付けます。マークダウン構文の完全なリストについては、John Gruber の「Daring Fireball」サイトを参照してください。
見出し Paragraphs
# 見出し 1
## 見出し 2
### 見出し 3
### 見出し 4
#### 見出し 5
#### 見出し 6
それぞれの文は独立した行を持ちます。新しい行を入力するには Return を押します。

改行するには、行の最後の後に 2 つスペースを入れてから、新しい行を入力します。

これは
サンプルです
文字スタイル 番号なしリスト 番号付きリスト リスト内リスト 引用
*斜体* 
_斜体_
**太字**
__太字__
* 項目 1
* 項目 2
* 項目 3
  * 項目 2a
  * 項目 2b
  * 項目 3c
1. ステップ 1
2.ステップ 2
3.ステップ 3
  a. ステップ 2a
  b.ステップ 2b
  c.ステップ 2c
1. ステップ 1
2.ステップ 2
3.ステップ 3
  * 項目 2a
  * 項目 2b
  * 項目 3c

 

 

引用開始:
 
> Neque porro quisquam est qui 
> dolorem ipsum quia dolor sit amet, 
> consectetur, adipisci velit...
 

サブリストは 4 スペース分インデントする必要があります。

 
コード文字 外部 Web サイトへのリンク Wiki ページへのリンク
バッククォートを使用して `関数()` を表します。
 
ここには文字どおり ``バッククォート (`)`` が入ります。

 

```
バッククォートを 3 つ (または 4 スペースのインデント) 使用して、コード ブロックを呼び出します。
``` 
これは [例](http://www.slate.com/"タイトル") インライン リンクです。

[このリンク](http://example.net/) にはタイトル属性はありません。

 

 

[ホーム](ホーム)

 

 

課題で Bitbucket Cloud オブジェクトを参照する

コメント、課題、コミット メッセージから直接、Bitbucket 課題、リクエスト、およびユーザーを参照することもできます。参照を作成する際、コメント (または課題) を保存すると、Bitbucket は自動的にそのオブジェクトへのリンクを作成します。課題、プル リクエスト、コミットなどのリポジトリに関する項目の場合、Bitbucket オブジェクトへのマークダウン参照は常に現在のリポジトリを参照します。また、個別アカウントやチーム アカウントをメンションしたり、絵文字を挿入することもできます。
リポジトリ内でコメントや課題のオブジェクトにリンクする
オブジェクト 構文
プルリクエスト
pull request #PR_NUMBER



issues
issue #ISSUE_NUMBER
issue #3

commit

7-40 文字


HEX_CHARS
bb21047
リポジトリ以外のオブジェクトにリンクする
オブジェクト 構文
ユーザー (アカウント)
@USERNAME
@tutorials

絵文字

David Coffey が作成した、利用可能な絵文字のリストをご利用いただけます。 

:EMOJI:
:mask:


最後に、Jira Software や他のサービス (Jenkins など) へのリンクを作成した場合、これらの「リンカー」に対する参照を入力することもできます。リンカーの使用と作成についての詳細は、「Web サービスへのリンク」を参照してください。

最終更新日: 2015 年 9 月 7 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.