トラッカーを公開または非公開にする

リポジトリの管理権限を持つユーザーは、Bitbucket Cloud 課題トラッカーを非公開または公開に設定できます。トラッカーが公開されている場合、すべてのユーザーがそこに含まれる課題を表示、作成、または課題にコメントを追加できます。これには、Web サイトにアクセスしたユーザーで Bitbucket アカウントを持っていないユーザーも含まれます。システムはこれらのユーザーに対して CAPTCHA を使用し、彼らが機械ではないことを検証します。

Bitbucket リポジトリ、Wiki、および課題トラッカーを、それぞれ個別に公開または非公開として設定できます。例えば、リポジトリを "非公開" に設定してコードを非表示にし、Wiki や課題トラッカーは "公開" にしてユーザーがドキュメントや課題を確認できるようにすることができます。リポジトリと Wiki を公開に設定し、課題トラッカーを非公開にすることもできます。これらの設定はいつでも非公開から公開、または公開から非公開に切り替えることができます。

次のテーブルは、課題トラッカーの表示範囲の設定方法や、設定できる動作を示しています。

課題トラッカー
リポジトリ
動作
パブリック 非公開 非公開リポジトリへのアクセス権限を持つユーザーのみが課題を作成できます。それ以外の Bitbucket ユーザーやインターネット ブラウザからは、URL を公開した場合にのみ課題トラッカーにアクセスできます。
非公開 非公開 リポジトリへのアクセス権を持つ Bitbucket ユーザーのみが課題を表示、作成、および更新できます。
パブリック パブリック すべての Bitbucket ユーザーがリポジトリを検索し、課題を表示および作成できます。それ以外の Bitbucket ユーザーやインターネット ブラウザからは、URL を公開した場合にのみ課題を表示、作成、および更新できます。
非公開 パブリック リポジトリへのアクセス権を持つ Bitbucket ユーザーのみが課題を表示、作成、および更新できます。

非公開 / 公開の設定

  1. リポジトリで [設定] をクリックします。
  2. [課題トラッカー] を選択します。
  3. 課題トラッカーでプライバシー設定を選択するか、[課題トラッカーなし] を選択します。
  4. 保存をクリックします。

課題トラッカーへの機能の追加をご希望の場合

課題トラッカーに新しい機能をリクエストしたい場合、Bitbucket Cloud 課題トラッカー自体を使用できます。例えば、多くのユーザーが、課題の読み取り / 書き込みまたは管理のための特定の権限をユーザー グループに付与できる機能を求めています。これについては次のリンクから投票できます:  Allow admins to specify read/write/admin permissions for wiki and issue tracker separate from repository (BB-1166)。

アトラシアンの課題トラッカーで、オープンおよび新規の課題トラッカーの課題の一覧をご確認ください。

関連トピック

リポジトリへのアクセス権をユーザーとグループに付与する

最終更新日 2017 年 6 月 28 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.