Jira 8.0 への準備

このドキュメントでは、既存のアドオンの Jira 8.0 との互換性を確認したい Jira 開発者向けの情報をご案内します。Jira 8. 0はプラットフォーム リリースであるため、大幅な変更を含みます。 

概要

Latest version

ここでは最新の EAP についての情報をご案内します。

アプリケーション / 日付 EAP 番号 バージョン (Maven) ダウンロード

Jira Core/Software

GA release (see release notes) 8.0.0-m0035

GA release | Source files

Jira Service Desk

 

GA release (see release notes) 4.0.0-m0035 GA release

すべての変更と EAP

ここでは、変更の概要と、それらが実装されている EAP 単位での変更の詳細情報を案内します。

変更の概要

このセクションでは、Jira 8.0 で導入予定の変更の概要について紹介します。アドオンへの影響の検討にお役立てください。変更の準備が整って実装が完了したら、実装のタイミングとマイルストーンを更新します。 

Lucene ライブラリのアップグレード

ステータス: 実装済み  (詳細については EAP 1EAP 6 を参照)

Jira でのインデックス作成や検索に使用される Lucene のバージョンを、3.3 から 7. 3 にアップグレードします。 

PostgreSQL 9.3 のサポート終了

ステータス: 実装済み 

PostgreSQL 9.3はすでに Jira 7.12 で非推奨としていましたが、Jira 8.0 でサポート対象外となります。詳細についてはこちらの告知をご参照ください。

MySQL 5.5 のサポートの終了

ステータス: 実装済み 

Jira 8.0 では MySQL 5.5 データベースのサポートを終了します。MySQL 5.5 を引き続き使用することはできますが、Jira の公式のサポート対象にはなりません。詳細についてはこちらの告知をご参照ください。

atlassian.fugue のサポート終了 (Jira Service Desk)

ステータス: 実装済み 

Jira Service Desk 3.15 で非推奨としていた com.atlassian.fugue を完全に削除し、代わりに Core Java Data タイプおよび Exception を使用するように API を更新します。詳細についてはこちらの告知をご参照ください。 

Jira プラットフォームのアップグレード

ステータス: 実装済み  (詳細については EAP 2EAP 7 を参照)

We will upgrade all the platform components used in Jira, libraries, maven plugins, and Jira plugins. We will also get Jira to run on Java 11.

Known issue: Jira doesn’t work with Java 11.0.2. If you want to use Java 11, choose the 11.0.1 version.

moment.js のアップグレード

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 2 を参照)

moment.js を 2.6 から 2.22.2 にアップグレードします。

ContainerProvider SPI の廃止 

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 2 を参照)

Jira の内部および公開コンポーネントで Pico コンテナをカスタマイズするために提供していた、com.atlassian.jira.component.pico.extension.ContainerProvider インターフェイスを廃止しました。 

ComponentManager の移動

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 2 を参照)

パッケージ構造の改善のため、jira-core アーティファクトの ComponentManager クラスを com.atlassian.jira パッケージから com.atlassian.jira.component.pico パッケージに移動させました。このタイプを使用しているプラグインでは新しい場所からインポートを行う必要があります。ただし、次の点にご注意ください。

  • プラグインでは ComponentManager の代わりに jira-api モジュールの ComponentAccessor を使用することをおすすめします。
  • jira-core Maven アーティファクトは API ではないため、Jira チームで予告なく変更する可能性があります。このため、これに依存するプラグインを作成することは推奨されません。

MySQL での utf8mb4 のサポート

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 4 を参照)

MySQL 5.7 用の新しい設定を追加し、4 バイト文字を使用できるようにしました。 

JS グローバル オブジェクトの非推奨

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 4 を参照)

JS のグローバル オブジェクトは非推奨となり、Jira 8.x のいずれかのリリースで廃止予定です。これらは AMD モジュールで置き換えられます。現在、同等の AMD モジュールを持つすべてのグローバル オブジェクトは、そのモジュールに対するエイリアスとして独立してインスタンス化されています。同等のモジュールを確認するには、各グローバル オブジェクトについて Jira のコードをご確認ください。8.x バージョンでグローバル オブジェクトの特定のサブセットが削除されたら、削除済みのグローバル オブジェクトとそれらに対応する AMD モジュールの名前の一覧を含む、詳細な移行ドキュメントをご案内します。詳細については、「グローバル オブジェクトから AMD への移行」をご参照ください。

jQuery のアップグレード

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 4 を参照)

jQuery を 1.7.2 から 2.2.4 にアップグレードしました。新しいバージョンには 2 個のセキュリティ パッチと、アップグレードを簡易化するための移行プラグイン 1.4.1が含まれます。詳細については「jQuery のアップグレード」をご参照ください。

Apache Tomcat のアップグレード

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 4 を参照)

Tomcat をバージョン 8.5.32 にアップグレードしました。これにより、Jira 8.0 へのアップグレード時にいくつかの変更が必要になる可能性があります。 

スクラム / カンバン ボードとバックログの新しいルック アンド フィール

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 4 を参照)

Jira 7.10 で導入されたルック アンド フィールの変更を、スクラムおよびカンバン ボードとバックログにも適用しています。

バックログの一部で skate.js リスナーを無効化 - HTML マークアップの変更

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 4 を参照)

ロード時間の削減のため、エピック、バージョン、および課題の一覧でskate.js リスナーを無効化することを決定しました。これは次のクラスに影響します: ghx-version-column, ghx-epic-column, js-issue-list.

gh-rapid コンテキストの削除

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 5 を参照)

プラグインで <context>gh-rapid</context> を使用することができなくなります。Jira 8.0 では、gh-rapid-plan (アジャイル バックログ、カンプラン)、gh-rapid-work (スクラム / カンバン ボード)、gh-rapid-report (レポート) のコンテキストを導入しました。

Atlassian User Interface (AUI) のアップグレード

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 6 を参照)

Atlassian User Interface (AUI) を 8.0 にアップグレードしました。変更内容の詳細については、「Atlassian User Interface のアップグレード」をご参照ください。

カスタム インデックス パスのサポートの終了

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 7 を参照)

Jira 4.2 で、カスタム インデックス パスのロックを行い、お客様には既定のみを使用するように切り替えることをお願いしました。このバージョンで、カスタム インデックス パスのサポートを終了します。カスタム インデックス ディレクトリを引き続き使用するお客様は、既定のものに自動的に移行されます。 

インデックス パスの変更

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 7 を参照)

インデックス パスを $JIRA_HOME/caches/indexes から $JIRA_HOME/caches/indexesV1 に変更しました。Jira は起動時に古いインデックスを削除します。新しいインデックスを作成するには、Jira の再インデックスを行う必要があります。 

スクラム バックログのスティッキー スプリント ヘッダーへの変更 

ステータス: 実装済み (詳細については EAP 7 を参照)

スクラム バックログでのスティッキー スプリント ヘッダーを既定で有効化するようにしました。この機能は、Jira をInternet Explorer 11 で開いたときには利用できません。

新しいデータベース インデックス & サポートされるページ サイズ

スティッキー: 実装済み (詳細についてはベータを参照)

データベースのパフォーマンスの改善のため、いくつかのテーブルのインデックスのサイズを拡張し、他のいくつかのインデックスを削除しました。このようなインデックスのキーには列が追加されているため、ページ サイズ (MySQL) またはブロック サイズ (PostgreSQL および Oracle) が既定値よりも小さく変更されているデータベースではうまく動作しない可能性があります。また、これらのテーブルでのインデックスの削除も行いました。

Jira needs memory

スティッキー: 実装済み (詳細についてはベータを参照)

Jira 7.x は、768 MB での評価でも問題なく動作していました。Jira 8.0 と新しい Lucene インデックスが適切に動作するには、2048 MB のメモリが必要です。また、JIra 8.x で任意の新しいビルド / 自動実行 / 構成を行うと、最小でも 2 GB のヒープが使用されます。

32 bit のシステムでアーカイブを使用して手動で Jira をインストール / アップグレードする場合、Jira で使用可能な最大ヒープ サイズを減らす必要があります。64 bit システムでの Jira 8.0 用の既定値は 2 GB ですが、これは 32 bit システムに対しては大きすぎる値であり、利用可能なメモリ量を圧迫する可能性があります。

Changes coming in Jira 8.0.1:

Changes coming in Jira 8.0.1 are not breaking changes, but they might affect your apps.

Column headers limited to one line

Column headers will be limited to one line, containing the column name (shortened with ellipsis), and column constraints (min. and max. issues, if enabled).

See before and after...
Before Jira 8.0.1

New avatars

We're updating project and user avatars.

User avatars:

  • updating colors to match our Design guidelines.

Project avatars:

  • switching from round avatars to rounded square avatars
  • updating colors to match our Design guidelines.

See before and after...

Here are some examples of what the changes will look like.


Before Jira 8.0.1
Project avatars

User avatars

変更の実装内容

このセクションでは、実装済みの変更の詳細について、それらが最初に提供された EAP ごとに紹介します。使用する EAP の判断にご利用ください。 


リリース候補

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software リリース候補 8.0.0-m0033

EAP | ソース ファイル

Jira Service Desk

 

リリース候補 4.0.0-m0034 EAP


重要な注意事項

    • リリース候補版は機能面で、当社が Jira Core/Software 8.0 および Jira Service Desk 4.0 としてリリースを予定しているものに近いバージョンです。

    • 最新の Jira API はこちらで確認できます。

このマイルストーンでの変更

    • リリース候補版には主にバグ修正が含まれます。たとえば、ユーザーがボード バックログでバージョンに対して作業した後に生じていた JS エラーを修正しました。また、修正を行い、URL を含むテキスト フィールドの検索を可能にしました。 
    • 一部の Jira プラグインをアップグレードして、 AUI 8 との互換性を持たせました。該当するプラグインは、UPM プラグインや jira-admin-helper-plugin などです。
    • DATA CENTER 大規模なインデックス (8 GB 超) で、Jira がノード間でインデックス スナップショットをコピーできることを確認するためのテストを行いました。 
    • 前提条件のテストを行い、Jira が正しく動作するにはメモリの増量が必要であることを確認しました。詳細についてはこちらをお読みください。

ベータ

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software ベータ 8.0.0-m0030

EAP | ソース ファイル

Jira Service Desk

 

ベータ 4.0.0-m0031
EAP

重要な注意事項

    • ベータ版は機能面で、当社が Jira 8.0 および Jira Service Desk 4.0 としてリリースを予定しているものに近いバージョンです。

このマイルストーンでの変更

Jira プラットフォームのアップグレード

Jira プラットフォームのアップグレードを完成させるために、最後の微調整を行ないました。変更点の完全な一覧については、「Java 11 および Jira プラットフォーム アップグレード」を参照してください

新しいデータベース インデックス & サポートされるページ サイズ

データベースのパフォーマンスの向上のため、いくつかのテーブルでインデックスのサイズを拡張しました。このようなインデックスのキーにはいくつかの列が追加されたため、ページ サイズ (MySQL) またはブロック サイズ (PostgreSQL および Oracle) が初期設定値よりも小さく変更されているデータベースでは正しく動作しない可能性があります。また、これらのテーブルで一部のインデックスの削除も行いました。

以下は、変更したテーブルです。

  • propertyentry
  • entity_property
  • changegroup
  • changeitem
  • configurationcontext

ベータ版の機能

ベータ版には 8.0 リリースで予定しているほとんどの機能が組み込まれています。一覧で Jira の変更点をご確認ください。「8.0 ベータ版リリース ノート」を参照してください。

EAP 8

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP08-fixed 8.0.0-m0025

EAP | ソース ファイル

Jira Service Desk

 

EAP08 4.0.0-m0029 EAP


重要な注意事項

    • EAP 08 での予期せぬ問題を受け、新しいバージョン 8.0.0-EAP08-fixed をリリースしました。

    • このマイルストーンには、Jira Service Desk のみを対象とした重大な変更が含まれています

このマイルストーンでの変更

Jira Service Desk の自動化 API および SPI から Fugue を削除

自動化 API および SPI から com.atlassian.fugue を削除し、代わりに Core Java Data タイプと Exceptions を使用するように更新しました。自動化固有のスクリプト、連携、またはアプリがある場合は、新しい API および SPI を使用するように更新する必要があります。

Jira プラットフォームのアップグレード

Spring ライブラリといくつかの Jira プラットフォーム コンポーネントを更新しました。変更点の完全な一覧については、「Java 11 および Jira プラットフォーム アップグレード」を参照してください

インデックス再作成のオプトアウト

Jira 8.0 は互換性のない古いインデックスを自動的に削除し、起動時に完全なインデックス再作成を開始します。各プラグインのアップグレードではインデックス再作成が追加で必要になるため、プラグインをアップグレードするまでは再インデックスを中止することもできます。自動インデックス再作成を中止する手順についてはこちらをご確認ください。 

EAP 7

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP07 8.0.0-m0021

EAP | ソース ファイル

Jira Service Desk 8.0.0-EAP07 4.0.0-m0022 EAP

重要な注意事項

    • この EAP にはすべての重大な変更が含まれています。

このマイルストーンでの変更

Jira プラットフォームに対する最新の重大な変更

Jira を新しい Fugue に移行しました。また、 Guava のアップグレード、および多くのプラットフォーム コンポーネントの更新も行いました。これらの変更は API のいくつかの部分に影響を与えています。すべての重大な変更の最新バージョンについては、「Java 11 と Jira プラットフォームのアップグレード」を参照してください

カスタム インデックス パスのサポートの終了

Jira はjira.path.index.use.default.directory および jira.path.index プロパティに依存しなくなり、既定のインデックス ルート パスを常に使用するようになります。

com.atlassian.jira.config.util.IndexPathManager#Mode enum を削除しました。これはさまざまなインデックス パス モードを表していました。変更後はこのクラスを維持する必要がなくなり、indexPathManager は常に DEFAULT を使用します。

次のメソッドは  com.atlassian.jira.config.util.IndexPathManager: から削除されました。

    • String getDefaultIndexRootPath(); String getIndexRootPath () を使用してください。

    • void setIndexRootPath(String indexPath);

    • void setUseDefaultDirectory();

    • boolean getUseDefaultDirectory();

    • Mode getMode() 、これは常に DEFAULT  モードであると見なすことができます。

次のメソッドは  com.atlassian.jira.config.util.IndexPathService: から削除されました。

    • void setIndexRootPath(JiraServiceContext serviceContext, String indexPath);

    • void setUseDefaultDirectory(JiraServiceContext serviceContext);

次のフィールドは  com.atlassian.jira.config.properties.APKeys から削除されました。

    • String JIRA_PATH_INDEX_USE_DEFAULT_DIRECTORY

    • String JIRA_PATH_INDEX

メール通知のバッチ処理

この機能は重大な変更は含みませんが、課題に加えられた変更について Jira がユーザーに通知する方法を変更しています。詳細については、「メール通知のバッチ処理」を参照してください。

スクラム バックログのスティッキー スプリント ヘッダーへの変更

スクラム バックログでのスティッキー スプリント ヘッダーを既定で有効化するようにしました。この機能に関連するエラーを長期にわたって修正してきていますが、無効化する必要性は確認しておりません。ただし、これは必要に応じて無効化できます (  > [アプリケーション] > [Jira Software 構成])。スティッキー スプリント ヘッダーは、Internet Explorer 11 で Jira を実行している場合は利用できません。

(info) スティッキー スプリント ヘッダーは、EAP 4 から EAP 6 では削除されていましたが、EAP 7 で戻されました。

EAP 6

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP06 8.0.0-m0015

ソース ファイル

Jira Service Desk 4.0.0-EAP06 4.0.0-m0019
EAP

このマイルストーンでの変更

Atlassian User Interface (AUI) のアップグレード

Atlassian User Interface (AUI) を 8.0 にアップグレードしました。変更内容の詳細については、「Atlassian User Interface のアップグレード」をご参照ください。

Lucene に対する最後の重大な変更

SearchQuery クラスに変更を加えました。以降は Lucene ライブラリへの変更予定はありません。詳細は、「Lucene のアップグレード」を参照してください。 

EAP 5

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP05 8.0.0-m0014

ソース ファイル

Jira Service Desk なし なし
-

重要な注意事項

このマイルストーンでの変更

プラットフォームと Java 11 に関連するその他の変更

Jira プラットフォーム コンポーネントと Java フレームワークおよびライブラリを部分的にアップグレードしました。新しい atlassian-util-concurrent ライブラリへの移行も実施しました。EAP マイルストーン 06 では引き続きプラットフォームへの変更を行う予定です。これまでにアップグレードが完了しているものの詳細については、「 Java 11 と Jira プラットフォームのアップグレード」を参照してください

EAP 4

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP04 8.0.0-m0012

ソース ファイル

Jira Service Desk 4.0.0-EAP04 4.0.0-m0017 -

重要な注意事項

    • Jira Service Desk では、Java API での新しい例外タイプの使用に影響を及ぼしていた問題を修正しました。詳細については、Developer Community のスレッド をお読みください。
    • Apache Tomcat のアップグレードを受けて、当社は新しいプロパティを server.xml ファイルに追加しました。このマイルストーンを最初からインストールする場合、すぐに使える新しいプロパティが組み込まれたファイルにより、簡単に利用を開始できます。一方、アップグレードを行う場合は、古い server.xml ファイルを新しいインストールにコピーしないように注意し、このナレッジベース記事で説明されているように新しいプロパティを手動で追加します 

このマイルストーンでの変更

JS グローバル オブジェクトの廃止予定について

JS グローバル オブジェクトは非推奨となり、Jira 8.x のいずれかのリリースで廃止予定です。これらは AMD モジュールに置き換えられます。詳細については、グローバル オブジェクトから AMD への移行」を参照してください

Lucene に対するその他の変更

Jira コードと jira-lucene-dmz artifact に対していくつかの変更を加えました。「Lucene のアップグレード」を参照してください

Apache Commons IO のアップグレード

Apache Commons IO を 2.6 にアップグレードしました。Java 11 と Jira プラットフォームのアップグレード」を参照してください

MySQL 5.7 で 4 バイト文字に対応

MySQL 5.7 用の新しい設定を追加し、4 バイト文字を使用できるようにしました。次のセクションを展開し、MySQL のセットアップ方法の詳細をご確認ください。

MySQL 5.7 を構成して 4 バイト文字を使用できるようにする方法...
The following steps are only an excerpt with changes to the previous MySQL configuration, and don't contain all required steps. You should follow them together with Connecting Jira to MySQL .


    1. MySQL でデータベースを作成し、文字セットを utf8mb4 と指定します。次のコマンドを使用できます。

      CREATE DATABASE jiradb CHARACTER SET utf8mb4 COLLATE utf8mb4_bin;
    2. MySQL サーバーの my.cnf ファイル (Windows OS では my.ini) を編集します。
    3. ファイルで [mysqld] セクションを見つけ、次のパラメータを追加あるいは修正します。
      • デフォルトのストレージエンジンを InnoDB に設定します:

        [mysqld]
        ...
        default-storage-engine=INNODB
        ...
      • データベース サーバーが使用する文字セットを指定します。

        [mysqld]
        ...
        character_set_server=utf8mb4
        ...
      • 初期設定の行形式を DYNAMIC に設定します。

        [mysqld]
        ...
        innodb_default_row_format=DYNAMIC
        ...
      • large プレフィックスを有効にします。

        [mysqld]
        ...
        innodb_large_prefix=ON
        ...
      • InnoDB ファイル形式を Barracuda に設定します。

        [mysqld]
        ...
        innodb_file_format=Barracuda
        ...
      • innodb_log_file_size の値が 2 GB 以上になるように指定します。

        [mysqld]
        ...
        innodb_log_file_size=2G
        ...
      • sql_mode パラメーターが NO_AUTO_VALUE_ON_ZERO に指定されていないことを確認します。

        // remove this if it exists
        sql_mode = NO_AUTO_VALUE_ON_ZERO
    1. あとで Jira を MySQL データベースに接続する際、[Database Type] を [MySQL 5.7+] に設定します。

jQuery のアップグレード

JQuery のアップグレードが完了しました! 「jQuery のアップグレード」を参照してください。 

新しいルック アンド フィール

スクラムおよびカンバンのボードおよびバックログに新しいルック アンド フィールを採用しています。「ルック アンド フィールを参照してください

EAP 3

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP03 8.0.0-m0007

ソース ファイル

Jira Service Desk 4.0.0-EAP03
4.0.0-m0010 -

重要な注意事項

    • Development Integrations プラグインは EAP 3 では動作しません。

このマイルストーンでの変更

    • We’ve done some more work on Windows batch scripts to allow Jira to start as a Windows service on Java 11.
    • We've also decided to share the Jira 8.0 EAP source files, so you can have better insights into the changes we're releasing. The source files for this EAP, and the previous ones, are available here.

EAP 2

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP02 8.0.0-m005

ソース ファイル

Jira Service Desk なし なし
-

重要な注意事項

    • Development Integrations プラグインは EAP 2 では動作しません。

このマイルストーンでの変更

Upgrade to Java 11

Jira 8.0 は Oracle JDK 8 および OpenJDK 11 で動作します。この EAP マイルストーンでは OpenJDK 11-ea で Jira 8.0 を実行できます。ただし、ビルドは現在も今後も Java 8 で行われます。したがって、近日中に公開されるリリースでは、Java 11 の諸機能はソース コードではサポートされません。 この EAP マイルストーンは、Oracle JDK 8 と OpenJDK 11-ea の両方でテストしました。実行済みの Java 11 のテスト範囲は現時点では限定されていますが、近日中に公開するマイルストーンではテスト範囲を拡大していく予定です。このマイルストーンでは、API と一部のコンポーネントを変更しました。詳細は、「Java 11 と Jira プラットフォームのアップグレード」を参照してください。今後の変更では、Guava ライブラリのアップグレード、commons-lang のアップグレード、およびプラットフォーム コンポーネントのアップグレードを予定しています。これらは今後のマイルストーンで行われる予定です。

Moment.js

We have upgraded moment.js from 2.6 to 2.22.2 in Jira 8.0. If you use our moment, check if any of the 4 incompatible changes affect you.

More Lucene upgrade changes

We've made considerable alterations to the API. For all the details, see Lucene upgrade. There are further changes to come in the next EAP milestones, so look out for updates. 

ContainerProvider  SPI の廃止 

この SPI は Jira 4.3 で非推奨になっており (こちらで発表済み)、完全に廃止されました。この廃止により、Jira チームは代替の (サポート対象である) 依存性の注入フレームワークに注力します。Jira の内部コンポーネントを置き換える場合 (これは jira-core で ContainerProvider SPI を使用することで可能)、このページを参照してください。

ComponentManager の移動

パッケージ構造の改善のため、jira-core アーティファクトの ComponentManager クラスを com.atlassian.jira パッケージから com.atlassian.jira.component.pico パッケージに移動させました。このタイプを使用しているプラグインでは新しい場所からインポートを行う必要があります。ただし、以下に注意してください。

    • プラグインでは ComponentManager の代わりに jira-api モジュールの ComponentAccessor を使用することをおすすめします。
    • プラグインは、jira-core Maven アーティファクト内の要素には一般に依存しません。これは非 API であるためであり、Jira チームによって予告なく変更される可能性があります。

EAP 1

リリース日:  

アプリ バージョン (ダウンロード) バージョン (Maven) ダウンロード
Jira Core/Software 8.0.0-EAP01 8.0.0-m0001

ソース ファイル

Jira Service Desk 4.0.0-EAP01
4.0.0-m0009 -

重要な注意事項

    • Development Integrations プラグインは EAP 1 では動作しません。
    • 当社では引き続きパフォーマンスの問題に取り組んでいます。これは EAP 2 のスコープに含める予定です。

このマイルストーンでの変更

Lucene のアップグレード

Some changes related to the Lucene upgrade are available in this milestone. For all the changes, see Lucene upgrade. We'll be updating this page as the development progresses.

最終更新日 2019 年 5 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.