アップグレード後の自動再インデックスを無効化する方法

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

この記事はアトラシアンのサーバー製品にのみ適用されます。クラウドとサーバー製品の違いについてはこちらをご確認ください。

問題

Jira をアップグレードすると、再インデックスが自動的に実行されます。ダウンタイムを最小限に抑えたい大規模な組織の場合、これが重大な問題になり、回避策が必要な場合があります。

ソリューション

JRASERVER-65568 のため、この回避策は Jira 7.3.0 より前のバージョンと 8.0+ でのみ動作します。

  1. Edit or create <jira-home>/jira-config.propertiesEdit the jira-config.properties file in Jira server.
  2. upgrade.reindex.allowed=false 行を追加します。
  3. 所要時間をさらに削減したい場合、jira.autoexport=false 行を追加して、アップグレード プロセスの一環として生成される自動エクスポートを無効化することもできます。
  4. アップグレード前に Jira を再起動し、プロパティが反映されていることを確認します。 

After your upgrade, you may encounter a persistent "While upgrading Jira an upgrade task made changes that require reindexing" message while automatic reindexing on upgrades is disabled.

If you do, once your upgrade(s) are complete, remove the "upgrade.reindex.allowed=false" variable and restart Jira.

最終更新日: 2019 年 9 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.