Enterprise 製品の請求を管理する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex

お客様のビジネスの段階に適した機能と操作を選択できるように、Jira 製品と Confluence 向けに複数のプランを提供しています。これらのプランの 1 つに、お客様の組織のために最高レベルのセキュリティ、コントロール、柔軟性を備えた Enterprise 製品があります。Enterprise プランの利用を開始する方法をご確認いただくには、お問い合わせフォームに入力してください。Atlassian のチームが折り返しご連絡いたします。

Enterprise プランを他のプランと比較

Enterprise プランは Jira Software、Jira Service Management、および Confluence で利用可能です。Standard プランおよび Premium プランと比較すると、Enterprise プランのお支払い方法は異なります。


Standard / Premium プランEnterprise プラン

プランの詳細

インスタンスごとに 1 つのプラン

Jira Software、Jira Service Desk、Confluence の各インスタンスに対し 1 つのプラン

Enterprise 製品の全インスタンスごとに 1 つのプラン

Jira Software Enterprise のすべてのインスタンスに 1 つのプラン、Jira Service Management Enterprise のすべてのインスタンスに 1 つのプラン、Confluence Enterprise のすべてのインスタンスに 1 つのプラン

ユーザーへの支払い方法

プランごとに ユーザーあたり

各プランに製品インスタンスが 1 つ含まれる

プランごとに ユーザーあたり

各プランに 1 つの製品の全インスタンスが含まれる

請求

組織に Standard プランや Premium プランの製品が多数ある場合、同じユーザーに対して支払いが複数回発生する場合があります

組織に 1 つの Enterprise 製品のインスタンスを無制限に追加でき、同じ製品の複数のインスタンスにアクセスする場合は、ユーザーに対して 1 回のみ支払いが生じます

お支払いの頻度

月払いまたは年払い

年間

Enterprise プランの請求の入手先

現在、admin.atlassian.com からは Enterprise の請求を確認できません。組織の請求ページ ([請求] > [Atlassian Access]) では、Atlassian Access の請求のみ確認できます

Enterprise 製品を購読すると、組織の技術担当者と請求担当者に Enterprise 請求の請求書が送られます。

Enterprise の請求を確認するには、いずれかの担当者に問い合わせてください。連絡先は、[請求] > [Atlassian Access] > [請求の詳細] から確認できます。請求のコピーが必要な場合は、アトラシアンにご連絡いただくこともできます。

Enterprise 製品利用時の請求について

多くの場合、請求が複数になります。請求の一部はサイト、その他の請求は組織に含まれます。


請求先

請求に含まれるもの

Enterprise プラン

組織

Enterprise 製品はサイトと関連付けられますが、その製品の請求は組織と関連付けられます。

Enterprise の請求には、Jira Software Enterprise プラン、Jira Service Management Enterprise プラン、および Confluence Enterprise プランといった最大 3つのプランの支払いが含まれます

Standard プランと Premium プラン

サイト

サイトの請求には、そのサイトと関連付けられている Standard および Premium 製品すべての支払いが含まれています。

Marketplace アプリ

サイト

アプリを Enterprise 製品に追加すると、Enterprise への請求には追加されず、その製品に関連付けられたサイトに追加されて請求が行われます。

サイトの請求には、Enterprise 製品へのアクセス権を持つユーザー数に応じたアプリの支払いが含まれます。

Atlassian Access

組織

Enterprise 製品にアクセスできるユーザーは、Atlassian Access の請求書には加算されません。他の製品にアクセスできる他のすべてのユーザーは、Access の請求書に加算されます。

Enterprise 製品を使用する組織の請求例

組織が Acme Inc. と呼ばれ、3 サイトと Atlassian Access サブスクリプションがあるとします

この場合、組織に対して 2 件、サイトに対して 3 件、計 5 件の請求書があります。

Enterprise 請求書

組織に対する 2 件の請求のうち 1 件は Enterprise 製品、もう 1 件は Atlassian Access に対する請求です。この Enterprise 請求を見ると、アクセスした Jira Software Enterprise のインスタンスの数にかかわらず、支払いは各ユーザーに対して 1 回であることが分かります。Confluence Enterprise でも同じです。

Atlassian Access の請求

この組織では、全体で 10,000 人の Enterprise ユーザーがおり、そのうち8,000 人の Jira Software Enterprise ユーザーが 10,000 人のユーザーの一部であり、Confluence Enterprise へのアクセス権を持つと仮定しています。この Atlassian Access の請求書を見ると、これらのユーザーではなく、Enterprise 製品にアクセスしない 2,000 人のユーザーに対してのみ料金が発生していることが分かります。

サイト請求書

この組織には、Enterprise の製品のみを使用するサイトが 2 つあります。両方の請求に Enterprise 製品が記載されていますが、これらの製品に対する支払いは含まれていません。Enterprise 製品の 1 つ – acme.atlassian.com のサイト請求書に記載 – でアプリが使用されていますが、これはサイト請求書に含まれています。

この組織には、1 つの Enterprise 製品および 1 つの Premium 製品を使用するサイトがあります。Enterprise 製品とは異なり、Premium 製品はサイト請求に含まれます。

Enterprise プランにアップグレードまたは追加

Enterprise プランにアップグレードまたは追加するお勧めの方法を 3 つ用意しました。

既存の製品のプランを Enterprise プランに変更

お問い合わせフォームに入力してください、Atlassian チームが折り返しご連絡いたします。アップグレード後、更新された Enterprise 請求書と新しいサイト請求書が届きます。

ご利用の Enterprise プランに新製品を追加

Enterprise プランに 1 つ以上の製品がある際は、その製品の新しいインスタンスを同じプランに追加できます。admin.atlassian.com にアクセスして、新しいサイトに新しい製品を追加します。製品の上に、現在のプランに追加されることを示す「Enterprise」が表示されます。

アップグレード後、更新された Enterprise 請求書と、アプリをインストールした場合に限り新しいサイト請求書を受け取ります。

Enterprise 製品のユーザー階層を引き上げ

Atlassian は、ご使用中の Enterprise 製品へのアクセス権を持つユーザーの数を定期的に確認しています。ユーザー数がユーザー階層を上回った場合は、階層のアップグレート方法やユーザー数の削減方法に関するメールが届きます。

アップグレード後、新しい Enterprise 請求書 (新しいサイト請求書ではない) が届きます。Enterprise 製品にアクセスできるユーザーの数がわからない場合は、Atlassianにお問い合わせの上、レポートを入手してください。

Enterprise プランをダウングレード

Enterprise プランにダウングレードするお勧めの方法を 3 つ用意しました。

  • 既存の Enterprise 製品を別のプランに変更

  • 既存の Enterprise 製品を解約

  • Enterprise 製品からユーザー アクセスを削除する際に、ユーザー階層を下げる

現在のサブスクリプションはダウングレードできません。ダウングレードできるのは毎年の更新時のみです。Enterprise プランをダウングレードするには、お問い合わせフォームを入力してください。Atlassian チームが折り返しご連絡いたします。

Atlassian Access の請求に対するダウングレードの影響

Enterprise 製品にアクセスできなくなったユーザーは、Atlassian Access の請求書に加算されるようになる場合があります。これは、そのユーザーに他の製品へのアクセス権がある場合に発生します。

このようなユーザーにセキュリティ設定を適用する必要がない場合は、該当するユーザーを請求不可の認証ポリシーに追加して、Access の請求書に加算されないようにできます。認証ポリシーの詳細

最終更新日 2021 年 9 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.