Atlassian Access の解約

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Atlassian Access provides centralized control of user security across all your Atlassian cloud products. Read more about Apply Atlassian Access policies and features.


解約方法

Atlassian Access を解約すると、次のようになります。

  • There is no effect on your Atlassian cloud product subscriptions, which continue as previously. For information about cancelling your product subscriptions, see Cancel your site subscription.
  • There are likely to be changes to how your users log in to the Atlassian cloud products they use. See below for details.
  • 今後再度サブスクライブした場合、現在の内容と価格構成が異なる可能性があります。

組織管理者は、Atlassian Access の試用または有料サブスクリプションを次の手順で解約できます。

  1. admin.atlassian.com で、ご利用の組織から、
     
    左側のパネルで [請求] > [サブスクリプションの管理] を選択します。
  2. [Active subscriptions] パネルで、ドロップダウンから [Unsubscribe] を選択し、「UNSUBSCRIBE」と入力して確定します。


ユーザーへの影響

Atlassian Access を解約すると、ユーザーには次のような影響があります。

SAML シングル サインオン

Atlassian Access を解約する時点で SAML シングルサインオンを構成済みだった場合、ユーザーはログイン時に SAML シングルサインオンを利用できなくなります。

  • SAML シングルサインオンでのログインが必要になる前の時点で Atlassian アカウントを保持していたユーザーは、SAML シングルサインオンの導入前と同様、Atlassian アカウントに設定したパスワードを使用してログインできます。
  • ログインに SAML シングルサインオンしか使用したことのないユーザーの場合、そのユーザーは Atlassian Account パスワードを設定する必要があります。ログインを試行した際に、パスワードの設定が必要な旨のメッセージは表示されません。しかし、ログインに失敗したあとに、ログインに問題がある場合はパスワードをリセットする旨のプロンプトが表示されます。

ユーザーには、組織が SAML サインオンの利用を停止したことの通知は送信されないことにご注意ください。

詳細については、Atlassian Access の SAML シングルサインオンをご参照ください。

強制 2 段階認証

Atlassian Access を解約する時点で 2 段階認証を構成済みだった場合、次のようになります。

  • 管理対象のユーザーでは 2 段階認証は引き続き有効になりますが、それらのユーザーは、任意で id.atassian.com の Atlassian アカウント設定にアクセスし、2 段階認証を無効化できるようになります。
  • 組織に新しく追加されたアカウントには、2 段階認証は強制されません。

詳細については、Atlassian Access の強制 2 段階認証をご参照ください。

最終更新日 2019 年 11 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.