Atlassian Access の解約

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Atlassian Access とは

Atlassian Access では、すべての Atlassian Cloud 製品にわたり、ユーザー セキュリティをまとめて管理できます。

Atlassian Access では次の機能が提供されます。

  • SAML シングル サインオン – 管理対象の Atlassian アカウントを企業が用意したサードパーティ アイデンティティ プロバイダーに接続し、システム全体にわたってすべてのユーザーに安全な認証を提供します。
  • 強制 2 段階認証 – ユーザーが Atlassian アカウントでログインする場合に 2 段階認証を有効化するよう強制できます。
  • パスワード ポリシー – すべての管理対象 Atlassian アカウントに、最小パスワード長を満たし、パスワード有効期限に従うように要求します。
  • Atlassian Cloud のプライオリティ サポート– 重要な問題には 1 時間以内に、その他すべての問題には 24 時間以内に応答します。 

詳細については、「Atlassian Access のポリシーと機能を適用する」を参照してください。


解約方法

Atlassian Access を解約すると、次のようになります。

  • Atlassian Cloud 製品のサブスクリプションへの影響はありません。これらのサブスクリプションは Atlassian Access の使用前と同様に継続されます。Atlassian Cloud のサブスクリプションの解約については、「サイト サブスクリプションの解約」を参照してください。
  • 対象のユーザーの、利用している Atlassian Cloud 製品へのログイン方法が変わる可能性があります。詳細については、下記を参照してください。
  • 今後再度サブスクライブした場合、現在の内容と価格構成が異なる可能性があります。

組織管理者は、Atlassian Access の試用または有料サブスクリプションを次の手順で解約できます。

  1. admin.atlassian.com で、ご利用の組織から、
     
    左側のパネルで [請求] > [サブスクリプションの管理] を選択します。
  2. [Active subscriptions] パネルで、ドロップダウンから [Unsubscribe] を選択し、「UNSUBSCRIBE」と入力して確定します。


ユーザーへの影響

Atlassian Access を解約すると、ユーザーには次のような影響があります。

SAML シングル サインオン

Atlassian Access を解約する時点で SAML シングルサインオンを構成済みだった場合、ユーザーはログイン時に SAML シングルサインオンを利用できなくなります。

  • SAML シングルサインオンでのログインが必要になる前の時点で Atlassian アカウントを保持していたユーザーは、SAML シングルサインオンの導入前と同様、Atlassian アカウントに設定したパスワードを使用してログインできます。
  • ログインに SAML シングルサインオンしか使用したことのないユーザーの場合、そのユーザーは Atlassian Account パスワードを設定する必要があります。ログインを試行した際に、パスワードの設定が必要な旨のメッセージは表示されません。しかし、ログインに失敗したあとに、ログインに問題がある場合はパスワードをリセットする旨のプロンプトが表示されます。

ユーザーには、組織が SAML サインオンの利用を停止したことの通知は送信されないことにご注意ください。

詳細については、Atlassian Access の SAML シングルサインオンをご参照ください。

強制 2 段階認証

Atlassian Access を解約する時点で 2 段階認証を構成済みだった場合、次のようになります。

  • 管理対象のユーザーでは 2 段階認証は引き続き有効になりますが、それらのユーザーは、任意で id.atassian.com の Atlassian アカウント設定にアクセスし、2 段階認証を無効化できるようになります。
  • 組織に新しく追加されたアカウントには、2 段階認証は強制されません。

詳細については、Atlassian Access の強制 2 段階認証をご参照ください。

パスワード ポリシー

Atlassian Access を解約する時点でパスワード ポリシーが構成済みだった場合、次のようになります。

  • 現在のパスワードはそのまま保持され、ユーザーにはパスワードの変更を求めるプロンプトが表示されなくなります。
  • ユーザーが作成する新しいパスワードに対して、過去に設定されたパスワード ポリシーが適用されることはありません。標準の最小文字数である 8 文字が唯一の要件となります。

詳細については、Atlassian Access のパスワード ポリシーをご参照ください。


最終更新日 2019 年 4 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.