G Suite に接続する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex

robotsnoindex

現在、このページのコンテンツに影響を与える変更をロール アウト中です。admin.atlassian.com の組織で、[ユーザー] リストと [グループ] リストが [ディレクトリ] タブにある場合は、ユーザー管理エクスペリエンスが改善されています。改善されたエクスペリエンスの変更点について以下で説明します。



G Suite に接続すると、G Suite ドメインと、そのドメイン下のユーザーを Atlassian 組織に同期して、G Suite 管理コンソールからすべてのユーザーを管理できます。

また、対象のメール ドメインのすべてのユーザーはアトラシアン製品に Google アカウントでログインできるようになります。

G Suite に接続する場合、ユーザーが G Suite からプロビジョニングされ、それらのユーザーは Google 経由で認証できるようになるため、SCIM を使用したユーザー プロビジョニングまたは SAML シングル サインオンを使用することはできません。


2020 年 11 月 11 日から、すべての G Suite 設定を新しいエクスペリエンスに移行しています。組織管理設定が変更されている場合、この影響を受けている可能性があります。変更内容をご確認ください。

G Suite に接続する前に

G Suite アカウントを接続する前に、次の点を確認します。

  1. あなたは Atlassian の組織管理者です

  2. 自身が G Suite アカウントの管理者であり、次の権限を持っていること

  • 組織部門 > 読み取り

  • ユーザー > 読み取り

  • グループ

  • ドメイン設定

G Suite の管理アクセス権が取り消された場合、G Suiteの同期は停止します。

G Suite に接続する

[ディレクトリ] をクリックすると、組織管理ビュー [G Suite] が表示されます。

  1. admin.atlassian.com で組織に移動します。

  2. 左側のナビゲーションで [G Suite] を選択します。

    ユーザー管理エクスペリエンスを改善している場合は、G Suite を見つける方法が異なることに注意してください。admin.atlassian.com の組織から、[設定] > [G Suite] に移動します。

  3. [G Suite を接続] をクリックします。

  4. G Suite アカウントにサインインします。

  5. [許可] をクリックし、G Suite に接続するために必要な情報の参照を Atlassian に許可することに同意します。この情報には、G Suite でのアカウント情報、メール アドレス、ドメイン、およびそのドメインのユーザーおよびグループが含まれます。

接続すると、G Suite の新しい設定を適用できます。

G Suite に接続した後に

ユーザーが同期されます。同期が実行されたら、新しいユーザーに製品アクセスを付与する必要があります。 新しいユーザーに製品アクセスを付与する方法の詳細をご確認ください。

G Suite 製品に接続すると、新しいユーザーのアクセスがオフになります。最初の同期が完了すると、オンにできます。 

以前同期したユーザーの製品アクセス

組織を切断しても、以前に同期したユーザーの製品へのアクセスが維持されます。組織を再接続すると、新しい同期に含まれていない、以前に同期されたユーザーからの製品アクセス権が削除されます。

G Suite アカウントと Atlassian アカウントのリンク

  • G Suite から同期するユーザーがサイトにすでに存在していた場合、そのユーザーのプライマリ メール アドレスと G Suite ID に基づき、G Suite アカウントと Atlassian アカウントがリンクされます。

製品詳細の自動同期

  • 組織内にすでに存在するユーザーで、同期する G Suite グループには存在しない場合、そのユーザーは同期後も Atlassian に製品アクセス権を保持します。

    ただし、G Suite 内の同期されていないユーザーの製品詳細に更新情報を同期することはできません。組織内で詳細情報を自動的に最新に保つには、ユーザーを同期対象のグループに追加するか、すべてのユーザーを同期します。

すべての G Suite ユーザーは "All users from G Suite" という名前の 1 つのグループに同期されます。このグループを見つけるには、[ディレクトリ] > [グループ] タブの下にある [ユーザー プロビジョニング] に移動します。

ユーザー管理エクスペリエンスを改善している場合は、このグループを見つける方法が異なることに注意してください。admin.atlassian.com の組織から、[設定] > [グループ] タブの下にある [ユーザー プロビジョニング] に移動します。

G Suite に接続して Atlassian Access にサブスクリプションすると、特定の G Suite ユーザーを特定のグループに同期できます。

G Suite アカウントに関連付けられているすべてのドメインとサブドメインが組織で認証されます。このようなドメインの一覧を確認するには、[ディレクトリ] > [ドメイン] に移動し、[G Suite] タブを選択します。

ユーザー管理エクスペリエンスを改善している場合は、このドメインの一覧を見つける方法が異なることに注意してください。admin.atlassian.com の組織から、[設定] > [ドメイン] に移動し、[G Suite] タブを選択してドメインの一覧を表示します。

以降は、同期している G Suite アカウントに行ったすべての変更が、G Suite の 4 時間ごとの同期により、組織で更新されます。同期されたすべてのユーザーを、組織の [ディレクトリ] > [管理対象アカウント] で確認できます。

G Suite との接続を解除する

G Suite から切断すると、ユーザーは完全に同期を停止します。ユーザーはパスワードをリセットした後でも Google の資格情報を使用して製品にログインしたり、Atlassian の資格情報を使用してログインしたりできます。しかしながら、これらのユーザーの Google アカウントを変更しても、詳細情報は同期されません。

admin.atlassian.com で組織からドメインを検証しない限り、そのドメインのアカウントを持つユーザーのアカウントの詳細情報を管理または編集できなくなります。

G Suite から組織を接続解除するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com で [G Suite] に移動します。

  2. 組織名を選択し、左側のナビゲーションで [ディレクトリ] > [G Suite] に移動します。

    ユーザー管理エクスペリエンスを改善している場合は、G Suite を見つける方法が異なることに注意してください。admin.atlassian.com の組織から、[設定] > [G Suite] に移動します。

  3. [アカウントの切断] を選択し、プロンプトに従います。

  4. 切断後は、G Suite 設定を保存しません。G Suite への別の接続をセットアップして、ユーザーの同期を再度開始できます。

G Suite を切断した後のユーザーの製品アクセス

G Suite を切断しても、ユーザーが製品にアクセスできなくなることはありません。ユーザーに対して Google でのログインを要求している場合、ユーザーがログインするにはパスワードをリセットする必要があります。


最終更新日: 2021 年 2 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.