チームの名前を変更する

Bitbucket、リポジトリ URL、およびその両方でチーム名を更新できます。URL のチーム名を変更した場合は構成ファイルも更新する必要があります。更新を行わない場合、リポジトリへのプッシュに失敗します。

このページの内容

Bitbucket でチームの名前を変更する

チームの名前を変更すると、Bitbucket 全体で更新されます。

  1. 左下のアバターから、チームを選択するか、すべてのチームを表示 をクリックして完全な一覧を表示します。
  2. 左サイドバーで [設定] をクリックします。
  3. [チーム設定] ページの、[チーム名] テキスト ボックスで名前を更新します。
  4. [更新] をクリックして保存します。

リポジトリ URL のチーム ID を更新する

URL の更新は、2 段階のプロセスですBitbucket でチーム ID を更新してから、構成ファイルで同様に更新します。

ステップ 1. Bitbucket でチーム ID を更新する

  1. [チーム設定] ページで、[チーム ID] の横にある [変更] をクリックします。
  2. 新しいチーム ID を入力します。チーム名を更新した場合、チーム名に合わせることをおすすめします。
  3. [名前の変更] をクリックします。

チーム名を変更すると、チームのリポジトリを参照するすべての Bitbucket URL が変更されます。リモートの Bitbucket サーバーでこの変更を行うと、Bitbucket 上のリポジトリを示すローカル リポジトリが無効になります。DVCS 構成ファイルで古い URL を参照している場合、ファイルを更新して新しいアカウント名を反映するようにする必要があります。たとえば、アカウントの名前を johnc から jcitizen に変更すると、http://bitbucket.org/johnc/repo で利用していたリポジトリは、更新後は http://bitbucket.org/jcitizen/repo からアクセスできるようになります。

ステップ 2. 構成ファイル内の URL を更新する

The URL you use for a repository depends on which protocol you're using: HTTPS or SSH. You can find these URLs from the  Clone button on the Source page of your repository.

You can click back and forth between the SSH and the HTTPS protocol links to see how the URLs differ. The table below shows how the formats vary based on protocol.

You'll see these names as part of the URL:

  • In place of <repo_name>, you'll see the repository name.
  • In place of <your_username> in the HTTPS URL format, you'll see the username for your individual account.
  • In place of <account_name> for all URL formats, you'll the user or team name for the account that owns the repository.
    <your_username> and <account_name> may be the same if you're looking at the URL for a repository you own.
Git repository URLs
HTTPS format https://<your_username>@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>.git
SSH format

git@bitbucket.org:<account_name>/<repo_name>.git

もしくは

ssh://git@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>.git

Mercurial repository URLs
HTTPS format https://<your_username>@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>
SSH format ssh://hg@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>/

Update the URL for Git repositories

  1. From a terminal, navigate to the repository.

    $ cd ~/<path_to_repo>
  2. Run git remote -v to see the current remote URL.

    $ git remote -v
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (fetch)
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (push)
  3. Update the remote URL with git remote set-url using the current and new remote URLs.

    $ git remote set-url origin git@bitbucket.org/tutorials.git.bitbucket.org.git

If you update your URL from HTTPS to SSH, next time you push or pull from your repository, the terminal responds that it is adding the Bitbucket host to the list of known hosts. You also won't have to enter a password.

Update the URL for Mercurial repositories

  1. From your terminal, view your current repo configuration.
    You should see something similar to the following:

    $ cd ~/<path_to_repo>
    $ cat .hg/hgrc
    [paths]
    default = https://emmap1@bitbucket.org/emmap1/bitbucketspacestation

    In the previous example, the default URL is using the HTTPS protocol.

  2. Open the ~/<path_to_repo>/.hg/hgrc file with your favorite editor.
  3. Change the default value to the URL you want to use for that repository. When you are done you should see something similar to the following:

    [paths]
    default = ssh://hg@bitbucket.org/emmap1/bitbucketspacestation
  4. Save and close the configuration file.

If you update your URL from HTTPS to SSH, next time you push or pull from your repository, the terminal responds that it is adding the Bitbucket host to the list of known hosts. You also won't have to enter a password.

最終更新日 2017 年 1 月 14 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.