チームの名前を変更する

Bitbucket、リポジトリ URL、およびその両方でチーム名を更新できます。URL のチーム名を変更した場合は構成ファイルも更新する必要があります。更新を行わない場合、リポジトリへのプッシュに失敗します。

このページの内容

Bitbucket でチームの名前を変更する

チームの名前を変更すると、Bitbucket 全体で更新されます。

  1. 左下のアバターから、チームを選択するか、すべてのチームを表示 をクリックして完全な一覧を表示します。
  2. 左サイドバーで [設定] をクリックします。
  3. [チーム設定] ページの、[チーム名] テキスト ボックスで名前を更新します。
  4. [更新] をクリックして保存します。

リポジトリ URL のチーム ID を更新する

URL の更新は、2 段階のプロセスですBitbucket でチーム ID を更新してから、構成ファイルで同様に更新します。

ステップ 1. Bitbucket でチーム ID を更新する

  1. [チーム設定] ページで、[チーム ID] の横にある [変更] をクリックします。
  2. 新しいチーム ID を入力します。チーム名を更新した場合、チーム名に合わせることをおすすめします。
  3. [名前の変更] をクリックします。

Changing the team name changes every Bitbucket URL that references the team's repositories. This change on the remote Bitbucket server invalidates any local repositories pointing to your repositories on Bitbucket. You and anyone who references the old URL in DVCS configuration files must update them to reflect the new account name. For example, if you rename your account from johnc to jcitizen, the repository previously available at http://bitbucket.org/johnc/repo is accessed as http://bitbucket.org/jcitizen/repo after renaming.

ステップ 2. 構成ファイル内の URL を更新する

リポジトリ用に使用する URL は、HTTPS または SSH のどちらのプロトコルを使用しているかによって異なります。これらの URL は、リポジトリの [ソース] ページの [クローン] ボタンで確認できます。

SSH プロトコルと HTTPS プロトコルのリンクを交互にクリックすると、URL の違いを確認できます。下の表は、プロトコルに基づくフォーマットの違いを示しています。

URL の一部として次の名前が表示されます。

  • In place of <repo_name>, you'll see the repository name.
  • In place of <your_username> in the HTTPS URL format, you'll see the username for your individual account.
  • In place of <account_name> for all URL formats, you'll the user or team name for the account that owns the repository.
    <your_username> and <account_name> may be the same if you're looking at the URL for a repository you own.
Git リポジトリ URL
HTTPS 形式 https://<your_username>@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>.git
SSH 形式

git@bitbucket.org:<account_name>/<repo_name>.git

または

ssh://git@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>.git

Mercurial リポジトリ URL
HTTPS 形式 https://<your_username>@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>
SSH 形式 ssh://hg@bitbucket.org/<account_name>/<repo_name>/

Git リポジトリの URL を更新する

  1. ターミナルでリポジトリに移動します。

    $ cd ~/<path_to_repo>
  2. Run git remote -v to see the current remote URL.

    $ git remote -v
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (fetch)
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (push)
  3. Update the remote URL with git remote set-url using the current and new remote URLs.

    $ git remote set-url origin git@bitbucket.org:tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git

HTTPS から SSH に URL を更新すると、次にリポジトリからプッシュまたはプルを行ったときに、ターミナルは、Bitbucket ホストを既知のホストのリストに追加することを応答します。また、パスワードを入力する必要はありません。

Mercurial リポジトリの URL を更新する

  1. ターミナルで現在のリポジトリ設定を表示します。
    次のように表示されるはずです。

    $ cd ~/<path_to_repo>
    $ cat .hg/hgrc
    [paths]
    default = https://emmap1@bitbucket.org/emmap1/bitbucketspacestation

    In the previous example, the default URL is using the HTTPS protocol.

  2. Open the ~/<path_to_repo>/.hg/hgrc file with your favorite editor.
  3. Change the default value to the URL you want to use for that repository. When you are done you should see something similar to the following:

    [paths]
    default = ssh://hg@bitbucket.org/emmap1/bitbucketspacestation
  4. 構成ファイルを保存して閉じます。

HTTPS から SSH に URL を更新すると、次にリポジトリからプッシュまたはプルを行ったときに、ターミナルは、Bitbucket ホストを既知のホストのリストに追加することを応答します。また、パスワードを入力する必要はありません。

最終更新日 2017 年 6 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.