リポジトリやグループをチームに譲渡する

別のチームや個人アカウントにリポジトリやグループがある場合、それらをメインのチーム アカウントに転送できます。統合先のチームの管理者である必要があります。

プロセスを開始する前に、どのチームを保持するかを決定します。既にいずれかのチームで支払いが完了している場合、そのチームを残すことをおすすめします。

 

Atlassian Cloud アカウントを持っているユーザーの場合、Cloud への登録時に、Bitbucket Cloud チームが自動的に作成されます。ユーザーは 2 つの Bitbucket アカウントを登録する場合、このチーム アカウントを KEEP_ACCOUNT とする必要があります

ステップ1. 不要なアカウントからリポジトリを転送する

既存のアカウントからすべてのリポジトリを転送するには、管理者アクセスが必要です。

  1. Navigate to the  settings of each repository for the account.
  2. [リポジトリの詳細] ページから、[リポジトリの転送] をクリックします。
  3. 新しいオーナーのユーザー名またはチーム名を入力します。
  4. [転送] を押します。

リポジトリを別のオーナーに転送すると、Bitbucket はチーム管理者またはアカウント所有者にメールを送信します。メールには、ユーザーが転送を承認または却下できるページへのリンクが含まれます。ユーザーが複数チームへの管理アクセスを持っている場合、そのユーザーは任意のアカウントにリポジトリを転送できます。

ステップ 2. 転送されたリポジトリを保持するアカウントで承認する

転送されたリポジトリを受け取るアカウントを自身が所有している場合、転送をすぐに承認できます。そうでない場合、次の操作を実行する必要があります。

  1. 保持するチームのアカウントにログインします。
  2. リポジトリの転送リクエストのメールを探します。
  3. [転送リクエストの表示] ボタンをクリックします。
  4. プロジェクトを選択して、[承認] を押します。

転送が承認されると、Bitbucket は Bitbucket サイト上のすべてのリポジトリ URL を自動的に更新します。結果として、すべてのチーム メンバーは新しい URL でクローンしたり、構成ファイルのリポジトリ URL を更新したりする必要があります。

リポジトリを転送した場合、そのリポジトリは新しいチームで設定された権限を継承しません。転送を受け取った後、そのリポジトリに適切な権限を供与し、必要に応じてチームにユーザー グループを作成できます。

ステップ 3. (オプション) 保持するアカウントのグループを手動で再作成する

この手順は、保持するアカウントに追加したいグループやユーザーがある場合にのみ実行する必要があります。

  1. 不要なアカウントで次の操作を実行します。
    1. [ユーザー グループ] に移動します。
    2. 移動したいユーザーやグループを確認します。スクリーン ショットを撮影するか、対象のグループやユーザーを書き出すことをおすすめします。
  2. 保持するアカウントで次の操作を実行します。
    1. [ユーザー グループ] に移動します。
    2. 不要なアカウントにあったグループやメンバーを追加します。

すべてのリポジトリやグループの移動が完了したら、不要になったアカウントを削除したり、アカウントの名前を変更したりできます。

最終更新日 2017 年 8 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.