アカウントの削除

ユーザー アカウントの削除

Atlassian アカウント サービス (サイトや製品など) が不要になったら、Atlassian アカウントを削除できます。削除すると、Bitbucket と他のすべての Atlassian アカウント サービスへのアクセス権が即座に失われ、アカウントに対する組織についての請求が停止されます。

また、Atlassian アカウント サービスから個人データが削除されます。アカウントを再度有効化することはできません。 

削除されるデータ

アカウントを削除すると、そのアカウントに関連する個人データがすべての Atlassian アカウント サービスから永久に削除されます

次のデータも Bitbucket から削除されます。

  • ユーザ名

  • 言語設定

  • ユーザーが Bitbucket Cloud 設定でプロファイルに追加した Web サイト

  • ユーザーが所有する Bitbucket Cloud リポジトリがソース保持または表示している Web サイト

  • ユーザーが所有しているすべての Bitbucket Cloud リポジトリ

  • ユーザーが所有しているすべての Bitbucket Cloud スニペット

  • 所有しているリポジトリでのすべての課題トラッキング

  • 所有しているリポジトリでのすべての wiki コンテンツ

  • 所有しているリポジトリ、wiki、または課題トラッカーでのすべてのコメント

  • 所有しているリポジトリで設定したメール エイリアス

アカウントを削除する前に、自身が管理者となっているチームやリポジトリの所有権を転送し、管理者が不在にならないようにすることをおすすめします。詳細はこちらをご覧ください

削除されないデータ

To preserve Git authorship and other records, we won't automatically delete the following:

  • ユーザーが最後の管理者であるチーム (およびこれらのチームが所有しているリポジトリやスニペット)。

  • ユーザーが作成した、チームが保有するスニペット。

  • ユーザーが所有していないリポジトリでのコメントは削除されませんが、Bitbucket Cloud ユーザー名への参照は "Former User" に変更されます。

  • ユーザーが所有していないリポジトリでコミットしたが、ユーザー プロファイルへのリンクが失われた場合、メール アドレスは (Git および Mercurial の性質により) これらのコミットの内部に保持されます。

  • ユーザーが所有していない課題トラッカーで作成した課題や課題コメントでは、Bitbucket Cloud ユーザー名への参照は "Former user" に変更されます。

アカウントを削除すると、アカウントとそこに含まれる個人データの両方が永久に削除されます。

アカウントは 14 日間の猶予期間のあとに完全に削除されます。猶予期間の間、アカウントは一時的に無効化されます。猶予期間の間はアカウント削除を取り消すことができます。

アカウントの表示方法

アカウントを削除すると、他の Bitbucket ユーザーには以下のように表示されます。


管理対象アカウントの無効化または削除

Atlassian アカウントのサービス (サイトや製品など) を使用する必要がなくなったユーザーについて、組織管理者は組織で管理しているアカウントを削除または無効化できます。アカウントが削除または無効化されると、ユーザーは Bitbucket やその他すべての Atlassian アカウントのサービスへのアクセスを即座に失い、そのアカウントへの課金は停止します。 

  • 組織管理者がユーザー アカウントを無効化した場合、ユーザーの個人データは Atlassian アカウントのサービスに残り、管理者はアカウントをいつでも再有効化できます。

  • 組織管理者がユーザー アカウントを削除した場合、ユーザーの個人データは Atlassian アカウントのサービスから削除され、アカウントを再有効化することはできません。

組織管理者は無効化済みのアカウントをあとから削除することもできます。

削除されるデータ

アカウントを削除すると、そのアカウントに保存されている個人データがすべての Atlassian アカウント サービスから永久に削除されます。

次のデータも Bitbucket から削除されます。

  • ユーザ名

  • 言語設定

  • ユーザーが Bitbucket Cloud 設定でプロファイルに追加した Web サイト

  • ユーザーが所有していた Bitbucket Cloud リポジトリがソース保持または表示している Web サイト

  • ユーザーが所有していたすべての Bitbucket Cloud リポジトリ

  • ユーザーが所有していたすべての Bitbucket Cloud スニペット

  • ユーザーが所有していたリポジトリでのすべての課題トラッキング

  • ユーザーが所有していたリポジトリのすべての wiki コンテンツ

  • ユーザーが所有していたリポジトリ、wiki、または課題トラッカーのすべてのコメント

  • ユーザーが所有していたリポジトリで設定したメール エイリアス

可能であれば、ユーザーのアカウントを削除する前に、現在の管理者に連絡を取り、所有権の転送を依頼することをおすすめします。そのユーザーが組織を離れている場合は、ユーザーが管理者となっているチームやリポジトリの所有権を転送し、チームやリポジトリの管理者が不在にならないようにすることをおすすめします。詳細はこちらをご覧ください

削除されないデータ

To preserve Git authorship and other records, we won't automatically delete the following:

  • ユーザーが最後の管理者だったチーム (およびこれらのチームが所有しているリポジトリやスニペット)。

  • ユーザーが作成した、チームが保有するスニペット。

  • ユーザーが所有していないリポジトリでのコメントは削除されませんが、Bitbucket Cloud ユーザー名への参照は "Former User" に変更されます。

  • ユーザーが所有していないリポジトリでコミットしたが、ユーザー プロファイルへのリンクが失われた場合、メール アドレスは (Git および Mercurial の性質により) これらのコミットの内部に保持されます。

  • ユーザーが所有していない課題トラッカーで作成した課題や課題コメントでは、Bitbucket Cloud ユーザー名への参照は "Former user" に変更されます。

アカウントを削除すると、アカウントとそこに含まれる個人データの両方が永久に削除されます。

アカウントは 14 日間の猶予期間のあとに完全に削除されます。猶予期間の間、アカウントは一時的に無効化されます。猶予期間の間はアカウント削除を取り消すことができます。

データの表示方法

アカウントが削除されると、他の Bitbucket ユーザーには削除されたユーザーが以下のように表示されます。



最終更新日 2019 年 1 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.