Bitbucket Pipelines の通知

Bitbucket Pipelines はチームのチャット ルームやユーザーのメール アドレスに通知を送信できます。

なお、以下の説明もご覧ください:

チャット通知

Slack

Pipelines では、既存の Bitbucket 通知以外にも、リポジトリ全体または特定のブランチに対して、パイプラインやデプロイメントの結果について Slack に通知できます。

従来の統合アプリをインストールしている場合は、通知の重複を防ぐため、それを最初に削除することをおすすめします。

Slack アプリのインストール

  1. 通知を設定するリポジトリを開きます。
  2. [設定] をクリックしてから、[チャット通知] > [設定] を選択します。
  3. Slack の下の [接続] ボタンをクリックします。Slack にログインしていない場合は、Slack のログイン ダイアログが開かれる場合があります。
  4. リポジトリに接続する Slack ワークスペースを選択します。

Slack に「ようこそ」メッセージが自動的に送信されます。

次に、リポジトリ固有の設定で、受信する通知を選択します。通知は、リポジトリ全体またはブランチ単位で構成できます。

  1. Slack に接続しているいずれかのリポジトリを開きます。
  2. [設定] をクリックしてから、[チャット通知] > [設定] を選択します。
  3. 関連ブランチの右側にある下矢印 を選択するか、必要に応じて新しく作成します。
  4. 受信する通知を選択します。
    : ブランチごとに通知を設定すると便利です。例えば、master ブランチでは pipeline fixed 通知を受信するが、リポジトリ内のその他のブランチでは受信しないようにすることが重要な場合があります。

Pipelines では次のような通知を利用できます。

  • pipeline succeed
  • pipeline failed
  • pipeline fixed (失敗した試行の後に正常に完了した場合)
  • デプロイメントの成功
  • deployment failed (エラー ステータスを含む)
  • deployment stopped (同時実行による一時停止を含む)

既定の構成はここに表示されます。

既定の通知設定の画像

: build failed および build succeeded は外部サードパーティ ツール用であり、Bitbucket Pipeline 通知には含まれません。

Slack でパイプラインの失敗通知を受け取ったら、Slack のチャンネルから失敗したビルドを再実行できます。

失敗したが成功が予測されるパイプラインのイメージ

電子メール通知

以下に関するメールを受信できます。

  • プッシュおよびパイプラインが失敗したとき。
  • リポジトリ内でのすべての失敗したパイプライン。

アカウントの Bitbucket 設定にメール アドレスを設定している場合、自身のプッシュがトリガーしたパイプラインが失敗すると、通知が送信されます。

現在、「メールを有効化 / 無効化する」のステップに従って通知の登録を解除できます。

手動ステップと通知

Pipeline の完了通知は、パイプライン内で実行できるステップがそれ以上ない場合に送信されます。つまり、次のような場合に通知が送信されます。

  • パイプラインの最初の自動ステップが完了したとき (以降の手動ステップが引き続き実行されている場合を含む)。
  • 手動ステップ (および以降の自動ステップ) が完了したとき (以降の手動ステップが引き続き実行されている場合を含む)。

この機能は、手動のデプロイメント ステップを使用している際の主要なユースケースである、チームへのデプロイメント通知を実現できるように設計されています。

Some notification channels allow filtering of build status, which can be used to further filter notifications from manual steps.


一般的な Webhook

Webhook を作成して、他のサービス向けに通知をセットアップできます。

Pipelines 固有の次の Webhook を追加できます。

最終更新日: 2019 年 2 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.