アーティファクトをステップで使用する

はじめに

Artifacts are files that are produced by a step. Once you've defined them in your pipeline configuration, you can share them with a following step or export them to keep the artifacts after a step completes. For example, you might want to use reports or JAR files generated by a build step in a later deployment step. Or you might like to download an artifact generated by a step, or upload it to external storage.

次の点に留意する必要があります。

  • Files that are in the BITBUCKET_CLONE_DIR at the end of a step can be configured as artifacts. The BITBUCKET_CLONE_DIR is the directory in which the repository was initially cloned.
  • You can use glob patterns to define artifacts. Glob patterns that start with a * will need to be put in quotes (keeping in mind how these react with your commands).
  • Artifact paths are relative to the BITBUCKET_CLONE_DIR.
  • ステップ中に作成されたアーティファクトは、以降のすべてのステップで使用できます。
  • アーティファクトは生成から 7 日後に削除されます。

Use artifacts

以降の bitbucket-pipelines.yml ファイルの例は、アーティファクトをステップ間で共有するための構成方法を示します。

  • When the script for 'Build and test' completes, all files under the dist folder and the txt files in the report folder (both found under the BITBUCKET_CLONE_DIR) are kept as artifacts, with the same path.
  • 'Integration test' and 'Deploy to beanstalk' can access files in dist and reports, created by the first step.
  • Any changes to dist or reports by 'Integration test' will not be available in later steps because they have not been specified as artifacts in 'Integration test'. If you wanted to keep the changes, you would need to define them as artifacts in this step, too.

bitbucket-pipelines.yml
pipelines:
  default:
    - step:
        name: Build and test
        image: node:8.5.0
        caches:
          - node
        script:
          - npm install
          - npm test
          - npm run build
        artifacts: # defining the artifacts to be passed to each future step.
          - dist/**
          - reports/*.txt
    - step:
        name: Integration test
        image: node:8.5.0
        caches:
          - node
        services:
          - postgres
        script:
			# using one of the artifacts from the previous step
          - cat reports/tests.txt
          - npm run integration-test
    - step:
        name: Deploy to beanstalk
        image: python:3.5.1
        script:
          - python deploy-to-beanstalk.py

definitions:
  services:
    postgres:
      image: postgres:9.6.4

手動ステップ

手動ステップでは自動ステップと同様、過去のあらゆるステップで作成されたビルド アーティファクトが作業ディレクトリにコピーされます。

アーティファクトのダウンロードと有効期限

ステップで生成されたアーティファクトをダウンロードできます。

  1. パイプラインの結果ビューの [アーティファクト] タブを選択します。
  2. ダウンロード アイコンをクリックします。

パイプラインの結果ビューのイメージ

アーティファクトは、アーティファクトを生成したステップの完了後 7 日間保持されます。この期間が過ぎるとアーティファクトは期限切れとなり、パイプラインでは以降のあらゆる手動ステップを実行できなくなります。

アーティファクトを 7 日間以上保持したい場合や、1 GB 以上のアーティファクトを保持したい場合、Amazon S3 や、JFrog Artifactory などのホスト型のアーティファクト リポジトリなどの、独自のストレージ ソリューションを使用することをおすすめします。アーティファクトのビルドの保持期間の制限は、コストを管理できる範囲に抑えることで、Pipelines でのビルド アーティファクトの保管および転送料金を発生させないために行っています。


詳細については、次の情報をご参照ください。

最終更新日 2018 年 11 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.