Pipelines のビルドで依存性を指定する

Bitbucket Pipelines は、ビルド環境を提供する Docker コンテナでビルドを実行します。コンテナ内でビルドに必要な依存関係を指定するには複数の方法がありますが、独自のコンテナ内で依存関係をサービスとして実行することをおすすめします。

なお、以下の説明もご覧ください:


依存関係をサービスとして実行する (推奨)

依存関係を独自の Docker コンテナ内でサービスとして実行可能な場合、bitbucket-pipelines.yml ファイルの "definitions" セクション内でそれらを追加サービスとして定義します。これにより、特定のパイプラインの構成において、対象のサービスを参照できます。データベースを実行する場合や外部キャッシュの場合はこの手法が推奨されます。詳細については「Bitbucket Pipelines でサービスとデータベースを使用する」をご参照ください。

 

ビルド スクリプトを使用して依存関係をインストールする

ビルドで依存関係を利用できるようにする場合、bitbucket-pipelines.yml ファイル内でビルド スクリプトを使用してそれらをインストールすることをおすすめします。依存関係をインストールするための具体的な手順は、ビルドに使用している Docker イメージによって異なります。

Debian または Ubuntu を基盤とする Docker イメージの場合、apt-get を使用してパッケージをインストールできます。

以降は、Debian を基盤とする Maven 3.3.9 Docker イメージで apt-get を使用して依存関係をインストールする方法の例です。

image: maven:3.3.9

pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          # install deps
          - apt-get update && apt-get install -y imagemagick libjmagick6-java
          # build the Java app
          - mvn package      

オンライン バリデーターを使用して bitbucket-pipelines.yml ファイルをチェックすることができます。

 

独自の Docker イメージ内で依存関係を提供する

この方法については、「Docker イメージをビルド環境として使用する」の「新しい環境を作成する」をご参照ください。

 

最終更新日 2017 年 11 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.