ブランチ ワークフロー

プッシュ先のブランチに応じてパイプラインの動作を変えることができます。これを行うには、bitbucket-pipelines.yml ファイル内にブランチ固有の設定を含める必要があります。

bitbucket-pipelines.yml を設定する」も参照してください。


例:

bitbucket-pipelines.yml
image: node:10.15.0
pipelines:
  default:
    - step:
        script:
          - echo "This script runs on all branches that don't have any specific pipeline assigned in 'branches'."
  branches:
    master:
      - step:
          script:
            - echo "This script runs only on commit to the master branch."
    feature/*:
      - step:
          image: openjdk:8 # This step uses its own image
          script:
            - echo "This script runs only on commit to branches with names that match the feature/* pattern."

この例は、master ブランチに基づく 2 つのブランチを示します。

  • フィーチャー ブランチである、feature/BB-123-fix-links という名前のブランチ。
  • チームがまったく新しいものを自由に開発できる場である、 experimental という名前のブランチ。このブランチは feature ブランチではありません。

各ブランチのルート ディレクトリに同じ bitbucket-pipelines.yml ファイルがあります。ブランチにコミットするたびに、Pipelines では bitbucket-pipelines.yml file ファイルでブランチに割り当てられたスクリプトが実行されます。

ここで:

    • master ステップの定義には、master へのコミットで実行する命令が含まれています。
    • feature/* 定義には、任意の feature ブランチ (ここでは BB-123-fix-links ブランチ) へのコミットで実行される命令が含まれています。
    • default 定義には、master または feature 以外の任意のブランチ (ここでは experimental ブランチ) へのコミットで実行されるビルド命令が含まれています。

ブランチのパイプラインは、ブランチに対する bitbucket-pipelines.yml ファイルの要件が満たされている場合にのみトリガーされることに注意してください。


tip/resting Created with Sketch.

コミットをプッシュしてパイプラインのトリガーをスキップしたい場合は、[skip ci] または [ci skip] をコミット メッセージに追加できます。


For even more control, if you have the premium plan, you can add in a safeguard to only allow specific branches to deploy.


最終更新日 2019 年 3 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.