NUnit ランナー

このページの内容

このページでは、Bamboo タスクで NUnit のテストを実行し、テスト結果をパースするように設定する方法について説明します。

始める前に

  • Bamboo の .NET ビルダー タスク(NAnt など)は、タスクの一部としてテスト情報を解析しません。ビルダー タスクのテスト結果を解析する場合は、テスト タスクを設定する必要があります(MSTest パーサー、NUnit パーサーなど)。

NUnit ランナー タスクの設定方法:

  1. ジョブのタスク設定タブに移動します(新しいプランを作成するとデフォルト ジョブとなります)。
  2. 既存の NUnit ランナー タスクの名前をクリックするか、タスクの追加NUnit ランナーをクリックして、新しいタスクを作成します。
  3. タスク設定の更新

    タスクの説明 タスクの説明。これは Bamboo で表示されます。
    このタスクを無効化 オンまたはオフにすることで、選択的にこのタスクを実行します。
    実行可能ファイル タスクの実行に利用可能な NUnit ランナー実行可能ファイル。選択した実行可能ファイルは、タスク(またはジョブなど)の要件の1つとなります。
    必要に応じて、その他の実行可能ファイルを追加することができます。
    NUnit テスト ファイル テストするアセンブリ(.dll)、Visual Studio プロジェクト(.csproj)、または NUnit テスト スイート(.nunit)の名前。http://www.nunit.org/ を参照してください。
    結果ファイル名 XML 結果ファイルに使用する名前。
    実行するテスト 実行するテスト ケース、テスト フィクスチャ、または名前空間の名前。
    含めるテスト カテゴリ テストの実行に含めるテスト カテゴリをカンマ区切りで1つ以上指定します。
    除外するテスト カテゴリ テストの実行から除外するテスト カテゴリをカンマ区切りで1つ以上指定します。包含よりも除外の方が優先されます。
    コマンド ライン オプション NUnit 実行時に含めるコマンド ライン オプションまたはスイッチを指定します。
    環境変数 ビルドに渡す追加の環境変数。例: JAVA_OPTS="-Xmx256m -Xms128m"
  4. 保存をクリックします。

NUnit の詳細については、http://www.nunit.org/ を参照してください。

 

最終更新日 2014 年 4 月 28 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

お探しの情報が見つかりませんか?

コミュニティへの質問

Powered by Confluence and Scroll Viewport.