JUnit パーサー

このページの内容

このページでは、Bamboo タスクJUnit のテスト結果をパースするように設定する方法について説明します。

TestNG では JUnit XML 形式を使用するため、JUnit パーサー タスクは、TestNG のテスト結果をパースすることもできます。

始める前に

  • Bamboo の java ビルダー タスク(Maven など)は、タスクの一部としてテスト情報を解析します。テスト結果がビルダー タスクの一部として生成される場合、テスト タスクを設定する必要はありません。

JUnit パーサー タスクを設定する方法:

  1. ジョブのタスク設定タブに移動します(新しいプランを作成するとデフォルト ジョブとなります)。
  2. 既存の JUnit パーサー タスクの名前をクリックするか、タスクの追加JUnit パーサーをクリックして、新しいタスクを作成します。
  3. タスク設定の更新


    Task Description
    Enter a description of the task, for display in Bamboo.

    Disable this task
    Check, or clear, to selectively run this task.

    Specify custom results directories
    Enter the name of the test results directory (or multiple directories, separated by commas). You can also use Ant-style patterns such as **/test-reports/*.xml/ where the base directory is the "working directory" –  this can be found at the start of your build log. Do not specify an absolute path. 
    For jobs that use CVS, the job build's root directory is <bamboo-home>/xml-data/build-dir/JOB_KEY/<cvs-module>.

     

  4. 保存をクリックします。

 

最終更新日 2017 年 7 月 20 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

お探しの情報が見つかりませんか?

コミュニティへの質問

Powered by Confluence and Scroll Viewport.