Configuring Elastic Bamboo

エラスティック Bamboo では、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)のコンピューティング リソースを使用してビルドを実行することができます。エラスティック Bamboo は、リモート エージェント AMI (Amazon Machine Image)を使用して、Amazon EC2 にリモート エージェントのインスタンスを作成します。 

Builds run on these 'elastic agents' in a similar way to how they run on local and remote agents.

(warning) If you have disabled remote agent support, you must enable it before you can enable Elastic Bamboo. Refer to Disabling and enabling remote agents support for instructions on how to enable remote agent support.

 

Amazon Web Services (AWS)アカウント詳細または Elastic Bamboo の設定を設定する方法

  1. Bamboo ヘッダーの アイコンをクリックし、概要を選択します。
  2. In the left navigation panel, go to Elastic Bamboo > Configuration.
  3. Click Edit configuration.

  4. Configure settings as described in the sections below.
  5. Click Save when finished.

AWS account settings

Bamboo インスタンスで初めて Elastic Bamboo を使用する前に、Bamboo アプリケーションに Amazon Web Services (AWS)アカウント詳細を入力する必要があります。AWS アカウントを持っていない場合、Elastic Bamboo を使用する前に、AWS 登録ページで登録する必要があります。

始める前に

  • Elastic Bamboo は、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)で動的にリモート エージェントを作成および実行することに注意してください。そのため、Elastic Bamboo を使用する場合、EC2 Compute の使用について、Amazon によって課金されます(Bamboo のライセンス料金とは別で)。これらの料金は、指定した AWS アカウントに請求されます。詳細については、「Elastic Bamboo のコスト」を参照してください。
  • Please note, if you change your AWS account details, Bamboo will stop all elastic agents that are currently running.

To set your AWS account details:

You can enter or update your AWS Access Key ID and AWS Secret Access Key as follows:

  1. アカウントに移動して、右上のユーザー メニューから、My account/console を選択します。
  2. セキュリティ認証情報をクリックします。
  3. AWS アクセス キー ID を入力または更新します。
  4. AWS シークレット アクセス キーを変更しますか?チェックボックスをオンにし、AWS シークレット アクセス キーを入力または更新します。
  5. 保存をクリックします。

Amazon EC2 サービスにアクセスするときに、AWS アクセス キー ID および AWS シークレット アクセス キーが共に使用され識別されることに注意してください。AWS アクセス キー ID および AWS シークレット アクセス キーがわからない場合、「AWS アクセス識別子」に関する Amazon ドキュメントを参照してください。

グローバル設定

Elastic Bamboo では、EC2 の使用を Bamboo ジョブ ビルドに最適化するのに役立つ多数のグローバル設定オプションが提供されます。これらの設定は、Bamboo サーバの動作や、エラスティック インスタンスおよびエージェントを管理する方法を制御します。

Maximum Number of Elastic Instances
The number of elastic instances that can be running at any one time. You may wish to decrease this value if you are concerned about EC2 compute costs, and you have a large number of concurrent job builds that cannot be supported by your non-elastic agents.

エラスティック エージェント プロセスの終了時に自動的にエラスティック インスタンスを終了する

Controls whether your elastic instances will automatically shut down after the elastic agent processes running on them terminate.

  • Shutdown Delay —controls how long an elastic instance will wait before shutting down, after its elastic agent process terminates.

 

EC2 spot instances

Elastic Bamboo では、Amazon EC2 スポット インスタンスに対するサポートが提供されます。Amazon スポット インスタンスを使用すると、未使用の EC2 容量に価格をつけ、その価格が現在の「スポット価格」を超えている限り使用することができます。特定のタイプのスポット インスタンスに価格をつけ、インスタンスが利用できなくなった場合、一定時間後に通常のインスタンスにフォールバックするように Elastic Bamboo を設定することができます。

Enable support for spot instances
Select this checkbox to enable support for spot instances.

Fallback to a regular instance after
The time (in minutes) after which Elastic Bamboo will fall back to using a regular instance, if a spot instance has not become available.

Your current bid levels (per hour)
Fill out this table with your bids. The bids are categorized by EC2 instance type and operating system.

AWS settings

これらの設定では、Bamboo が AWS アカウントを使用してエラスティック インスタンスを操作できるように Bamboo 内の AWS 設定を指定することができます。このセクションには、エラスティック インスタンスを Amazon Elastic Block Store (EBS)と連携するように設定するのに使用される設定が含まれています。

エラスティック インスタンスと共に EBS を使用すると、通常のエラスティック インスタンスで実施するのに比べて、ジョブのビルドに必要なデータの転送量を大幅に削減することができます。この機能の詳細と Elastic Bamboo の設定方法については、「EBS を使用するエラスティック インスタンスの設定」を参照してください。

Upload AWS account identifiers to new elastic instances
Select to upload the AWS Account Private Key File and Account Certificate File to all new elastic instances started. This is mandatory if you wish to use EBS to store job build information in a snapshot. However, you can also check this option if you are not using EBS (e.g. if you wish upload the AWS account identifiers in order to use Amazon's AWS command line tools).

Key files location
Choose how private key and certificate will be provided.

Account Private Key File
You must specify the location of this file to use the Amazon EBS with Elastic Bamboo. This file is generated by Amazon.

Account Certificate File
You must specify the location of this file to use the Amazon EBS with Elastic Bamboo. This file is generated by Amazon.

(info) If you haven't downloaded an AWS private key file or certificate file to your Bamboo server yet, see IAM best practices on the Amazon page.

Automatic elastic instance management

自動エラスティック インスタンス管理機能を使用すると、(ビルド キュー要求に基いて) Bamboo が自動的にエラスティック インスタンスを起動およびシャットダウンすることができます。これらのアクションを手動で実施する必要はありません。この機能は、Bamboo 管理のオーバーヘッドを削減し、全体的なエラスティック インスタンス使用コストを最小化することができます。

If a job's requirements cannot be met by any available online agents, this feature will start any elastic instance whose elastic agent has the capabilities to execute the job, so that the job's build can be generated. Regardless of how an elastic instance was started, all elastic instances will be shut down based on the settings specified below.

Elastic Instance Management
Choose from the following elastic instance management presets. Each of these presets define values for the five criteria described in the 'Custom' user-defined options (below). (Bear in mind that both the 'Aggressive' and 'Passive' presets have trade-offs.)

  • Default — Balances build queue clearance rates with elastic instance usage costs.
  • Aggressive — Favors higher build queue clearance rates but with higher elastic instance usage costs.
  • Passive — Favors lower instance usage costs but with lower build queue clearance rates.
  • Custom — Choose your own settings, as described below.
  • Disabled — Disables Bamboo's automatic elastic instance management feature.

Idle Agent Shutdown Delay
Specify the number of minutes that an elastic agent must be idle before Bamboo shuts down the elastic instance running that agent.
 (info) Elastic instances running in the Amazon EC2 compute cloud are charged in hourly blocks from the time they are started. To maximize usage of elastic instances in a cost-effective manner, Bamboo only performs these checks just prior to the expiry of each hourly block.

Allowed non-Bamboo instances
The maximum number of elastic instances allowed on your AWS account that are not controlled by this Bamboo instance. When this limit is exceeded, Bamboo will not start any new instances.

Maximum Number of Instances to Start at Once
The maximum number of elastic instances that Bamboo can start in one go. Bamboo only starts this maximum number of elastic instances on a 'per minute' basis.

Number of Builds in Queue Threshold
The total number of builds in a queue. When this and all other thresholds have been reached, new elastic instances will be started.

Number of Elastic Builds in Queue Threshold
The number of builds in the queue that can be executed on elastic instances. When this and all other thresholds have been reached, new elastic instances will be started.

Average Queue Time Threshold
The average number of minutes that job builds have been waiting in a queue. When this and all other thresholds have been reached, new elastic instances will be started.

 

最終更新日 2017 年 7 月 20 日

この翻訳に満足しましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

お探しの情報が見つかりませんか?

コミュニティへの質問

Powered by Confluence and Scroll Viewport.