Bitbucket Data Center および Server 7.21 リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

2022 年 3 月 02 日

Bitbucket Data Center 7.21 長期サポート リリース のリリースを発表いたします。




Bitbucket Data Center および Server 7.21 は長期サポート リリースです 

標準の 2 年のサポート期間の間、アトラシアンではクリティカルなセキュリティおよび製品バグの修正を 7.21 に適用します。また、可能な場合は、他のすべてのセキュリティ バグ修正をバックポートします。

これにより、弊社の継続的な製品開発の最大限のメリットを活用しながら、頻繁なリリースを厳密に適用する労力を抑えることができます。

長期サポート リリースは 、アップグレードに特に慎重な計画や多大な労力が必要な、大規模で複雑なインスタンス向けに設計されています。このようなインスタンスでは、 アップグレードの数が少なく、間隔が空く傾向にあるため、それぞれのアップグレードが非常に重要になります。そのため、年に 1 回のフィーチャー リリース アップグレードのみ管理するような場合は、最新の長期サポート リリースにアップグレードすることをおすすめします。
詳細については、アトラシアンの Data Center およびサーバー製品のバグ修正ポリシーおよびセキュリティ バグ修正ポリシーをご参照ください。

長期サポート リリースのまとめ

Bitbucket Server および Data Center 7.17 が長期サポート リリースとしてリリースされてから、およそ 5 か月 が経ちました。この間に多数のメリットが追加されています。

7.17 以降、全部で 50 件を超える課題が解決されています。すべての変更の概要については長期サポート リリースの変更履歴をご確認ください。 

次に、Bitbucket 7.21 での改善点について説明します。アトラシアンでは品質、安定性、およびパフォーマンスにすでに高い目標を掲げていますが、このリリースではハードルをさらに上げました。お客様がアップグレードの計画に専念できるよう、Bitbucket の既存の機能の包括的なテストや強化に焦点を当てています。長期サポート リリースと標準フィーチャー リリースの両方において、Bitbucket インスタンスを最大限に活用するため、その時点での最新のバグ修正バージョンをインストールすることをおすすめします。 

提供されるその他の機能

OpenSearch のサポート

このリリースでは、Bitbucket の検索サーバーのサポート対象としてOpenSearch の利用を追加しました。OpenSearch は Elasticsearch 7.10.2 のフォークとして開始された、Elasticsearch のオープンソースの代替製品です。このライセンスが変更されています。引き続き Elasticsearch の利用のサポートされます。

独自の外部検索サーバーを実行しているお客様は引き続き Elasticsearch を使うか代替で OpenSearch を利用できます。バンドルの Elasticsearch を利用しているお客様は、バンドルの OpenSearch 1.2.4 に自動的にアップグレードされます。

Bitbucket 7.21 へのアップグレードを検討していて現在 Elasticsearch を利用している場合、これによって検索の完全な再インデックスが必要になります。

サポート対象の検索サーバーのバージョンについては「サポート対象プラットフォーム」をご確認ください。

Bitbucket 8.0 へのアップグレードに備える

Windows サポートを 8.0 で終了

以前にお知らせしたように、Bitbucket 7.21 は、Windows 上でホストされる Bitbucket をサポートする最後のバージョンです。当社では、Windows から Linux に移行するために利用できるガイドの提供を予定しています。

H2 データベース移行の要件

8.0 へのアップグレード時に H2 データベースを利用している場合、ディスク上のデータベース ファイルを PageStore 形式から MvStore 形式に移行する必要があります。この方法の手順は Bitbucket 8.0 のリリース時にご案内します。

Elasticsearch のサポート対象バージョンの変更

Bitbucket 8.0 では、Elasticsearch 5.x、Elasticsearch 6.x、またはElasticsearch のバージョン 7.10.2 未満はサポートされません。外部の検索サーバーを実行しているお客様は、Bitbucket 8.0 とともに Elasticsearch 7.10.2 以降または OpenSearch 1.2.4 以降のサポート対象バージョンを利用する必要があります。検索サーバーのアップグレードが要求される場合、これは Bitbucket 8.0 へのアップグレード前に完了できます (Bitbucket 7.21 は OpenSearch 1.2.4 の外部サーバーで利用できます。その後 Bitbucket を 8.0 にアップグレードできます)。

従来のフック スクリプトの廃止予定

Bitbucket 8.0 に備えて、従来のフック スクリプトの廃止を予定しています。これは、hooks/pre-receive.d、または Bitbucket インスタンスの git リポジトリ内にある hooks/post-receive.d ディレクトリに格納された、お客様のフック スクリプトです。アドオンが利用する、フックとフック スクリプト用の既存の Java API や SPI は変更されません。従来のフック スクリプトを代替方法 (現在開発中) に移行するために役立つガイドの提供を予定しています。

git の最小バージョン

Bitbucket 8.0 では git 2.31 以降が必要になります。

Bitbucket 7.21 では git 2.35 までのバージョンがサポートされるため、アップグレードを Bitbucket 8.0 までお待ちいただく必要はありません。

アップグレードの準備

以前のバージョンからのアップグレードをご検討の場合、アップグレード ガイドアップグレード マトリクスをご参照ください。また、アクティブなソフトウェア メンテナンス ライセンスが更新済みであることをご確認ください。 

いますぐ更新

バージョン 7.0 以降の新しいプル リクエスト エクスペリエンスの一環として、1 ページで確認できる新機能の一覧である「コード レビュー ワークフローの強化」ページをご用意しました。

変更履歴

Bitbucket Server 7.21.1 で解決済みの課題

2022 年 5 月 5 日にリリース

T キー 要約
Loading...
Refresh

Bitbucket Server 7.21.0 で解決済みの課題

2022 年 3 月 1 日にリリース

T キー 要約
Loading...
Refresh

最終更新日 2022 年 5 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.