Bitbucket Data Center および Server 7.18 リリース ノート

2021 年 11 月 09 日

Bitbucket Data Center 7.18 をリリースしました。

主なハイライト



Bitbucket でデプロイメント情報を確認

DATA CENTER

コードのデプロイ先を、デプロイメント ツールに移動して確認することなく、プル リクエストやコミットで表示できるようになりました。

  • 今後の Bamboo 8.1 リリースで、デプロイメント プロジェクトは Bitbucket Data Center に自動的にデプロイメント情報を送信するようになります。
  • 今後の Jenkins 3.1 リリースでは、これは Freestyle ジョブのビルド後のアクションとして実装されます。Pipeline および Multibranch Pipeline ジョブでは、ラッパー ステップとして実装されます。
  • 他の連携ツールをご利用の場合、これは deployment status API を利用して行えます。

Bamboo および Jenkins プラグインのセットアップの詳細や、Bitbucket でデプロイメントを確認するメリットを活用するには、「Bitbucket でデプロイメント情報を表示する」をご確認ください。

プロジェクトとリポジトリの HTTP アクセス トークン

DATA CENTER

個人用の HTTP アクセス トークンを作成すると、それはユーザーのユーザー アカウントに紐付けられます。管理者は、特定のプロジェクトやリポジトリで作業しているチームについて、ユーザー アカウントに紐付けられない HTTP アクセス トークンを作成できるようになりました。プロジェクトおよびリポジトリ設定から、それらを作成および管理できます。

また、一貫性や明確性のために、Bitbucket アカウントの [個人アクセス トークン] ページの名前を [HTTP アクセス トークン] ページに変更しました。 

詳細については「HTTP アクセス トークン」をご確認ください。


サポート対象プラットフォームの更新

Bitbucket 7.18 で次の製品の実行がサポートされるようになりました。

  • MariaDB 10.5 および 10.6

廃止予定について

Bitbucket Data Center 8.0 以降では、次の製品のサポートが終了します。

  • PostgreSQL 9.6
  • SQL Server 2012
  • Oracle 12c R1
  • MariaDB 10.2

アップグレードの準備

以前のバージョンからのアップグレードをご検討の場合、アップグレード ガイドアップグレード マトリクスをご参照ください。また、アクティブなソフトウェア メンテナンス ライセンスが更新済みであることをご確認ください。 

いますぐ更新

バージョン 7.0 以降の新しいプル リクエスト エクスペリエンスの一環として、1 ページで確認できる新機能の一覧である「コード レビュー ワークフローの強化」ページをご用意しました。

変更履歴

Bitbucket Server 7.18.3 で解決済みの課題

2021 年 12 月 15 日にリリース

T キー 要約
Loading...
Refresh

Bitbucket Server 7.18.2 で解決済みの課題

2021 年 12 月 1 日にリリース

T キー 要約
Loading...
Refresh

Bitbucket Server 7.18.1 で解決済みの課題

2021 年 11 月 22 日にリリース

T キー 要約
Loading...
Refresh

Bitbucket Server 7.18.0 で解決済みの課題

2021 年 11 月 09 日にリリース

T キー 要約
Loading...
Refresh



最終更新日: 2021 年 12 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.