次世代プロジェクトの課題のフィールドをカスタマイズする

robotsnoindex

description

次世代ソフトウェア課題の詳細に表示されるフィールドを定義およびカスタマイズします。各課題タイプにフィールドを追加するか、ビューを編集します。

特定のタイプの作業では、チームでタスクを完了するために特定の種類の情報が必要となる場合があります。Jira でこの情報を収集して表示し、作業を完了させるために必要なコンテキストをチームに提供できます

このようなカスタマイズ可能な追加情報は、課題のフィールドに表示されます。各課題タイプで異なるフィールドを表示するようにカスタマイズし、チームの成功に必要な情報を特定して収集することもできます。


このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。次世代プロジェクトのロールの詳細についてはこちらを参照してください

課題でのフィールドの表示方法

課題タイプにフィールドを追加すると、追加されたフィールドはそのタイプのすべての課題に表示されます。

  1. プロジェクト設定で [説明フィールド] に追加したフィールドは課題のメインのコンテンツ エリアに表示されます。
  2. プロジェクト設定で [コンテキスト フィールド] に追加したフィールドは課題の右側に表示されます。
  3. [以下のフィールドを非表示にする] の点線の下にフィールドをドラッグした場合、それらはユーザーがフィールドへの記入を完了したときに課題に表示されます。フィールドが空になっている場合は非表示になります。課題の表示中に非表示のフィールドを操作するには、[表示件数を増やす] を選択します。

フィールドを追加、並べ替え、削除する

課題タイプにフィールドを追加するには、次の操作を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. 編集したい課題タイプを選択します。
  3. ツールバーからフィールドの一覧にフィールドをドラッグします。フィールドをドロップできるエリアがハイライト表示されます。

以前作成されたフィールドの一覧に含まれるものは以下のとおりです。

  • 他の課題タイプで作成したフィールド
  • Jira Software によって作成されたフィールド
  • サードパーティ製アプリによって作成されたフィールド

以前作成したフィールドを課題タイプにドラッグして、再使用できます。1 つ以上の課題タイプで同じフィールドを使用することで、それらのフィールドでの並べ替え、検索、およびレポートが容易になります。

1 つ以上の課題タイプでフィールドが表示される場合、それらのフィールドは同じ名前と説明を共有します。1 つの課題タイプで名前を変更すると、そのフィールドを使用している別の課題タイプでも名前が変更されます。チェックボックスとドロップダウン フィールドは利用可能なオプションも共有します。ただし、フィールドには、各課題タイプに固有の既定値を含めることもできます。

新しい課題ビューフィールドの順序を並べ替えるには、フィールドをドラッグして希望する順序にドロップします。

フィールドを削除するには、フィールドをフィールド ツールバーにドラッグして戻します。

既定フィールド

既定では、Jira Software は次のフィールドを課題タイプに追加します。

  • 要約 – タスクの一行の短い概要。このフィールドは Jira では常に必要です。

  • 説明 – タスクの完了に必要な作業の詳細。

  • ステータス – 現在のワークフロー ステータスと、ワークフロー内で課題を移動するために利用可能なトランジション。
  • 担当者 – タスクに割り当てられたユーザー。
  • ラベル: 課題のグループ化、フィルター、または検索に使用されるタグ。
  • 報告者: 課題またはタスクを起票したユーザー。通常、課題の作成者と同じユーザーになります。作業グループとして課題を作成したり、共有コンピューターを使用して課題を作成したりするチームの場合、課題を作成する際に報告者の調整が必要となる場合があります。

Jira には一般的に使用されているフィールドもいくつか用意されており、これらを任意で追加することができます。

  • 優先度: プロジェクト内の他の課題またはタスクとの関係に基づいた、課題の重要性。Jira サイトで利用できる優先度レベルは、Jira 管理者のみがカスタマイズできます。優先度の構成の詳細をご確認ください
  • 期限: 課題またはタスクを解決する必要がある、合意済みの日時。
  • 環境 - タスクに関係する特定の技術環境。例: "Chrome 78.0.3904.97、macOS バージョン 10.14.6、javascript V8 7.8.279.23"。
  • タイム トラッキング - ユーザーが作業時間を記録し、タスクの残りの予測時間を確認できる、インタラクティブなフィールド。課題での時間の記録の詳細をご確認ください
  • 開始日 - タスク、課題、またはエピックを開始した日付。

スプリントや見積などのプロジェクト機能を有効にすると、他にもいくつかのフィールドが表示される場合があります。

  • スプリント - スプリントが所属する課題やタスクに、そのスプリントのラベルを付けます。絞り込み、並べ替え、レポートに便利です。スプリント機能を有効にすると、スプリント フィールドも自動的に作成されます。スプリント機能の詳細をご確認ください
  • ストーリー ポイントの見積もり – 課題またはタスクの実行に必要な予測作業量を数値で表示します (時間量に相当するとは限りません)。見積機能を有効にすると、ストーリー ポイントの見積もりフィールドも自動的に作成されます。見積もりの詳細をご確認ください

カスタム フィールドを作成する

新しいカスタム フィールドを作成するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. 編集したい課題タイプを選択します。
  3. [新しいフィールドの作成] で、作成するフィールドのタイプをドラッグします。フィールドをドロップできるエリアがハイライト表示されます。利用可能なカスタム フィールドのタイプの詳細についてはこちらを参照してください
  4. 新しいフィールドに名前を付けます (最大 120 文字)。
  5. 追加のフィールド オプション (チーム向けの説明の追加、デフォルト値の設定など) を設定します。
  6. [変更を保存] を選択します。

新しいフィールドは、プロジェクトの他の課題タイプの以前作成したフィールド一覧から利用できるようになります。

プロジェクトには最大 50 のカスタム フィールドを作成できます。

短いテキスト フィールドは、課題タイプの [コンテキスト] セクションにのみ追加できます。同様に、カスタムの段落フィールドは、課題タイプの [説明] セクションにのみ追加できます。



最終更新日 2020 年 6 月 3 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.