ステータス、解決状況、および優先度の設定

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira 管理者は、課題の既定ステータス、解決状況、および優先度を管理またはカスタマイズできます。  

ステータスは、ワークフロー内の課題の位置を表します。1 つのステータスを 1 つのワークフロー ステップにマッピングできます。解決状況は、課題がクローズされた方法を示します。Jira 製品に付属している既定のステータス、解決策、および優先度について詳細をお読みください

ステータスの追加、編集、削除

  1. > [課題] を選択します。
  2. [課題の属性] で、[ステータス] を選択します。
  3. [ステータスの追加] をクリックします。 
  4. ステータスの名前、説明、カテゴリを入力します。

    カテゴリは、課題がライフサイクル内のどの段階にあるかを識別するのに役立ちます。また、新しいボードを作成する際、ステータスを列にマッピングするのにも役立ちます。名前、説明、およびカテゴリはいつでも編集できます。 
  5. ステータスをワークフロー ステップと関連付けてアクティブ化します。課題のワークフローの追加と削除 を参照してください。 

[順序] 列の上下の矢印を使用して個別のステータスを並べ替えます。ワークフローで使用されていないステータスは削除できます。[ステータス] ページで [削除] をクリックして削除します。 

解決状況の追加、編集、削除

  1. > [課題] を選択します。
  2. [課題の属性] で、[解決状況] を選択します。 
  3. 既存の解決状況の下のフォームに記入します。名前と説明はいつでも編集できます。 

    解決状況に "未解決" や "なし" という名前を付けないでください。

    解決状況が設定されていない場合、Jira は課題を自動的に "未解決" と表示します。そのため、"未解決" または "なし" という名前の解決状況を追加すると、混乱を招くことになり、これは推奨されません。

  4. [追加] をクリックします。 

[順序] 列の上下の矢印を使用して個別の解決状況を並べ替えます。特定の解決状況の課題を別のものに再割り当てすることで、その解決状況を削除できます (例: "作業対象外" から "完了" に課題を再割り当て)。 

優先度の追加、編集、削除

  1. > [課題] を選択します。
  2. [課題の属性] で、[優先度] を選択します。 
  3. 既存の優先度の下のフォームに記入します。名前、説明、アイコンの URL、および優先度の色 (HTML カラーコードを使用またはカラー チャートをクリック) は、いつでも編集できます。 

  4. [追加] をクリックします。

[順序] 列の上下の矢印を使用して個別の優先度を並べ替えます。特定の優先度の課題を別のものに再割り当てすることで、その優先度を削除できます (例: "高" から "中" に課題を再割り当て)。 

[優先度の翻訳] セクションにコンテンツを追加すると、そのコンテンツは全般的な優先度コンテンツを上書きします。たとえば、優先度の説明が翻訳セクションと異なる場合、課題の優先度にカーソルを合わせたときにその説明が表示され、混乱を招く可能性があります。両方を一致させる必要があります。一方を編集したら、もう片方も編集することをおすすめします。詳細は、「解決状況、優先度、ステータス、および課題タイプの翻訳」を参照してください。

最終更新日 2020 年 7 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.